BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンメディア

中国で何があった?ビットコインと中国の関係に迫る!

この記事の要約動画

最近まで、ビットコインの取引量No.1だった中国。
しかし、2017年9月に入り中国政府が仮想通貨のクラウドファンディング「ICO(Initial Coin Offering)」の国内取引を禁止することを発表。それを受け、世界中の仮想通貨の価格が大幅に下がりました。

中国では一体何が起きているのでしょうか?
そして、中国の取引はビットコインへどのような影響を与えているのでしょうか?

マイニングのほとんどは中国でおこなわれている

ビットコインを語る上で外せないのが「マイニング」。マイニングとは、ビットコインの取引をコンピューターで計算して台帳に記録する作業のこと。日本語で「採掘」と呼ばれることもあります。

このマイニングは、ビットコイン経済を成り立たせる上で、もっとも重要なことといっても過言ではありません。マイニングをする人がいなければ、ビットコインは成り立たないのです。

マイニングする人を「マイナー」といい、このマイナーは世界中にいます。マイニングすることで、その報酬としてビットコインが貰えるため、ビットコイン投資ではなくマイニングに必死になっている人も数多くいるほどです。

実は、そのマイニングのほとんどが中国でおこなわれています。マイニングには、ハイスペックなコンピューターを管理する大がかりな施設が必要です。コンピューターを動かすにためには電気代もかかります。中国は、電気代が世界で最も格安な場所であるため、今ではビットコインのマイニングの中心地になりました。つまり、ビットコイン取引は中国が大きな影響力を持っているとも言えます。

中国のビットコイン取引所が閉鎖された!

マイニングだけではなく、中国はビットコインの取引でも世界を圧倒する量を誇っていました。しかし、2017年9月に入って状況は一変します。中国政府がICO(仮想通貨のクラウドファンディング)の規制を発表したのです。

そして、それに次いでビットコインの国内取引の中止も発表。ビットコインの価格は急激に落ちることとなりました。

中国政府がここまでの大きな規制に乗り出してきたのは今回が初で、世界中から注目を集めました。なぜここまで大きな規制を始めたのかは、はっきりと分かってはいません。中国の資産が国外に出ることを懸念したという人もいれば、中国政府が新しいビットコインを発行するという人もいます。

中国での取引量がビットコイン価格を左右する

このような中国政府の動きによって、1BTC=約56万円だったビットコインの価格は一時、約33万円にまで下落しました。

中国による取引が大幅に減ったため、現在は日本が取引量No.1となっています。ただ、今後の中国政府の発言が待たれていることも確か。もし中国での取引が開始されたとなれば、莫大な資金がビットコインに流入することになり、再び価格は大きく変わるでしょう。

今のところ、ビットコインの価格は1BTC=約45万円まで戻ってきています(2017年9月時点)。それに合わせるように、ビットコイン決済を始めると発表した企業もあります。

中国はビットコインに対して大きな影響力を持っていることが分かりますね。

今後の中国の動きが気になる!


今後の中国の動きは、まだ誰も予測できません。元々、ビットコインの取引は、中国が90%を占めていました。今は、そのお金がビットコインから引いてしまいましたが、いずれ取引所に戻ってくる可能性もあります。

マイニングに関しても、その多くは未だ中国でおこなわれています。もし、中国がマイニングも一切禁止にした場合、ビットコインの価格に影響を与えることは間違いありません。

今後中国政府がどのような動きをしてくるか注目し続ける必要があるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial