BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンニュースメディア

国内最大手!bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴や手数料は?

この記事の要約動画

最近、成海璃子さんのテレビCMでおなじみの仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」。日本で初めて設立された歴史ある仮想通貨取引所です。
あまり仮想通貨について知らないという方も、このCMなら見たことがあるのではないでしょうか。bitFlyer(ビットフライヤー)は新規ユーザー獲得に積極的で、初心者でも使いやすいと評判です。
今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴やメリットについて紹介していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)はどんな取引所?

bitFlyer(ビットフライヤー)は2014年1月に設立された日本初の仮想通貨取引所です。第一生命保険、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタル、リクルートストラテジックパートナーズ、電通デジタルホールディングスなど大手企業からの出資を受けており、この豊富な資本金を元にさまざまなサービスを提供しています。

2つの機能を持った仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)には「販売所」と「取引所」の2つの機能があり、それぞれで取扱通貨や購入・売却価格が異なります。

販売所

bitFlyer(ビットフライヤー)の「販売所」には、ビットコイン販売所とアルトコイン販売所があります。ビットコイン販売所ではビットコイン(BTC)のみを、アルトコイン販売所ではイーサリアム(ETH)・イーサリアムクラシック(ETC)・ライトコイン(LTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・モナコイン(Mona)を販売しています。ここでの売買相手はbitFlyer(ビットフライヤー)です。bitFlyer(ビットフライヤー)の言い値で売買を行うため、仮想通貨の時価よりも購入価格は高く、売却価格は安くなってしまいます。しかし、安定的かつ迅速に取引ができるというメリットがあります。

取引所

一方、bitFlyer(ビットフライヤー)の「取引所」は「bitFlyer Lightning(ビットフライヤー・ライトニング)」と呼び、ビットコイン簡単取引所とLightning 現物、Lightning FX/Futuresがあります。

bitFlyer Lightning(ビットフライヤー・ライトニング)については過去に特集した記事があるので、よろしければそちらもご覧ください。
bitFlyer Lightning(ビットフライヤー・ライトニング)特集

ビットコイン簡単取引所ではビットコインを、Lightning 現物ではビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ビットコインキャッシュ(BCH)をbitFlyer(ビットフライヤー)のユーザー間で売買できます。売買価格を指定できるため、販売所で売買するよりも有利な取引が可能です。
また、Lightning FX/Futuresでは「レバレッジ取引」といって、証拠金として預けている額の最大15倍までの取引をすることができます。これによって大きな利益を得られますが、相場が予想を反する動きをした場合には元本を超える損失を被ることもあるため、注意が必要です。

取り扱い通貨は?

2017年11月現在、bitFlyer(ビットフライヤー)が扱っている仮想通貨は以下の6種類です。

・ビットコイン(BTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)
・モナコイン(MONA)

気になる手数料は?

アカウント開設は無料

bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウント開設はメールアドレスさえあれば誰でも可能です。アカウント作成・アカウント維持は無料なので、気軽に仮想通貨を始められます。

ちなみに、bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントには「ウォレットクラス」と「トーレドクラス」の2種類があります。bitFlyerLightning(ビットフライヤー・ライトニング)を利用できるのは「トレードクラス」のユーザーのみで、本人確認の資料などを提出することで「トーレドクラス」にアップグレードできます。

取引手数料

販売所でbitFlyer(ビットフライヤー)相手に仮想通貨を売買する際は、手数料はかかりません。
一方、ビットコイン簡単取引所とLightning 現物でビットコイン(BTC)を売買する場合の手数料は、直近30日の取引量によって0.01~0.15%の間で決まります。取引量が10万円未満なら0.15%、10万~20万円未満なら0.14%、5億円以上なら0.01%と取引量が多いほど手数料は安くなっていきます。Lightning 現物でイーサリアム(ETH)とビットコインキャッシュ(BCH)を売買する場合は、0.2%の手数料がかかります。
Lightning FX/Futuresでの売買手数料は無料ですが、スワップポイントという1日あたり0.04%の金利を支払わなければなりません。レバレッジ取引では保証金の最大15倍までの取引ができます。お金を借りることになるため、金利も発生するのです。

入出金手数料

入金の際はクイック入金・銀行振り込み・クレジットカード決済の3つの方法があります。
クイック入金は即時入金で手数料は1件あたり324円、銀行振り込みの手数料は各金融機関所定額です。クレジットカードを使用する時のみ、入金後即時購入となるため、注意が必要です。
出金の際はbitFlyer(ビットフライヤー)と提携している三井住友銀行を利用すると、安く済みます。三井住友銀行で出金した場合の手数料は、出金額が3万円未満で216円、3万円以上で432円です。三井住友銀行以外で出金した場合の手数料は、3万円未満で540円、3万円以上で756円かかります。

送金手数料

ビットコインを誰かに送る時には、手数料として 0.0004 BTCが必要です。しかしbitWireを使えば、ビットコイン送付手数料はかかりません。bitWireとは、bitFlyer(ビットフライヤー)のユーザー間で使えるビットコインの送付方法です。

強固なセキュリティ対策が魅力!

仮想通貨を安全に売買し、保管するためにも、取引所のセキュリティ面がきになりますよね?
bitFlyer(ビットフライヤー)は特にセキュリティ対策に力を入れており、信頼できる仮想通貨取引所と言われています。

ユーザーのすべてのデータ通信を暗号化

個人情報保護のため、bitFlyer(ビットフライヤー)では大手金融機関よりも強度の高い暗号化技術をユーザーとのデータ通信に使っています。また、SSLサーバー証明書には、世界最高の認証局である「DigiCert(デジサート)」のものが採用されています。

80%以上のビットコインをコールドウォレットに保管

ビットコインを盗み取ろうとするハッカーは、インターネット経由で攻撃をしてきます。そのため、オフラインにすることがビットコインを守ることにつながるのです。bitFlyer(ビットフライヤー)ではユーザーとbitFlyer(ビットフライヤー)が所有する80%以上のビットコインをネットワークから隔離された「コールドウォレット」に保管しています。コールドウォレットは多数の物理セキュリティロックと24時間監視システムにより守られています。

不正ログインを防止

二段階認証を設定することができ、ID・パスワードの他に認証コードを入力することでログインするようにできます。認証コードはログインのたびに変わるため、IDやパスワードを盗まれたときでも安心です。またログイン後も一定時間操作がなかった場合に自動的にログアウトすることで、第三者による不正操作を防いでいます。

bitFlyer(ビットフライヤー)を利用するメリット

 

大手なので安心

bitFlyer(ビットフライヤー)は多くの大手企業から出資を受けており、その資本力はトップクラスを誇ります。
ビットコインの取引量は日本一と言われ、月間取引量5兆円超、ユーザー数80 万人超の国内最大手です。
最近では初の海外進出を果たし、「bitFlyer USA」としてアメリカでも取引が始まりました。

セキュリティ

先程紹介したセキュリティ対策のほか、bitFlyer(ビットフライヤー)は万一の場合の保証体制も整えています。三井住友海上と共同で開発した保険に加入しており、外的な要因(ハッキングなど)による損失の場合には、補償金が支払われるサービスがあります。日本円の価値で100万円以上預けている場合は、上限500万円までは保証されることになっています。

その他の独自サービスが豊富

 

ビットコインでクラウドファンディング

bitFlyer(ビットフライヤー)が提供している「fundFlyer」を利用することでビットコインで資金を集めることができます。プロジェクトの広告を出せば、それと同じ目的を持ったり、その考えに共感したりする人々が活動資金としてプロジェクトオーナーに提供してくれるというしくみです。

ビットコインで寄付ができる

また、「BITCOIN DONATIONS」といって、ビットコインで赤十字活動への支援ができるようになっています。特設ページのリンクから簡単に寄付をができるサービスです。メリットは手数料がかからないということ。寄付はすべて日本赤十字社へ届くしくみです。

ビットコインが無料で手に入る

bitFlyer(ビットフライヤー)経由で買い物をしたり、無料キャンペーンへ応募したりすることで、ビットコインがもらえるサービスです。初めての仮想通貨で多額の資金を投資するのが不安という方でも、気軽にビットコインを手に入れられます。

詳しくはコチラ 

この機会にアカウント開設してみては?

bitFlyer(ビットフライヤー)は歴史と信頼のある仮想通貨取引所です。国内でトップクラスの資本力があるとユーザーも安心できますよね。
販売所や取引所での購入だけでなく、バナー経由の買い物や申し込みでビットコインが無料で手に入るというのは大手の仮想通貨取引所ならではです。
仮想通貨を始めてみたいと思っている方は、この機会にbitFlyer(ビットフライヤー)も検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial