BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンメディア

2月28日、ビットコインがまたもハードフォークか

これまでビットコイン(BTC)は幾度となくハードフォークを繰り返し、ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコインゴールド(BTG)、ビットコインダイヤモンド(BCD)、ビットコインシルバー(BTS)など新たなコインを生みました。そして、2月28日、またもハードフォークを予定しているようです。

今回誕生するのは「ビットコインプライベート(BTCP)」

スナップショットは2月28日予定、ハードフォークとメインネットの開始はその2日後と言われています。
そして今回、ビットコインから分裂して生まれる新たな通貨は「ビットコインプライベート(BTCP)」というそうです。

これまでのハードフォークとの違いは、今回はビットコインだけでなく、ジークラシック(Zclassic/ZCL)という匿名性の通貨からも同じくハードフォークするという点です。
つまり、ビットコインプライベートはこの2の通貨の特徴を引き継ぐことになります。ブロック数はビットコインの2倍(2MB)、ブロック生成間隔をライトコイン(LTC)と同じ2.5分にしたうえ、ジークラシックのような匿名性を備えた通貨です。

1:1の割合でハードフォークした通貨を受け取ることができ、全部で2,000万BTCPがビットコインとジークラシックからそれぞれ生まれるとしています。

公式サイトはコチラ

ジークラシック(ZCL)は約25倍の価格上昇

ジークラシックは、ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)が、2016年11月にハードフォークして誕生したコインです。
昨年のビットコインプライベートのハードフォークの発表後、ジークラシックは大きく価格を上げ、たった数週間で約25倍もの値を付けました。
その後、一度は下落たものの、2月13日現在も1ZCL=約12,000円と高騰し続けています。

ジークラシックを扱う主な取引所は以下の通りです。

Bittrex(ビットレックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。アルトコインは200種類以上。

Cryptopia(クリプトピア)
ニュージーランドの大手仮想通貨取引所。取引手数料が安い。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial