BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンニュースメディア

Zaif(ザイフ)の運営会社がインセンティブ制度に仮想通貨を採用

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」を運営するテックビューログループは、自社の役員・従業員を対象とし、「Zaif(ザイフ)」で扱う5種類の仮想通貨と10種類のトークンからインセンティブとして給与に上乗せで付与する制度を導入したことを発表しました。

テックビューログループの新インセンティブ制度

・対象:テックビューログループの役員と従業員全員
・入社3ヶ月の後、受給権が付与される
・毎月の給与に上乗せで30%相当の仮想通貨またはトークンを付与
・当月分が翌月末に、各自が開設した「Zaif」取引所口座へ付与される
・付与される仮想通貨またはトークンの選択権は無く、会社のポートフォリオに応じて配布
・トークンはロックアップ期間の設定無し

この新たなインセンティブ制度は2017年12月から開始となっています。一定の業務評価に基づき、一律30%が付与されるそうです。付与される前日に対象仮想通貨やトークンにおける交換レート(前月平均レート)が算出されるしくみです。

テックビューロの代表である朝山貴生氏は以下のようにコメントしています。

我々は2年以上前からトークンエコノミーの幕開けにむけての準備を整えて参りました。遂にそのマーケットが加速度的に成長する中、会社と従業員とがモチベーションのベクトルを揃える手段の一つとして、仮想通貨及びトークンを付与する本プランを導入いたします。市場運営者としての厳格なルールは遵守しつつ、従業員一同今後もトークンエコノミーの拡大に貢献して参ります。

 techbureau.jp 
テックビューロが新インセンティブ制度を導入。上乗せで給与の30%に相当する仮想通...
http://techbureau.jp/454.html
テックビューロが新インセンティブ制度を導入 上乗せで給与の30%に相当する仮想通貨やトークンを付与 従業員のリテラシー向上と、仮想通貨・トークンの普及を目指して テックビューロ株式会社 2017年12月27日 報道関係者各位 テックビューログループ(本社:大阪府大...

加速する仮想通貨の普及

先日は、GMOインターネットグループが給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入すると発表しました。そして今回のテックビューログループによる新インセンティブ制度。仮想通貨はますます利用の幅を広げています。その価値が上がっていくと考えれば、日本円での支給よりも利益を得られる可能性があります。今後もこのようなニュースは増え、私たちの報酬制度は大きく変わっていくのかもしれません。

オススメの関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ミツヤコウヘイ

ミツヤコウヘイ

BITDAYS編集長です。
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial