BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンニュースメディア

スマートコントラクトが自慢のイーサリアム(ETH)。価格や将来性、取引所は?

仮想通貨の王者とも言えるビットコインに次いで時価総額ランキング2位にいるのが「Ethereum(イーサリアム)」です。このイーサリアムもまた、ビットコインにはない魅力を持っており、人気を集めています。
ここではイーサリアムの特徴や価格、取り扱いのある取引所、将来性などの情報をお届けします。

仮想通貨イーサリアム(ETH)の特徴とは?

イーサリアムの名称について

実は通貨の正式名称は「Ether(イーサー)」です。この通貨を管理するしくみを「Ethereum(イーサリアム)」なのですが、通貨もその名で呼ぶ人の方が多かっため、今では「イーサリアム」として定着しています。取引が始まったのは2014年、通貨単位は「ETH」です。

イーサリアムは若き天才が生み出した

イーサリアムは、ロシアのVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏によって、2013年に考案されました。彼は当時19歳という若さでしたが、ビットコインよりもさらに質の良いものとして開発されたイーサリアムは、多くの大企業から注目を集め、瞬く間に信頼を得る仮想通貨となりました。

ビットコイン(BTC)との違いは「スマートコントラクト」

イーサリアムの最大の特徴は「スマートコントラクト」というシステムです。
仮想通貨の根幹と言えば「ブロックチェーン」技術ですが、ブロックチェーンではお金のやり取りしか記録しません。一方、「スマートコントラクト」という技術は、お金のやり取りをおこなう上で発生する契約内容の文面もすべて記録します。
例えば、イーサリアム上でAがBに対して500円分のコインを借りたとしましょう。Aはその際、Bに「1年後には1,000円分を返す」と約束します。ブロックチェーンではこのような約束の文言は記録に残りません。しかし、スマートコントラクトなら金銭のやり取りに加え、それぞれの契約内容も残すことができるのです。
この画期的なシステムにより、イーサリアム(ETH)の取引での不正や改ざんは不可能と言われています。

時価総額はビットコインに次ぐ第2位!※

2015年7月に取引が開始されたイーサリアム(ETH)は、現在、ビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額2位です。1,000種類以上あると言われる仮想通貨の中でもトップクラスの信頼を得ており、保有している人が増加しています。
2017年6月時点では、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の時価総額を合わせると仮想通貨全体の約67%を占めることになり、その人気は絶大です。
※2017年12月現在

イーサリアム(ETH)の現在価格は?

イーサリアムの現在価格は、2017年12月26日時点で1ETH=約88,000円です。
イーサリアムは、リリースの半年後、2016年1月時点ではまだ1ETH=114円でした。その1年後の2017年2月に1ETH=1,198円と約10倍になり、同年12月現在でさらにその40倍の値を付けています。

なぜ高騰している?

この高騰は、ハードフォークによるマイナー報酬の減額が影響しているのではないかと言われています。マイナーは報酬が減れば、積極的に新規発行しなくなります。発行量が減少したため、自然と希少価値も高まっているのです。

中央機関がなくても契約を自動執行できるというスペックが高く評価されていることも人気上昇の理由と言えるでしょう。仮想通貨はセキュリティー面や管理能力が優れているほどニーズが高まる傾向にあります。そのため、イーサリアム(ETH)の安全性や他にはないスペックに価値を見出している人が多く、今後の発展にも期待度が高まっているのです。

イーサリアム(ETH)を扱う取引所は?

2017年12月現在、イーサリアム(ETH)の取り扱いがある国内の仮想通貨取引所は以下の通りです。

bitFlyer(ビットフライヤー)
豊富な資金力で安心の国内最大手。

coincheck(コインチェック)
取り扱っているアルトコインの種類が国内最多。

Zaif(ザイフ)
手数料が格安。仮想通貨の積み立てもできる。

GMOコイン
金融取引のノウハウを持つGMOインターネットグループ。

BITPoint(ビットポイント)
国内で初めてMT4を取り入れたため自動売買が可能。

BitTrade(ビットトレード)
コールドウォレットで管理されるためセキュリティー面で安心。

bitbank(ビットバンク)
アルトコインの取引手数料無料がメリット。

BTCBOX(BTCボックス)
日本版と国際版がある。流通量が多い取引所として有名。

みんなのビットコイン
わずか30秒で口座開設が可能。レバレッジ倍率は最大25倍。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)
シンガポール出身の取引所が日本に進出。レバレッジ倍率は最大25倍。

Kraken(クラーケン)
アメリカの取引所が日本に進出。ユーロの取引量が世界一。

その他、有名な海外の仮想通貨取引所は以下の通りです。

Bitrex(ビットレックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。アルトコインは120種類以上で世界最多。

Poloniex(ポロニエックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。取り扱っているアルトコインは60種類以上。

Binance(バイナンス)
中国の大手仮想通貨取引所。日本語にも対応している。

Livecoin(ライブコイン)
イギリスの大手仮想通貨取引所。マイナーなアルトコインの取り扱いが豊富。

Bitfinex(ビットフィネックス)
香港の大手仮想通貨取引所。米ドルにおける取引高は世界で第1位。

イーサリアム(ETH)もハードフォークを経験済み

ハッキング騒動を乗り越えた

2016年6月、イーサリアムのブロックチェーン上に設立された自立分散型組織「THE DAO(ザ・ダオ)」がハッキングに遭い、資金プールからイーサリアム(ETH)が盗まれるという事件が起きました。
ビットコインにも「マウントゴックス事件」というものがありましたが、あれはビットコイン自体がハッキングに遭ったわけではなく、マウントゴックス社の保有するビットコインが消失したという事件でした。この「ザ・ダオ事件」もイーサリアム自体の不具合ではなく、THE DAOの失敗です。
このハッキングの解決方法として、イーサリアムのハードフォークが起こりました。

分裂によりイーサリアムクラシック(ETC)が誕生

「ハードフォーク」は、「分裂」とも言います。バージョンアップを図る際に、そのコインの台帳(ブロックチェーン)を分岐させるのです。結果として2つのブロックチェーンが存在し続けることになり、仮想通貨も2つに分裂するというわけです。
2016年7月、イーサリアム(ETH)のハードフォークによって「イーサリアムクラシック(ETC)」という新たな仮想通貨が誕生しました。ハードフォークについては不安視されますが、イーサリアムは分裂後も順調に価格を上げています。

イーサリアム(ETH)に将来性はある?

利用できる店舗やサービスが増える

仮想通貨は安い手数料で送金ができたり、国境を越えて使用できたりするのが大きなメリットです。ビットコインをショッピングの決済に利用する店舗も増えてきています。イーサリアムも市場シェアが拡大しているので、ビットコインに続いて、今後利用できる店舗やサービスが登場すると予想されます。

アップデートによる安全性や利便性の追求

日々進化するハッキング技術に対応するべく、これまでに何度もアップデートを実施してきました。イーサリアムのアップデートは4段階あると言われており、「フロンティア」、「ホームステッド」、「メトロポリス」が終了しています。そして2018年には、最終形態と言われる「セレニティ」を控えているため、今後の発展に期待を寄せている人たちは多いことでしょう。

将来性に期待できるイーサリアム(ETH)で仮想通貨デビュー!

仮想通貨に対する関心が高まる中で、常に仮想通貨の上位にいるイーサリアムへの期待は大きくなっています。市場シェアを順調に拡大しているので、ビットコインを抜き、最も時価総額が高い仮想通貨となる可能性も考えられます。
現在価格高騰中のイーサリアム。高い安全性と知名度があるイーサリアムなら、これから仮想通貨を始めてみようという方でも利用しやすいのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial