BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンメディア

仮想通貨の交換代行サービス、Xtheta(シータ)とは?

「仮想通貨取引に興味はあるけど、取引所登録の手続きがややこしくて…」そう感じている人は少なくないかもしれません。リスクは理解したうえで、手続きの難しさだけを理由に仮想通貨取引に乗り出せないでいる人に向けて、仮想通貨の交換代行サービスを紹介します。

Xtheta(シータ)を使えば国内で取り扱いのある通貨がすべて取引できる

Xthetaは仮想通貨の交換代行サービスです。Xthetaに登録すると取引所への登録の手続きなしに、Xthetaを仲介して仮想通貨の取引をおこなうことができます。しかしXthetaのメリットはそれだけではありません。Xthetaを介することで、国内で取り扱いのあるすべての通貨を取引することが可能な上、より条件のいい取引所で仮想通貨を売買することができます。

仮想通貨取引では取引所ごとに板が違う性質上、取引される金額に差が出ることがよくあります。たとえばA取引所で10,000円の通貨が、B取引所では9,800円というように差が出ている場合、A取引所で買った時点で既に実質200円損してしまっていることに。仮想通貨にはこの取引所間の差を利用して利益を出すやり方(アービトラージ)もあります。

Xthetaを使えばより条件のいい取引所で売買してくれるため、利益を出すことも容易となります。またXthetaでは個々のユーザーの投資プランの相談にものってくれるそう。利便性だけでなく利益を出しやすい仕組みが整えられているのが、仮想通貨の交換代行サービス、Xthetaなのです。

※この内容は必ず利益が出ることをうたうものではありません。投資を行う際はご自身で十分にリサーチしてから、慎重に行うことをおすすめします。

Xtheta(シータ)を利用するメリット・デメリット

Xthetaを利用すると、先述したように投資プランの相談ができるため、サポートの面でメリットがあります。その他にも、取引所への複雑な登録を必要としない手軽さ、国内外を問わず専門家だからこそ知っている情報アドバンテージなど、恩恵は多様。
その一方でデメリットもあります。それは取引所に直接登録する場合に比べて手数料が多くかかってしまう点。仲介してもらうわけなので仕方ない点とも言えます。また、仲介してもらうことは多くの場所を介することでもあります。それによってわずかではありますが、ハッキングなどの攻撃にあうリスクが高まるというデメリットも存在します。

仮想通貨の交換代行サービス、Xtheta(シータ)を運営するのは?

社名:株式会社Xtheta(シータ)
仮想通貨交換業者登録番号:近畿財務局長 第00003号
設立:2017年5月
住所:〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3丁目11-18 郵政福祉心斎橋ビル204
TEL:06-6226-8628
事業内容:仮想通貨購入・売却の取次
資本金:6,000万円
代表取締役:CEO 武藤浩司 / COO 山本仁実
主要取引銀行:りそな銀行
顧問弁護士事務所:ブラックベルト・リーガル 弁護士法人
公式HP:http://xtheta.co/

仮想通貨の交換代行サービス、Xtheta(シータ)。サービス開始は2月12日を予定

以上、仮想通貨の交換代行サービス、Xtheta(シータ)を紹介しました。仮想通貨に興味はあるけれど、複雑な登録手続きが足かせとなって挑戦できずにいるという人は、少なからずいると思います。もちろんXtheta(シータ)にもメリット・デメリットがあり、利用すれば必ず利益が出るというわけではありません。仮想通貨投資に付随するリスクを十分に理解した上で、それでも利用してみたいという人は検討してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial