BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンニュースメディア

仮想通貨ビットシェアーズ(BitShares)。特徴、将来性、取扱取引所は?

世の中には多くの仮想通貨が存在します。今回紹介するのは、そのうちのひとつ、ビットシェアーズ(BitShares)。ビットシェアーズにはいったいどのような特徴があるのでしょうか?

ビットシェアーズ(BTS)の特徴とは?

ビットシェアーズの基本情報

ビットシェアーズとはInvictus Innovations社が2014年7月に発行を開始した仮想通貨で、単位にはBTSが使われています。2017年12月8日時点での取引価格は1BTSあたり20円前後で、時価総額はおよそ537億円。ビットシェアーズの発行上限はおよそ37億枚ですが、開発時にはそのうち25億枚程度が発行され、残りの約12億枚は報酬の支払いなどの目的のためプールされています。

ビットコインと異なる点

ビットシェアーズもまた、ビットコインと同じブロックチェーン技術を採用していますが、ビットコインとは異なる点もあります。それは、「witness」と呼ばれる取引の承認者が存在すること。この承認者がブロックを承認することで取引が成立する仕組みです。取引を承認するたびにwitnessは一定の報酬を得ることができます。witnessには誰でも立候補することができますが、BTS所有者の投票によって選出されるので、立候補すれば誰でも必ずなれるというわけではありません。

もう1つの特徴「スマートコイン」

ビットシェアーズのもう1つの特徴として、「スマートコイン」と呼ばれる価格固定型の通貨に交換できる点が挙げられます。常に1ドルの価値を持つ「bitUSD」や1円の価値を持つ「bitJPY」などのスマートコインが用意されており、ビットシェアーズの価格が下落しそうな局面で交換しておくと、資産の減少を防ぐことができます。

ビットシェアーズ(BTS)には将来性があるのか

スマートコインの魅力

ビットシェアーズの最大の魅力は先述したスマートコイン。同じような考え方を持つ仮想通貨は他にもありますが、ビットシェアーズ以外の仮想通貨では、なにかの拍子に資産凍結がされると、その価値は0になってしまいます。ところが、ビットシェアーズのスマートコインはブロックチェーン技術を用いて発行されているので、発行元の会社の経営状態に左右されることがありません。つまり、スマートコインの仕組みがあることによって、仮想通貨の泣き所である信用力を担保しているのです。

実在する通貨と仮想通貨の長所を併せ持つ

また、仮想通貨には実在する通貨のような地政学上のリスクは存在しません。ビットシェアーズは仮想通貨と実在する通貨の中間のような存在、お互いの長所を併せ持つ通貨であると言えるでしょう。将来的にこの長所がどの程度評価されるかは不透明ですが、将来性を感じさせる通貨であることは疑う余地がなさそうです。

ビットシェアーズ(BTS)の取引所と取引方法について

ビットシェアーズを取引するためには

ビットシェアーズは国内での取り扱いがまだありません。どうしてもビットシェアーズを取引したい人は、ビットシェアーズの「オンライン・ウォレット・サービス」を利用すると良いでしょう。
まず、BTSを取引するためのウォレットを作成します。「オンライン・ウォレット・サービス」にアクセス後、アカウント名やパスワードなどを入力してください。
ここでひとつ大きな注意点が。ビットシェアーズのウォレットはブラウザで管理されているため、ブラウザのキャッシュが消えてしまうと復元できなくなります。この問題はアカウント名やパスワードを記憶しているだけでは解決できません。不測の事態にならないためにも必ずバックアップファイルを保存するようにしましょう。また、万が一バックアップファイルを保存せずキャッシュクリアしてしまった場合には、Brainkeyを使って復元する方法もあります。備えあれば憂いなし。こちらも設定しておくと安心でしょう。

慣れれば簡単な取引方法

実際の取引はブリッジを利用してビットコインをBTSに交換する方法が簡単です。交換したい数量を入力し、指定されたアドレスにビットコインを送付するとBTSが入手できる仕組みになっています。はじめのうちは戸惑うこともあるかもしれませんが、慣れてしまえば迷うことなく取引することができるでしょう。

ビットシェアーズ(BTS)にはオリジナルの魅力がある

ビットシェアーズは、ビットコインやリップルといった比較的有名な仮想通貨と比べられることも多い通貨です。しかし、それらの通貨とはまた違った特徴を持っており、BitSharesならではの魅力があります。将来的に値上がりするかどうかはまだわかりませんが、ビットシェアーズの特徴であるスマートコインには大いに可能性を感じることができるのではないでしょうか。この機会に投資・投機を検討してみるのも良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial