BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンメディア

ママコイナーが語る、2018年の私の投資スタイル

仮想通貨元年といわれる2017年も終わり、新しい年になりましたね。今後どうやって投資してくかいろいろ考えたのですが、2018年の私の投資スタイルは、このような感じで考えています。

売り買いはあまりぜず基本はホールドする

去年の学びなのですが、売り買いしたりイナゴ(高騰中の通貨を買う)をしたりするより、大人しくホールドしてじっと耐えることが賢いと学びました。もちろん売り買いして上手く利益を得ている人もたくさんいますが、私は上手くできませんでした。

人それぞれ投資の仕方は違うと思いますが、とくに初心者の場合は、まずは通貨を買ってホールドして、通貨やチャートの見方を勉強した方が良いと思います。

買い方と選定する通貨

チャートを見れば分かるように、どの通貨もずっと高騰し続けるわけではなく、どこかのタイミングで下落します。高騰していたのに、数日前の価格近くまで戻って来たなんてことも良くあります。

今下がってるから買いたかったのに、取引所に日本円がない!!と急いで入金して、反映されたころには価格が上がってしまっている、なんてこともありました。

投資資金をすぐに仮想通貨に変えたい気持ちはありますが、すぐに動かせる日本円を取引所に待機させておくことも、上手な投資のひとつだと思います。

またホールドに適しているのは、ビットコインや、日本の大手取引所に上場しているようなメジャーなアルトコインだと考えています。やはり内容がしっかりしたコインが多いです。すぐに価格が上がらなくても、ホールドしておけば、この仮想通貨の世界では長く見ても1年後には結果が出ていると思います。(あくまで個人の見解です。)

しかし、いわゆる草コイン(あまり注目されていない使用目的が不明確なアルトコイン)は、ホールドし続けて放置していると、使い物にならなくなって価格がどんどん下がっていく危険性があります。もちろん、その草コインに使われる技術やプロジェクトをしっかり理解した上で、将来的に絶対価値が上がるからホールドしておく!と信念を持っているなら、それはそれで良いかと思います。

狼狽売りはしないメンタルを持つ

購入した価格より下落したからといって、売らずにホールドしておきます。売ってしまって、結局数ヶ月後に後悔したのを、何度か経験しました。上手く売り抜けて下落もチャンスにできる人もいるのですが、私はそういうトレードの仕方はできなくて・・・。

あの時売らなければ、今頃10倍になってた・・・!??なんて後悔しても遅いです。去年の後悔を活かして、もうホールドを基本にして、下落しようが高騰しようがチャートを穏やかに眺めるのを今年のスタイルにするつもりです。

でもホールドしておくメンタル・・・結構難しいです。短期間で儲ける投機ではなく、長期的に見て仮想通貨の将来性を見込んだ投資だと思い、短期間の相場に一喜一憂せずホールドする!これを頭に入れておこうと思います。

ただし明らかに不安材料の場合は売ることも考える

ホールドが基本とはいえ、明らかにダメにニュースなどが出た場合は、売ることも必要だと考えています。

例えば、通貨のプロジェクトが一向に進まずもう期待が持てない、詐欺コインであった、仮想通貨自体がもう終わりを迎える時など、ホールドしていても今後高騰する可能性が低くなった時は、逃げることも大事です。

臨機応変に対応して、資産を大幅に減らして仮想通貨投資から撤退することなく「絶対に生き残る」!!!

これが仮想通貨をやる上での絶対条件ですね!

本記事での見解や意見はあくまで筆者個人のものであり仮想通貨投資が必ずしも利益になるというものではございません。仮想通貨への投資はご自身でしっかりとしたリサーチの上行ってください

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
みけ@ママコイナー
ママコイナーみけですヽ(*´∀`)ノ9月より仮想通貨はじめました!体動かすのが好きで週1ジム~ヨガが好き~♪ 初心者ブログやってます!仮想通貨、子育て、いろいろ♪
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial