BITDAYS(ビットデイズ) – 仮想通貨・ブロックチェーンニュースメディア

ネット検索ワードでビットコインがトランプ大統領を抜いたと話題に

日本だけでなく世界でも日々暗号通貨の話題や関心が高まっています。そんな中Googleなどの検索エンジンで常に検索ボリュームの多かったトランプ大統領をビットコインが抜いたと海外のニュースサイトやSNSで話題となっています。そこで今回はBITDAYSもGoogleトレンドを使用しビットコインの検索ボリュームがどのように増えているか?また国内ではどうなのか?を調査してみました。

Googleの検索ワードでビットコインがトランプ大統領を抜く

過去30日の結果を見てみると11月26日あたりから急激にビットコインの検索ボリュームが多くなっているようです。11月26日といえばちょうどビットコインが高騰し1BTC=9000ドル(日本円で約100万円)へ到達した日ですね。ビットコインの高騰に伴って世間の関心もグッと増えたようですね。
※bitcoin  ※trump

日本国内の検索ボリュームは?

次に国内のビットコインの検索ボリュームも調査してみました。比較対象として11月に色々と騒がれていた相撲関連です。こちらも26〜27日にかけて検索ボリュームが増加していますね。こちらも1BTC=100万円をキッカケに興味を持つ人が増えたようです。
※ビットコイン  ※相撲

国内外問わずビットコインの通貨の価値が上がったことが検索ボリュームの上昇につながったと考えられます。キッカケは何であれ世間が関心を持つことで法律などのインフラも整っていき、市場も活性化されより新たな通貨として実用的になっていくと嬉しいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ミツヤコウヘイ

ミツヤコウヘイ

BITDAYS編集長です。
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial