BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンメディア

【新連載】ママコイナー直伝!夫婦で始める仮想通貨投資

自己紹介

はじめまして。ママコイナーのミーと申します。

主婦が仮想通貨で生活する投資ブログ」というブログを運営していますが、タイトル通りなんとか仮想通貨投資で生活できる水準まで到達でしましたので、今回は私の簡単な自己紹介、投資スタイル、仮想通貨における情報収集方法をお伝えしたいと思います。

私は3人の子供と夫の5人家族の普通の主婦です。どこにでもある一般家庭で、どこにでもいる一般的な普通の主婦ですが、仮想通貨に出会ったことにより生活も大きく変わりました。

仮想通貨に出会ったきっかけとなったのは、好きなアーティストがラジオで「仮想通貨のビットコインって今すごいよね」と2017年5月頃に話していた事がきっかけでした。

初めは訳も分からず、仮想通貨についてとりあえずたくさん調べました。調べて行くうちに、仮想通貨の無限に広がる可能性を感じました。その中には仮想通貨自体がもたらす近い将来に必ず来るだろうと予測されるキャッシュレス社会と、投資として単純に稼げるという二つの可能性です。

実際に仮想通貨に投資をし始め、更には自分が得た情報をインプットとアウトプットを含めて発信していこうと考え、ブログも始め現在に至ります。

投資スタイル

夫婦で仮想通貨投資

私の投資スタイルで変わってるところは夫婦で仮想通貨に関わっているということです。

あまり夫婦で投資している話は聞かずに、逆にパートナーには秘密にして仮想通貨投資をされている方が多いように思えます。

ほとんどの方バレたらヤバイ…というように話をされていますが、我が家では夫婦で仮想通貨投資をしているので結構驚かれます。

パートナーに言えないということは「仮想通貨=怪しいもの」という認知が世間ではまだまだ大きいのかもしれませんね。

我が家の場合も、どちらかが先に仮想通貨投資を始めていたらまた違ったかもしれません。夫婦でお互いに仮想通貨やトレード方法などを勉強し始めたので、新しく学んだ情報は共に共有し日進月歩で成長しながら、楽しく投資をしています。

家庭での会話のほとんどが仮想通貨の話になってしまう時もありますが、どんな下落相場の時でも険悪なムードにはならず、ある意味良いチームのような形で投資に取り組んでいます。

どんな時でも悪いムードにならないのは、「余剰資金で始めた」さらに「原資を抜いている」ということも大きいかもしれません。

余剰資金で始める原資は抜いておく

仮想通貨投資でよく言われていることですが、私は生活資金を切り崩したなけなしの資本で仮想通貨に投資したのではなく、へそくり(余剰資金)で投資を始めました。

また仮想通貨投資をするにあたり、最初に投資した金額(原資)を抜いているか抜いていないかで感情は大きく変わると考えています。私は資産が2倍になった時に原資分をサラッと利益確定をして手元に戻しました。

投資した額を既に回収できているので万が一、仮想通貨の価値が0になったとしても原資を抜いているのでプラスマイナス0です。何もなかっただけになるので心の余裕が生まれます。

仮想通貨では価格は大きく下落することもしばしばありますが、そういった時でも余剰資金で投資し、さらに原資を抜いていれば気持ちに余裕ができ冷静な判断をすることができます。

逆に生活を切り崩した資金で投資している場合は、相場の乱高下に感情が追い付かなくなる時があるので注意が必要です。

仮想通貨の積立投資

我が家では毎月、数万円を銀行積立しています。これは毎月絶対に使わないお金として今まで数年間コツコツと貯めていました。しかし銀行の金利は良くても年利0.15%~0.2%ほどです。実際、銀行積立は私自身も増やす事を目的としているわけではなく、毎月の使わないお金として確実に貯蓄することを目的としていたので今まで銀行積立をしていきました。

しかし、以前に仮想通貨積立について記事を書いた際に、詳細を調べると1年前から仮想通貨積立を始めていたら約16倍以上になっていたという衝撃的な事実が分かりました。※16倍は通貨平均

仮に月に3万円(1年間で合計36万円)を自動積立していれば、1年後には約600万円です。ウソみたいな話ですがしっかりと統計を取ったホントの話です。

それからは銀行積立の割合を減らし、仮想通貨積立を始めました!更に、仮想通貨積立ではドルコスト平均法と呼ばれる、価格が安い時には多く買い付け、価格が高い時には少なく買い付けてくれる手法なので、乱高下の激しい仮想通貨相場で購入するタイミングの分からない初心者の方などは非常におすすめです。

※仮想通貨の積み立ては銀行積立と違って確実に利息や利益が出るものではありません。右肩上がりの相場では平均して利益を出すことが可能で、下落相場でも損失を最大限に抑えることができるというものです。

投資スタイルはコツコツスタイル

含み益でコツコツトレード、仮想通貨積立でコツコツ買うという「コツコツスタイル」で仮想通貨投資を楽しんでいます。

何より、仮想通貨投資を始めてからは自分でも驚くほどに、今まで全く興味がなかった経済ニュースや世界情勢にも耳を傾けるようになりました。実際に仮想通貨に投資していると仮想通貨の値動きは気になるので、必然的にニュースや情報を毎日追ってしまっています。

しかもこの情報を追うの苦ではなく楽しくて仕方ありません。

何故楽しいかというと、自分で調べた情報で仮想通貨に投資したらそのまま利益になるからです。勿論、思わぬ方向に相場が動いて損失を出す時もありますが、それも勉強だと思っていろいろなところにアンテナを張り巡らせて常にチャレンジしています。

情報収集方法


私の仮想通貨の情報収集は主にTwitterです。

ただしTwitterの情報をそのまま鵜呑みにするのではなく、Twitterで拡散されている情報の信憑性や一次ソースと呼ばれる大元・本源を調べます。

一次ソースが海外の英語であれば、Google翻訳にそのまま放り込んでしまえば全て翻訳してくれるので翻訳機能もフルに活用しています。

仮想通貨の情報収集でTwitterは基本中の基本ですが、ブログやニュースサイトと比べても情報が速かったりするので常にTwitter上での仮想通貨有識者の発言などはチェックしています。

もちろん仮想通貨取引所のTwitterアカウントからも有益な情報が配信される場合もあるので取引所のアカウントはフォローしています。

Twitter情報では注意も必要!

Twitter上の個人が発言している情報にはポジショントーク(ポジトーク)の注意も必要です。

ポジショントークとは個人が持っている通貨に対して有利になるように情報を操作することです。

分かりやすい例を出すと…

「明日は月曜日、日本の銀行入金組が入るからビットコインの価格は上がる、今が仕込み時だね」

これも一つのポジショントークです。よくこの会話やツイートを目にするので実際に月曜に価格が上がっているのか以前に、半年間の全ての月曜日ビットコイン価格の統計を実際に取ってみましたが、平均してあまり価格の変動はありませんでした。※大きく上昇している週も有り。

仮想通貨有識者の方の発言だらか、フォロワーが数万人、数十万人いる方の発言だから信用できるという過信は禁物です。あくまでも自分で調べて納得した上の情報のみを信用するようにしましょう。

またポジショントークは、よっぽどウソなどを含まない限りは悪いことでも違法でも何でもありません。仮想通貨界隈では日常茶飯事で毎日行われていることで、ほとんどの方はそれを踏まえて情報を精査しているということだけは理解しておくといいかもしれません。

以上が私の個人の簡単な、自己紹介、投資スタイル、情報収集方法でした。

いつもの悪い癖が出てまた長々と書いてしまいました。最後まで読んで頂きありがとうございました。

本記事での見解や意見はあくまで筆者個人のものであり仮想通貨投資が必ずしも利益になるというものではございません。仮想通貨への投資はご自身でしっかりとしたリサーチの上行ってください

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ミー仮想通貨なママコイナー
仮想通貨な専業主婦のミーです☆仮想通貨ブログ運営&投資した資産の増減日記&日々の仮想通貨ニュースも毎日更新しています
ミー仮想通貨なママコイナー

最新記事 by ミー仮想通貨なママコイナー

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial