Bitcoin(ビットコイン)

いつ生まれた?今すぐ誰かに話したくなるビットコインの歴史

支払い手段の1つとして登場したクレジットカードも、どこでも好きなときに電話ができる道具として登場した携帯電話も、登場した当初は多くの人が疑念を抱いていたと思います。しかし、今となってはクレジットカードも携帯電話も、私たちの生活の中に当たり前のように溶け込んでおり、なくてはならないツールになりました。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)も同じような道を辿るのかもしれません。登場から数年たってようやく名前を認識されるようになったビットコイン。2017年は大手家電量販店のビックカメラがビットコイン決済を導入するなど、ビットコインも当たり前のような存在になりつつあります。
ビットコインがどうやって誕生したのか?誰が作ったのか?その歴史について知っていますか?名前は知られていても、その歴史についてはあまり語られないビットコイン。知られざる歴史を紐解いていきましょう。

▼仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)について詳しくはこちら

ビットコインの歴史って?いつから始まっているの?


2008年にサトシ・ナカモトという人物が「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」(ビットコイン:P2P電子マネーシステム)という論文を投稿したところからビットコインの歴史が始まります。
この論文に書かれていたのは、取引のデータをネットワーク上の複数のデータベースに分散して管理し、暗号化の技術と組み合わせることによって、ビットコインの信頼性を確立させようというものでした。このしくみはブロックチェーンと呼ばれ、ビットコインのシステムの根幹となっています。この論文を受け、2009年にビットコインが初めて発行されました。

ビットコインの歴史。最初の取引はどのようなものだった?

世にある通貨はその通貨に対する信用が価値となり、モノやサービスと交換することができます。当時のビットコインにはそのような信用があるはずもなく、何の価値も持たない通貨でした。
ビットコインの取引のはじまりはエンジニアの面白半分の投稿。ビットコイン1万枚とピザの交換を提案し、それに乗ったプログラマーがピザを届けたのが最初の取引でした。
このとき彼が面白半分で投稿していなかったら。今のようにビットコインが価値のあるものとして取引されるような社会はなかったのかもしれません。ビットコイン1万枚がピザと交換できる。その前例がビットコインに価値をもたらしました。

ビットコインの歴史。マイニングについて

ビットコインにはもともとビットコイン全体を管理する中央銀行のような存在がありません。そのため、ネットワーク上に分散管理されている情報を定期的にまとめる必要があります。しかし、全世界の人々があちこちで取引している情報を限られた人数でまとめることなど到底できるわけがありません。
ビットコインでは世界中の人から有志を募り、余っているPCのリソースを取引情報の整理に使わせてもらっています。もちろんタダでというわけではありません。手伝ってくれた人にはその処理量に応じてビットコインが分配されます。
このことを手伝った人の立場から言葉にしたのがマイニング。マイニングには半減期というものが存在し、2009年のビットコインスタート時には50BTCが受け取れましたが、2013年の1度目の半減期で25BTCに、2017年の2度目の半減期で12.5BTCになりました。4年に1度半減期が発生し、2140年にはすべての発掘が終了する予定です。

これからもビットコインの動向から目が離せない

ビットコインはまだ公開されてから10年も経過していません。ようやく仮想通貨に関する法律や周辺環境の整備が始まったところ。まだスタート地点のビットコインがこれからどのように成長していくのか、その動向から目が離せません。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!