BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンメディア

VRをサポートする仮想通貨!Voxels(VOX)の特徴と扱う取引所

この記事を要約すると

最近、イベントやアミューズメントパークなどで見かけるようになったVR(バーチャルリアリティ)。ゲーム好きの方ならよくご存知ですよね。
では、このVR(バーチャルリアリティ)をサポートする「Voxels(ヴォクセルズ)」という仮想通貨があることはご存知でしょうか。
今回は、約1,000種類存在すると言われる仮想通貨の中から「Voxels(ヴォクセルズ)」を紹介します。

Voxels(ヴォクセルズ)ってどんな仮想通貨?

「Voxels(ヴォクセルズ)」は、2015年11月に公開された仮想通貨です。通貨単位は「VOX」で、発行枚数の上限はビットコイン(BTC)の10倍、2億1,000万枚とされています。

まず、仮想通貨「Voxels(ヴォクセルズ)」の説明には「Voxelus(ヴォクセラス)」が欠かせません。「Voxelus(ヴォクセラス)」とは、スキルレベルに関係なく、誰でもどこでもVR(バーチャルリアリティ)、つまり仮想空間のゲームを作成、共有、再生することができるようにと設けられたVRプラットフォームのことです。
このプロジェクトの中で、VR市場をサポートする仮想通貨が「Voxels(ヴォクセルズ)」なのです。そのため、Voxelus Marketplace(ヴォクセラス・マーケットプレイス)でクリエイターと取引する際に使用できる通貨は「Voxels(ヴォクセルズ)」のみとなっています。

今後、ますますVR(バーチャルリアリティ)は一般に広まっていくと予想され、VR市場は2020年までに2,000億ドルを超えるとも言われています。それを支援するための仮想通貨として「Voxels(ヴォクセルズ)」は注目されているのです。

仮想通貨Voxels(VOX)の価格は?

Voxels(VOX)の時価総額は約5,000万ドルで、日本円にすると約58億円となります。現在の価格は、2017年12月8日時点で、1VOX=約27円とかなり安価な仮想通貨です。
ビットコイン(BTC)の価格は、2017年11月に1BTC=200万円を突破し、少し敷居が高くなったと感じる方も多いでしょう。それに比べると、非常に気軽に始められる仮想通貨かもしれません。

仮想通貨Voxels(VOX)を扱う取引所は?

残念ながら、日本円でVoxels(VOX)を購入できる仮想通貨取引所は今はまだないようです。海外の仮想通貨取引所なら、「Bitrex」、「Livecoin」、「LiteBit」、「CoinExchange」、「Novaexchange」などで取り扱いがあるようです。

この中で「Bitrex」が取引の大半を占めており、Voxels(VOX)はすべてビットコイン(BTC)で取引されているのが分かります。

仮想通貨Voxels(ヴォクセルズ)がVRの発展を支える!

Voxels(ヴォクセルズ)は、VR(バーチャルリアリティ)の発展には欠かせない仮想通貨と言えるのではないでしょうか。これから高騰していく可能性も十分にあります。
まだ日本円での取引はないのが残念ですが、気軽に始められる価格なので、VR(バーチャルリアリティ)に興味がある方なら、海外の仮想通貨取引所を利用してみるのもいいかもしれません。仮想通貨「Voxels(ヴォクセルズ)」への投資がVR市場への投資に繋がるのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial