BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンニュースメディア

リップル、中東最大級の送金サービス「UAEエクスチェンジ」と提携

Ripple(リップル)は、中東最大級の両替・送金業者「UAEエクスチェンジ」と提携したことを発表しました。

UAEエクスチェンジ、RippleNetに加盟

アブダビに本拠を置く国際送金サービス大手「UAE Exchange(UAEエクスチェンジ)」が、リップル社が運営するRippleNet(リップルネット)に加盟しました。
リップルネットには、すでに100社以上の金融機関が参画しており、つい先日も中国の大手決済サービス「LianLian(連連)」が加盟を発表したばかりです。

UAEエクスチェンジは、中東やインドを中心に31ヶ国800拠点で両替・送金サービスを提供する、巨大企業です。両替サービスでお馴染みの「Travelex(トラベレックス)」と同じ株主を持つことでも知られています。

今後、UAEエクスチェンジはクロスボーダー取引においてリップルネットを使い、コストや手数料の削減を目指すとしています。ブロックチェーン技術を使った国際送金サービスは中東で初となります。

UAEエクスチェンジ・グループのCEOであるPromoth Manghat(プロモス・マンハット)氏は、以下のように述べました。

当社の成長戦略は、顧客中心のアプローチによって常に推進されてきており、今後も継続されます。リップルのブロックチェーンテクノロジーを当社の決済システムに組み込むことで、顧客はより多くの新しい決済を経験することになるでしょう。それは、革新的なテクノロジーを早期に導入することにより、競合優位性を持った低価格で即時性のある国際送金サービスを提供できるということです。当社は、リップルと共に将来の支払いを提供できることを誇りに思っています。

XRPが使われるわけではない

今回の提携はリップル社にとって重要な提携になりますが、送金システムに採用されるのは「XRP」ではないようです。リップルが提供する国際送金サービスとXRPは独立した別物です。
今回の提携について、リップル社のディリップ・ラオ氏は「決済フローが大きい地域における不効率を解決することにしている。UAEエクスチェンジのような市場のリーダーがリップルネットに参加することで、アラブ首長国連邦における一般消費者が海外に送金する際、即座かつ確実、また低コストで決済できるようになる。」と述べています。

公式リリースはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial