BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンメディア

Ethereum(イーサリアム)とは?ビットコインと何が違うの?

この記事の要約動画

ビットコインが過熱の一途をたどる中、他のコインにも熱い視線が注がれているのを知っていますか?
1,000種類以上あるといわれている仮想通貨の中で、ビットコインに次いで時価総額2位に位置づけされたのが「Ethereum(イーサリアム)」です。*2017年9月時点

Ethereum(イーサリアム)という名前すらはじめて聞いた、という人も多いかもしれません。

しかしこのイーサリアム、ビットコインには無い魅力を持っており、徐々に注目を集めているのです。
そこで、今回はイーサリアムの特徴やビットコインの違い、さらに今後の将来性などの情報をお届けします。

Ethereum(イーサリアム)とは?


イーサリアムはビットコインと同じ仮想通貨の1つ。

実は、この通貨を管理するしくみを「Ethereum(イーサリアム)」といい、正式名称は「Ether(イーサー)」なのですが、最近では通貨自体をイーサリアムと呼ぶ人が増えています。

イーサリアムもビットコイン同様、お金自体を管理する組織は存在しません。
その代わりに、イーサリアムを開発するチームメンバーが世界中に存在しており、開発に貢献した人にはインセンティブが発生します。
しかしその背景は大きく異なります。

ビットコインが「決済」を主としたシステムであることに対し、イーサリアムは「アプリ作成のプラットフォーム」なのです。
つまり、イーサリアムのシステムを利用して多様なアプリを作成することが可能ということ。

ビットコインの元データを使ってより質の良いプログラムを生み出そうとしたのがイーサリアムなのです。
では、この違いがイーサリアムにどのような特徴を生み出したのでしょうか。

イーサリアムの特徴って?

イーサリアムの最大の特徴は「スマートコントラクト」というシステム。
スマートコントラクトはお金のやり取りをおこなう上で発生する契約もすべて記録する技術で、イーサリアム上の取り引きはすべて自動的に記録・実行されます。

このシステムはビットコインで採用されている「ブロックチェーン」というシステムを応用したものですが、ビットコインのブロックチェーンではお金のやり取りしか記録しません。

これに対してイーサリアムのスマートコントラクトは、金銭契約に関する文面などもすべて記録として残すことができるという画期的なシステムなのです。

たとえば、イーサリアム内でAがBに対して500円分の仮想通貨を借りたとしましょう。Aはその際、Bに「1年後には1000円分を返す」と約束します。ビットコインのブロックチェーンではこのような文言は記録に残りませんが、スマートコントラクトならこの契約内容もお金のやり取りと共に残すことができるのです。

イーサリアムの将来性は?


「アプリケーションを開発するプラットフォーム」として誕生したイーサリアムは無限の可能性を秘めています。
すでに新しいアプリケーションはどんどん開発されており、各投資家だけでなく企業もイーサリアムに注目しています。

さらに、世界最大企業のマイクロソフトがスポンサーとなりイーサリアムを導入すると発表しており、仮想通貨の導入によって決算スピードが早まると予想されています。実は、海外だけでなく日本政府もイーサリアムに注目しているのです。

イーサリアムを利用すれば個人間のお金に関する取引を簡略化できる上、送金に掛かる費用を安くできます。
また、仮想通貨であれば都度両替する手間も無くなるので、2020年に開かれる東京オリンピック前に一般化できれば選手や各機関の負担を減らせます。
日本国内でイーサリアムを取り扱っている取引所として有名なのは「coincheck(コインチェック)」です。イーサリアムは今後が見逃せない仮想通貨のうちのひとつと言えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial