BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンメディア

仮想通貨の損益計算ツールのAerialPartnersとZaifのテックビューロが業務提携

仮想通貨の損益計算ツールなど、仮想通貨取引支援事業を展開する株式会社Aerial Partners(エアリアルパートナーズ)が、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ株式会社と業務提携を実施することが明らかになりました。

株式会社Aerial Partnersって?

株式会社Aerial Partnersは仮想通貨取引に関する支援サービスを多数展開する会社。会計税務はもちろん、法務的な処理、資産活用まで、仮想通貨に関わることをさまざまな角度から支援しています。
仮想通貨税務を支援するGuardianGuardian Light、仮想通貨の損益計算ツールG-taxなどが、株式会社Aerial Partnersの中心サービスです。

株式会社Aerial Partnersとテックビューロ株式会社の業務提携概要

以下、株式会社Aerial Partnersのプレスリリースより引用

“​株式会社Aerial Partners(本社:東京都新宿区、代表取締役 沼澤 健人、以下「当社」)とテックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役 朝山 貴生、以下「テックビューロ社」)は、業務提携契約を締結いたしました。
本業務提携により、仮想通貨取引とそれにより生じる税務計算に関する諸問題を解決し、一人でも多くのお客様をサポートすることを目指して参ります。

業務提携概要

当社からテックビューロ社に対し、仮想通貨取引記録の出力や税務申告のためのレポートの形式面に関する助言を行い、もってテックビューロ社の顧客(以下「仮想通貨投資家」)の税務申告サポートのための体制整備を行います。

また、今後はテックビューロ社のカスタマーサポートの支援や、当社の開発している取引記録・損益計算システムの開発に関しても協業いたします。

背景

昨年9月国税庁のホームページ内のタックスアンサーにて、『BTC(ビットコイン)を使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。』との法的見解が初めて示されました。

これにより、仮想通貨を一度でも売買した場合には、損益を算出し雑所得として確定申告を行う必要があります。なお、雑所得は総合課税対象であり、最大所得税率45%に住民税率10%を含めると、最大で所得の55%の税額納付義務が生じる可能性があります。

ここで、約9割の投資家が複数の仮想通貨取引所を利用していること(※弊社実施の1,000人アンケート結果より)や、日本円換算での単価計算が難しい海外取引所も多く利用されていることが、計算の複雑性を増しています。

■業務提携の目的
仮想通貨取引が一般に普及する一方、法が未整備な状況で、仮想通貨投資家やそれを支える仮想通貨取引所は、来たる確定申告期を乗り切るという大きな課題に直面しております。テックビューロ社と当社は本業務提携により、仮想通貨取引所と税務とのシームレスな連携を進めてより多くの顧客をサポートすることを目指し、確定申告期を業界全体で乗り切るための体制を強化してまいります。

「Aerial Partners」について

当社は、「暗号通貨税務の困ったを解消する」というシンプルなミッションのもと、仮想通貨投資家やそれをとりまく専門家へ向けた総合的サポートを行ってまいります。

日本初の、仮想通貨取引から生じる所得金額の算出サポートを含む税理士紹介サービス『Guardian』、そして、主要10取引所(1月中に15取引所対応予定)の取引履歴に対応した無料で仮想通貨の売買損益の計算を行うことのできるWebサービス『G-tax β版』を提供しております。専門家によるプロフェッショナル業務を提供する『Guardian』、ライトな仮想通貨投資家にむけた『G-tax β版』の提供を通じて、仮想通貨投資家及び仮想通貨取引所の税務に関する問題を解決してまいります。

詳しくは、次のURLをご覧ください。
株式会社Aerial Partners HP:https://www.aerial-p.com/
『Guardian』について:https://www.aerial-p.com/guardian
『G-tax β版』について:https://crypto-city.net/

「テックビューログループ」について( Webサイト http://techbureau.jp/

テックビューログループは、日本、北米、欧州に拠点を置き、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。プライベート・ブロックチェーン製品『mijin』と仮想通貨取引所『Zaif』や、トークンの発行販売を用いた資金調達ソリューション『COMSA』など、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

詳しくは以下URLをご覧ください。
Zaif 取引所について:https://zaif.jp/
mijinについて :http://mijin.io/ja/
COMSAについて:https://comsa.io/ja/

株式会社Aerial Partners概要

名称:株式会社Aerial Partners
所在地:東京都新宿区
代表者 :代表取締役社長 沼澤健人
事業内容:仮想通貨取引に関する取引記録・税理士紹介サービス『Guardian』、及びライトな仮想通貨投資家に向けた損益自動計算サービス『G-tax β版』の提供をはじめとする、仮想通貨取引支援
設立年月日:2016年12月

ホームページURL:https://www.aerial-p.com/
Guardian:https://www.aerial-p.com/guardian
G-tax β版:http://crypto-city.net/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial