その他(仮想通貨)

仮想通貨Crown(CRW)の特徴と将来性。取引所は?

動画はこちら

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などで知られる仮想通貨は、約1,000種類存在すると言われています。その中で「Crown(クラウン)」という仮想通貨をご存知でしょうか。
今回は、あまり知られていない「Crown(クラウン)」の特徴や将来性について迫ります。

Crown(クラウン)ってどんな仮想通貨?

仮想通貨「Crown(クラウン)」は2017年3月に公開され、通貨単位は「CRW」です。発行枚数の上限は4,200万枚で、これはビットコイン(BTC)の2倍です。

「Crown(クラウン)」とは、単なる仮想通貨ではなく、ブロックチェーン技術を基につくられた、技術革新を推進するためのアプリケーションプラットフォームです。無料の閲覧可能なコミュニティで、誰もが暗号空間について学び、新たな経済アプリケーションを構築できるようにしようというプロジェクトです。
「Crown(クラウン)」はこのコミュニティによって管理され、支援すべき開発に効果的に資金を供給する役割を担っています。

Crown is both a leading digital token (known as CRW) and a s…

仮想通貨クラウン(CRW)の価格は?

クラウン(CRW)の時価総額は約3,400万ドルで、日本円にすると約38億円です。現在の価格は、2017年12月11日時点で1CRW=約2ドル、つまり日本円で約230円となっています。
まだまだマイナーなせいか、お手頃な価格の仮想通貨です。

CoinGecko

Get live charts for Crown (CRW) price, volume, coin market c…

仮想通貨クラウン(CRW)を扱う取引所は?

残念ながら、日本円でクラウン(CRW)を購入できる仮想通貨取引所は今のところないようです。
海外の仮想通貨取引所なら、「Bitrex」、「CoinExchange」、「C-CEX」、「LiteBit」、「YoBits」などで取り扱いがあります。

このうちの「Bitrex」と「CoinExchange」で大半を占めており、クラウン(CRW)はほとんどビットコイン(BTC)で売買されているのが分かります。

クラウン(CRW)が王冠を手にする日が来るかも!?

仮想通貨クラウン(CRW)はまだまだ成長段階にあり、その将来性は未知数です。元々、アプリケーションプラットフォームを提供するプロジェクトとして登場したCrown(クラウン)は、ブロックチェーンにとって革新的なステップになるのではないかと言われています。
もしかしたら、クラウン(CRW)がその名の通り、仮想通貨界の“王冠”を手にする日が来るかもしれません。今後の価格変動が楽しみですね。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!