BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンニュースメディア

仮想通貨リスク(LSK)の特徴、将来性、価格、購入方法は?

日に日に私たちの生活の中にも浸透しつつある仮想通貨。法定通貨の代わりになるものとして、投資・投機の対象として、多くの人から注目を集めています。
今回お話するのはそんな仮想通貨の中でも、まだあまり知られていない仮想通貨リスクのこと。あなたはリスクのことをどのくらい知っていますか?

サイドチェーンってなに?仮想通貨リスク(LSK)の特徴とは

リスクはビットコイン以外の仮想通貨を総称するアルトコインの一種。通貨単位はLSKで表されます。公開されたのは2016年5月。リスクは公開からまだ1年半ほどしか経っていない比較的新しい仮想通貨です。リスクにはいったいどのような特徴があるのでしょうか?

スマートコントラクト

リスクの特徴で真っ先に挙げられるのがスマートコントラクト。これは取引をすべて自動で記録・処理する仕組みです。
私たちが顔の見えない相手と金銭のやりとりをする場合、間に第三者となる機関をはさむのが一般的。例えば銀行振込であればそれは銀行であり、現金書留であればそれは郵便局です。こういった取引においては間に入る第三者機関の信頼性で取引の安全性が確保されているのですが、仮想通貨の場合には第三者が介入しません。これによって、手数料が安い、取引スピードが早い、といったメリットがある一方で、不正を行いやすいというデメリットも存在します。
リスクの特徴として挙げられるスマートコントラクトは、このデメリットを解消するもの。仮想通貨の授受だけではなく、それに付随する条件や約束など契約面のことまで自動で記録・処理するので、不正が入り込む余地が最小限になるのです。
例としてAさんがBさんにお金を貸した場合で見てみましょう。Bさんがそれを10日後に返すという約束が口約束であれば信頼できるものかどうかがBさん次第になります。しかし、その約束までをお金を貸す条件として盛り込んでいれば当然不正はしづらくなるでしょう。このように取引に付随する条件や約束までを自動的に記録・処理するのがスマートコントラクトなのです。

サイドチェーン

もうひとつの特徴がこのサイドチェーン。サイドチェーンとは、ブロックチェーンとは別の補助的な仕組みのことです。ビットコインでも活用されているブロックチェーンの仕組みに、それとは別の補助的な仕組みを取り入れることで、セキュリティの向上、手数料の軽減、取引時間の短縮など、様々な恩恵があります。

既に確立されている仕組みであるブロックチェーンでは、そこに細かい変更が加えたいとき、膨大な数の人に承認を取らなければなりません。変更を加えたことが他の仮想通貨に影響を与えることも考えられるためです。もちろん承認が得られるかどうかは別問題。安定性がある一方で、小回りが効かないことは大きな欠点にもなっています。
ブロックチェーンとは別の補助的な仕組みを用いることでマイナーチェンジをしやすくするというのがサイドチェーンの考え方。これによりリスクは先述のスマートコントラクトの実装も果たしています。
また、ブロックチェーンに大きなエラーが出た場合には、サイドチェーンを使って運用を継続できるのも大きなメリット。リスクの安定性の向上にも一役買っているのがこのサイドチェーンの仕組みなのです。

明るいニュースが目白押し!仮想通貨リスク(LSK)の将来性は?

リスクの今後については、仮想通貨に対する注目度もあり、まだまだ成長することが予測されます。しかし、それを後押しするのは仮想通貨全体に対する注目度だけではありません。
リスクでは1年に一度、ブロック報酬が下げられていく予定。ブロック報酬とはビットコインでいうところのマイニングによる報酬のこと。もともと発行総量が決められていないリスクですから、ブロック報酬が下げられることで相対的に市場に出回っているリスクの価値が高まる可能性があります。今後もブロック報酬減の前後で価値は上昇傾向になるでしょう。

また、リスクは今後大幅な大幅なアップデートを予定していると言われています。開発者などの間ではこれまでのリスクはまだ準備段階。本格稼働はこのアップデートからだと認識されているようです。
このアップデートでは、プロジェクトの大規模化や、サイドチェーンの強化のほか、SDK(ソフトウェア開発キット)の配布も予定されています。これが実施されるとより多くのエンジニアがオープンにリスクの開発に関われるようになるそう。より完璧な仮想通貨になるための準備段階と捉えることもできるので、これもリスクの将来にとっては明るいニュースでしょう。

1年足らずでおよそ100倍!?仮想通貨リスク(LSK)の価格

下の画像はリスクのの直近3ヶ月のチャートです。
リスクは公開当初こそ価格に変動があったものの、その後しばらくの間は20~30円あたりを推移していました。ところが2017年3月ごろから徐々に値を上げはじめ、6月上旬には400円を突破。その後も値上がりは止まらず、2017年11月には約1,000円、12月末には約2,600円へと値を上げしました。リスクは、およそ9ヶ月で100倍近い価値をつけたのです。
2018年に入って仮想通貨全体の暴落がありましたが、大手取引所ビットフライヤーへの上場をきっかけに、さらなる高騰が見られそうです。

仮想通貨リスク(LSK)の購入方法は?

2018年1月31日より、bitFlyer(ビットフライヤー)での取り扱いがスタートしました。ビットフライヤーは日本初の仮想通貨取引所で、豊富な資金力で安心の国内最大手です。

リスクを取り扱っている海外の有名取引所は?

BINANCE(バイナンス)

中国の仮想通貨取引所。日本語にも対応しているため、日本人でも使いやすいのが魅力。

Poloniex(ポロニエックス)

アメリカの仮想通貨取引所。60種以上のアルトコインを取り扱っている。

Bittrex(ビットレックス)

アメリカの仮想通貨取引所。マニアックな仮想通貨の取り扱いにおいては右に出るものなし。

HitBTC(ヒットビーティーシー)

イギリスの仮想通貨取引所。ICO仮想通貨に強い。

bithumb(ビッサム)

韓国の仮想通貨取引所。韓国国内のシェア60%を誇り、世界的にも有望視されている。

海外の取引所を利用する場合には円建てで(日本円を使って)購入することができません。ビットコイン建て、あるいは対応している法定通貨で購入することになります。ビットコイン建てで購入する場合には、まず国内の取引所でビットコインを購入、そのビットコインを海外の取引所に開設した口座へ送金し、それを使って購入するようにしましょう。

仮想通貨リスク(LSK)本格的な成長はまだまだこれから?


まだ広く知られていない仮想通貨であるリスク。2018年1月1日のアップデート後には大きな値上がりを見せる可能性があります。このビッグウェーブに乗るなら今がチャンスなのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial