ブロックチェーン

GANMA!のコミックスマートとGaudiyが提携 ブロックチェーン活用で所有する電子書籍の売買が可能に

セプテーニ・ホールディングスの連結小会社でありマンガアプリ「GANMA!」を手がけるコミックスマートと、ブロックチェーンスタートアップのGaudiyが業務提携契約を締結し、ブロックチェーン技術を活用した「データ所有型電子書籍」を世界で初めて展開していくことが発表されました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

紙の書籍ならではの体験を電子書籍でも

コミックスマートは 「マンガ家の職業価値を向上させ、子供たちの憧れの職業にする」ことをミッションに掲げ、インターネット発の優れた作品づくりを目指してマンガ家の育成や支援のほか、マンガアプリ「GANMA!」の運営を行ってきました。

Gaudiyはブロックチェーンを中心とした技術を活用し、エンターテインメント業界で「新たなユーザー体験の創出」と「ビジネスモデルの構築」を推進しており、大手出版社や音楽レーベルなど、さまざまな企業と連携しながら具体的な課題解決に取り組んでいます。

今回、コミックスマートとGaudiyが開始する「データ所有型電子書籍」ではブロックチェーン技術を活用し、データの不正コピーを防止しつつ書籍自体の所有権をユーザーが持てる流通システムを提供します。

電子書籍の多くは、ユーザーが書籍のデータではなく「読める権利」を購入する仕組みとなっており、ユーザーは事業者が指定した端末やビューアー上でしか書籍が閲覧できないようになっています。
また、書籍データの移動や中古売買にも対応しておらず、業者の都合でサービス提供が終了した場合は書籍の閲覧もできなくなります。

「データ所有型電子書籍」では、ユーザーは事業者の都合に左右されずに書籍を所有・閲覧することができ、紙の本と同様に書籍の売買が可能となります。これにより、紙の書籍と同様に買った本の売買、回し読み、コレクションなどを実現できるとみられています。

なお、電子書籍が二次流通市場で売買された場合でも、出版社や作者など権利保有者に収益を還元します。
さらに、同システムでは「電子書籍内のコンテンツにのみ作者のサインをつける」「初版で購入した人限定の書籍を販売する」などといった「読むこと」を超えた新たな電子書籍体験も実現していくといいます。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。