その他(ウォレット)

仮想通貨ウォレットとは?種類やメリット&デメリットを公開!

仮想通貨取引を行うには、自分の「ウォレット」を持つ必要があります。
しかし、このウォレット、「〇〇ウォレット」というようにいろいろな呼び名の種類があり分かりづらく、仮想通貨へのとっつきにくい一因となってしまっています。

ウォレットを攻略するため、その種類と意味、機能のメリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみました。

仮想通貨ウォレットとは?

「ウォレット」とは、英語で財布のことですが、仮想通貨界隈では仮想通貨の秘密鍵(その仮想通貨の所有権のようなもの)の保管場所のことをこう呼びます。
また、ウォレットはただ保管するだけでなく、財布からお札を抜き出して他の財布へ入れるように、ウォレット間で仮想通貨を送金する機能を持ちます。

そんな便利なウォレットなのですが、お金が集まるところということで、ハッカーに脆弱な部分を突かれて仮想通貨を盗まれてしまう事案が多発しています。近年ニュースになっている仮想通貨に関するハッキング事件は、ウォレットからのコイン盗難事件のものが大半です。

仮想通貨取引におけるセキュリティリスクは、ウォレットの種類や意味と大きく関係します。面倒に思わずに正しく理解するようにしましょう。

仮想通貨ウォレットの種類

様々な「〇〇ウォレット」について、ひとつずつ解説していきます。

ウェブウォレット

ウェブウォレットとは、オンラインにあるウォレットのことです。仮想通貨の取引所にあるウォレットもウェブウォレットのひとつと言えます。ユーザーはアカウント登録をするだけで、サービスとしてウェブウォレットを利用することができます。

メリット

アカウント登録をする以外にユーザーが対応することはないので、簡単に利用することができます。
また、オンラインにあるため、「端末」と「ネット環境」と「アカウント」さえあればいつでもアクセスができて入出金が行えるのも便利です。

デメリット

デメリットはやはり、セキュリティリスクの高さです。「端末」と「ネット環境」は当然誰もが用意できるものなので、万が一アカウントが犯罪者に流出してしまうと、ウォレットに不正アクセスされてしまいます。
そのため、ウェブウォレット内に多額の仮想通貨を長期間保有することは避けたいです。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットは、自分のPCやスマホなどの端末に、専用のソフトウェアやアプリをインストールすることで利用するウォレットのことです。自分の端末に仮想通貨の秘密鍵を入れて保管することになるため、仮想通貨を入出金する際にはその端末が手元にないといけません。
ただ、スマホであれば通常は常に持ち歩くものなので、ウェブウォレットと利便性の差はほとんど無いと言えると思います。

メリット

メリットは、ネットにつながっていないときは、自分の端末で仮想通貨を保管することになるので、取引所のウェブウォレットのようにハッキングされてしまう可能性が低いことです。仮想通貨ウォレットとしては、利用者が最も多いウォレットでもあります。

デメリット

デメリットはずばり、自分の端末が破損したり紛失したりするとそのまま仮想通貨が消えてしまうことです。そのためバックアップをとったり復元方法を確認しておく必要があります。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、物理的なデバイスに仮想通貨の秘密鍵を保管するウォレットです。USBメモリ型やスマートウォッチ型などがあります。数千円~2万円ほどの価格で購入できます。

メリット

メリットはやはり、インターネットに接続せずに秘密鍵を保管するそのセキュリティの高さです。感覚としては金庫に近いです。
また、対応する仮想通貨がとても多く、海外の取引所などで購入したアルトコインを保管する際などに重宝します。

デメリット

利便性が悪いことはデメリットと言えます。仮想通貨の秘密鍵を保管するためだけのデバイスなので、かさばると感じる方もいるかもしれません。
また、盗難や紛失にも気を付けなければなりません。

コールドウォレット

先のCoincheck(コインチェック)の事件で「コールドウォレット」という言葉をニュースでよく耳にしました。コインチェック社は、顧客の仮想通貨をコールドウォレットではなくホットウォレットで管理しており、その脆弱性をハッカーに狙われ攻撃された、というような言い回しでした。
コールドウォレットとは、オフライン環境のウォレットのことです。これの対義語として、オンラインもしくはオンライン接続される環境にあるウォレットのことをホットウォレットと言います。
本記事で紹介したウォレットでは、ウェブウォレットとソフトウェアウォレットはホットウォレット、ハードウェアウォレットはコールドウォレットです。

メリット

ハッカーはオンラインをつたって不正アクセスをしかけてくるので、オフラインならばハッキングの心配はありません。コールドウォレットが強く推奨される理由はここにあります。
大事な仮想通貨をハッカーの侵入経路の無い安全な場所に置く、これができるのがコールドウォレットなのです。

デメリット

コールドウォレットのデメリットは、ハードウェアウォレットの項でも述べたようにやはり利便性の悪さです。セキュリティと利便性は反比例の関係にあるということですね。

大切な仮想通貨を保管するならコールドウォレットで

この「セキュリティと利便性が相反する」ということは重要な認識です。面倒だから、という理由でホットウォレットに多額の仮想通貨を入れたままにしておくと、またニュースになるようなハッキング事件が起こった際に被害者になってしまう可能性があります。
大事な仮想通貨の保管には、面倒くさがらずにコールドウォレットを利用しましょう。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
出版社、web制作会社を経て、モバイル系企業勤務。生活費を稼ぐために2018年よりライター業を開始。ブロックチェーン技術の未来について、考えたり書いたりすることで何かしらが膨らめばよいなと思っています。