AI

LINEで渋谷区の住民票・税証明書が申請可能に 本人確認でAI顔認証

LINEがAIソリューション「LINE BRAIN」の顔認証技術である「ID Card OCR」を、渋谷区LINE公式アカウントを利用したeKYC(オンライン本人確認)実証実験で採用することを発表しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

自治体初となるeKYC実用化へ

LINEは、東京都渋谷区と行政サービスのIT・高度化を通じた地域課題解決に向け「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を2016年8月に締結しています。

2017年8月からは渋谷区のLINE公式アカウント上でAIチャットボットを使った子育て支援サービス、同年10月からはごみの分別・粗大ごみに関する問い合わせ対応を開始。
2019年4月にはLINE Payのコード決済を利用し、住民票の写しなどの発行手数料が支払えるようになりました。
さらに、特別区民税・都民税など一部の税も令和元年度分からLINE Payで納付できるようになるなど、LINEが持つコミュニケーションツールとしての機能・技術などを生かしたさまざまな取り組みが展開されています。

2020年4月からは渋谷区LINE公式アカウントを活用し、住民票・税証明書の申請を可能とする「LINEを活用したオンライン申請等」を開始します。
申請に使われるeKYCでは、LINE BRAINの顔認証技術である「ID Card OCR」を採用。2月より、対象を区庁職員に限定した実証実験が実施されます。

渋谷区では区民の利便性向上・区庁の業務の効率化を目的として、非来庁型の行政サービスを推進しています。
今回の実証実験は、自治体初となるeKYC(オンライン本人確認)実用化に向けて実施されます。

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

併せてオススメ

LINEモバイル「夏のWプレゼントキャンペーン 最大10,000円相当プレゼント」実施中

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。