BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンメディア

音楽業界の救世主「AudioCoin(オーディオコイン)」の将来性を探る!

この記事の要約動画

11月に入り、アイスランドの歌姫 Bjork(ビョーク)が11月24日発売予定のニュー・アルバム『Utopia(ユートピア)』の決済方法として仮想通貨を導入するという発表がありました。

ついに世界的人気歌手も仮想通貨に目をつけたのです!

このアルバムの決済に対応する仮想通貨はビットコイン、ライトコイン、ダッシュ、オーディオコインの計4種類とのこと。
ここで気になるのが「オーディオコイン」ですよね。他の3種と比べてまだ知名度は低いと言えるでしょう。しかし、この発表をきっかけに一気に注目を集めていました。

今回は話題沸騰中の「AudioCoin(オーディオコイン)」を特集します。

AudioCoin(オーディオコイン)とは?

Bitcoin(ビットコイン)Litecoin(ライトコイン)はかなり有名です。仮想通貨に詳しくない方でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
しかし、「AudioCoin(オーディオコイン)」にはあまり馴染みがありませんよね。残念ながら日本の仮想通貨取引所ではまだ扱っておらず、海外の仮想通貨取引所「BleuTrade」で購入可能です。

AudioCoin(オーディオコイン)は2015年、音楽業界のために開発された仮想通貨です。音楽関連の商品を購入する際に利用できるほか、他の仮想通貨や法定通貨の米ドル、英ポンド、ユーロに換金することも可能です。

Aurovine」というウェブサイトで音楽をストリーミングすると発掘できます。AudioCoin(オーディオコイン)は分散型楽曲配信プラットフォームとして、アーティストやミュージシャンへの報酬を支払うと同時に、好きなアーティストをSNSなどで共有することでファンにも報酬が支払われるしくみになっています。ミュージシャンとファンつなぐ仮想通貨なのです。

音楽業界は、才能あるアーティストやミュージシャンがいても、その多くは恵まれないのが現状です。AudioCoin(オーディオコイン)は活動資金に苦戦するという問題を解決するために作られました。

今回のBjork(ビョーク)の試みによってAudioCoin(オーディオコイン)の価格は高騰しました。

AudioCoin(オーディオコイン)の特徴

仮想通貨には大きく分けて「POS(Proof of Stake)」と「POW(Proof of Work)」という認証方式があります。これはコインの送金処理をおこなう際に、そのコインが本物かどうかを判定するものです。

Bitcoin(ビットコイン)Litecoin(ライトコイン)は「POW」をベースにしています。この認証方式では、コンピューターの電力を使って複雑な計算を解き、取引台帳に記録を書き込んでいくことで、そのコインが本物だという証明をします。この計算作業を「マイニング」といい、マイニングをすると、その報酬としてコインがもらえます。

一方、オーディオコインはビットコインとは違い、「POS」をベースとしています。ユーザーがウォレット間の通信を通じてコイン保有量に応じた多数決をおこない、そのコインが本物だと判定します。そのコインをウォレットに保有しているだけで、そのコインの認証プロセスに参加することができ、一定の報酬がもらるしくみになっています。

Bjork(ビョーク)がAudioCoin(オーディオコイン)を使ったワケ

オーディオコインがどんな仮想通貨か分かったところで、冒頭で紹介した歌姫Bjork(ビョーク)のニュースについて説明します。

Bjork(ビョーク)は、所属レーベル「One Little Indian」が運営するオンラインショップ「BjorkStore」にて、ニューアルバム『Utopia(ユートピア)』を購入する際、クレジットカードやPayPal(ペイパル)といった従来の決済方法の他に、仮想通貨も使えることを可能にしました。また購入者にオーディオコイン100枚をプレゼントするようです。

オーディオコイン100枚分の価値はUSドルで0.25ドル、日本円にすると約28円程度なので、金額的には決して大したことではありませんが、このオーディオコインを他の仮想通貨に換金することもできます。

Bjork(ビョーク)は以前から最新のもの、斬新なアイデアを積極的に取り入れてきた人物です。『Utopia(ユートピア)』は世界で初めての仮想通貨で購入できる音楽アルバムとなります。

今回Bjork(ビョーク)に技術提供をしているイギリスのBLOCKPOOL(ブロックプール)社は次のように延べています。

本当にこれはビョークのマーケティング戦略ではない。今回の決定は、彼女が先陣を切るリーダーになろうという決意表明だ。彼女らしいプロジェクトだし、私が関わっていなかったとしてもビョークはこの分野でのリーダーになっていただろう。また彼女のチームも仮想通貨でクリエイティブなことを展開していただろう。

引用:https://jp.cointelegraph.com/news/bjorks-latest-album-available-only-with-cryptocurrencies-shows-adoption

Bjorkとしては、“未来の通貨”に可能性を感じ、音楽業界でも普及させていこうという考えがあるのかもしれませんね。

AudioCoin(オーディオコイン)が音楽業界を変えるかも!

世界的に人気の歌手による今回の試みは音楽業界の新たな一歩となり、それと同時に仮想通貨の将来性も出てきたと言えます。
これまで仮想通貨は若い世代には縁がないように思われていました。しかし、オーディオコインの登場によって、音楽商品の購入で若者の手にも仮想通貨が渡ると考えられます。気軽に始められるオーディオコインが、今後の仮想通貨業界の発展に一役買うかもしれません。

音楽業界と仮想通貨業界の融合に期待ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial