仮想通貨ウォレット「Ginco」正式リリース

株式会社Gincoは、仮想通貨モバイルウォレット「Ginco」を2018年4月24日(火)より正式にリリースしました。

仮想通貨を安全かつ自由に管理

仮想通貨の管理については取引所に預けたままという方が多いようですが、取引所をめぐる事件が多く発生するなど、仮想通貨の自己管理の重要性が叫ばれています。そこで、日本のユーザーにとっても使いやすいウォレットサービスを目指して「Ginco」が開発されました。より多くの方が仮想通貨を安全かつ自由に管理し、多くのシーンで気軽に利用するためのインターフェースを提供することで、ブロックチェーン技術で分散化された社会の実現に貢献するとしています。

その機能は?

・取引所などから仮想通貨を送金し、保管する
・飲食店やECサイトでの決済に利用する
・個人間で仮想通貨をやりとりする
・仮想通貨資産のポートフォリオを確認する

仮想通貨の「入金」「送金」「管理」が可能です。
ブロックチェーンの仕組み上最低限必要な手数料のみ、上乗せ手数料ゼロとのこと。また、日本語でのバックアップの設定など、誤操作によってユーザーの資産が失われてしまうことが起こらないようなUI設計を行っているそうです。

対応通貨

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)オーガー(REP)、EOS(EOS)、TRON(TRX)、OmiseGO(OMG)、DigixDAO(DGD)、Status Network(SNT)、Zilliqa(ZIL)、0x(ZRX)、Kyber Network(KNC)、Decentraland(MANA)

<近日対応予定>
ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)モナコイン(MONA)など

ダウンロード

・iPhone版:https://itunes.apple.com/jp/app/ginco-%E4%BB%AE%E6%83%B3%E9%80%9A%E8%B2%A8%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88/id1348680429?l=ja&ls=1&mt=8

・Android版:近日リリース予定

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信