BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンニュースメディア

輸入中古車専門店「LIBERALA」の24店舗がビットコイン決済に対応

株式会社IDOMが全国に展開する輸入中古車専門店「LIBERALA(リベラーラ)」24店舗で、ビットコイン(BTC)を活用した決済サービスを導入することが発表されました。

輸入中古車専門店でもビットコイン決済が可能に

株式会社IDOMは、国内の仮想通貨取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)のシステムを導入し、2017年12月20日から輸入中古車専門店「LIBERALA(リベラーラ)」全24店舗でビットコイン決済サービスをスタートします。

まずは試験的に「LIBERALA(リベラーラ)」での運用を開始し、その後、全国に約550店舗を展開する「Gulliver(ガリバー)」店舗への導入も検討をしているとのことです。

ビットコイン決済の概要

ビットコイン決済の導入店舗:LIBERALA(リベラーラ)全24店舗
北海道(3店舗)、東北(1店舗)、関東(4店舗)、中部(6店舗)、関西(4店舗)、中国・四国(3店舗)、九州(3店舗)
ビットコイン決済の上限額:1決済につき1億円相当のビットコイン(BTC)まで

ビットコイン決済が主要な決済手段になっていく

近年、日本国内でも仮想通貨の保有者が急増し、仮想通貨による決済に対応する店舗も増えています。有名なところで言えば、ビックカメラは全店舗ですでにビットコイン決済に対応しており、先日は通販サイトでも利用可能になりました。他にも多くのネットショップで仮想通貨が使えるようになっているようです。
そして今回のIDOMの発表。自動車もビットコイン(BTC)で買えるようになったわけです。いよいよ仮想通貨が主要な決済手段になってきましたね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYSニュース(チャート)

BITDAYSニュース(チャート)

BITDAYSニュースは仮想通貨の価格・相場・チャートや仮想通貨にまつわるニュースを不定期でお知らせします。
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial