Ginco(ギンコ)

仮想通貨ウォレット「Ginco」、Sentinel Protocolとの提携でさらなるセキュリティ強化へ

仮想通貨モバイルウォレット「Ginco」を提供する株式会社Gincoは、Sentinel Protocolとパートナーシップを締結し、仮想通貨の不正送金を防止するシステムの開発を開始すると発表しました。

▼ウォレットアプリGinco(ギンコ)について詳しくはコチラ

セキュリティ面を強化

2018年4月24日(火)に正式リリースとなった仮想通貨モバイルウォレット「Ginco」。今回のSentinel Protocolとの提携によって、仮想通貨の送金における安全性とセキュリティの強化を図ります。

最初の取り組みとして、仮想通貨の不正アドレスを検知するシステムの導入に着手。今年9月の実装を目指して開発するとしています。
仮想通貨の送金時に不正アドレスを検知するシステムの導入は、国内の仮想通貨ウォレットとしては初の試みです。

このシステムでは、Sentinel Protocolが提供する分散型の危険性評価データベース「TRDB(Threat Reputation Database)」を利用し、宛先が不正送金に関与している可能性の高いアドレスであった場合、送金前に警告を表示することで、利用者が詐欺の被害に遭ったり、誤って不正送金に巻き込まれてしまう事態を未然に防ぐことができます。
また、たとえ過去に不正を行ったことのないアドレスでも、悪質行為を行うことで利用者に被害を与えた場合は、利用者はそのアドレスをGincoからSentinel Protocolに告発することで報酬を得ることが可能になります。

過去の関連記事はコチラ

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。