BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンニュースメディア

ドイツ大手の証券取引所がビットコイン先物取引開始を検討中

2017年12月13日、ドイツのデリバティブ取引所「Eurex(ユーレックス)」で仮想通貨ビットコイン(BTC)の先物取引開始を検討していることが分かりました。

ドイツの証券取引所でビットコイン先物取引が始まる!?

ドイツの経済誌「WirtschaftsWoche」によれば、ドイツの証券取引所の広報担当者が、デリバティブ取引所「Eurex(ユーレックス)」で仮想通貨ビットコイン(BTC)の先物取引開始を検討していると明らかにしたようです。しかしながら、最終的な決定までには“ある程度”の時間がかかるとしています。
この発表において、ドイツ財務省の報道官は、仮想通貨が市場に及ぼす影響を注意深く見守っていくと述べています。

Eurex(ユーレックス)とは?

Eurex(ユーレックス)は、ドイツ連邦共和国のエシュボルンに本拠を置く、ドイツ証券取引所グループで世界有数のデリバティブ取引所です。
現在、Eurex(ユーレックス)では、株式、株価指数、金利、ボラティリティ、FX、コモディティ、プロパティーなど、さまざまなデリバティブ商品を取り扱っており、「DAX」や「Euro Stoxx 50」などが看板商品となっているようです。

続々とビットコイン上場が増えている

アメリカでは、今月10日にシカゴ・オプション取引所(CBOE)がビットコイン先物取引を開始しており、米先物取引所運営大手のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)も近く開始することが分かっています。
また、2018年には東京金融取引所やNASDAQ(ナスダック)もビットコインの先物取引を始める予定だと言われています。

 

オススメの関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYSニュース(チャート)

BITDAYSニュース(チャート)

BITDAYSニュースは仮想通貨の価格・相場・チャートや仮想通貨にまつわるニュースを不定期でお知らせします。
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial