その他(仮想通貨)

ビットコインFXは意外と簡単!?初心者にも分かる特徴とリスク!

ここ数年、ビットコイン(Bitcoin/BTC)でFXを始める人が急増しています。
「ビットコインで投資をしてみたい・・・でもFXって難しいんじゃない?」
いえいえ、実はビットコインでFXを始めるのは意外と簡単なんです。
今回は、初心者でも分かるようにビットコインFXについて解説します!

 

FXとは?今更聞けないFXのしくみ

「そもそもFXすらやったことがない。」
そんな方もいらっしゃいますよね。
FXは「外国為替証拠金取引」とも言い、外為と日本円の両替で利益を得るというもの。
基本は「通貨の価値が安くなったときに買い、高くなったときに売る」です。
たとえば、1ドル=100円のときに両替して、1ドル=110円になったときに円に戻すことで差し引き10円分の利益が出ますよね。もし1万ドルを買っていれば、1ドルあたり10円しか上がらなくても、全体では10万円の利益が出ることになります。
しかし、1万ドルを資金として用意するということは、1ドル=100円なら100万円が必要になるということです。
「100万円なんて大金は用意できない・・・」
そこでFXの大きな特徴と言えるのが、資金に「レバレッジ」をかけられるという点です。レバレッジとは、資金から“数倍大きな取引”ができるというシステムのことです。たとえ10万円しか用意できなくても、10倍のレバレッジをかければ100万円分の取引ができるようになるのです。もちろん利益は10倍ですが、損も10倍になってしまいます。
このようなしくみがビットコインでも使えるのです。

 

ビットコインFXは現物いらず!?「差金決済取引」について


ビットコインのFXは先述したように、ビットコインそのものを持っていなくても取引ができます。このように現物を動かすことなく、最終的な結果だけを残高に反映するしくみを「差金決済取引」といいます。
この差金決済取引では「買う→売る」だけではなく「売る→買う」という取引をすることもできます。
たとえば、1BTC=2万円のときに1BTCを売るとします。1BTC=1万円になったときに買い戻せば、差し引き1万円の利益が出ますよね。
ここで、最終的に出たその差額のみ決済がおこなわれます。
「どうしてビットコインを持っていなくても売ることができるの?」
不思議に思うかもしれませんが、現物を動かさずとも「最終的な損益はいくらか」だけを反映して決済するので、たとえ現物を持っていなくても取引できるしくみなのです。

 

ビットコインFXの特徴

ビットコインFXには通常のFXにない特徴があります。

FXの説明でも出てきましたが、ビットコインでもレバレッジをかけることができます。資金の何倍も大きな額で取引をすることができ、これによって、1BTCしか買えない資金でも5BTC買うことも可能となり、利益は5倍になります。もちろん損失があったときも5倍になるので、レバレッジをかけるときは要注意!倍率は取引所にもよりますが、最大で25倍までのレバレッジをかけられます。

そして何よりも魅力的なのが24時間365日いつでも取引できるということ!
外為などを使った一般的な金融商品だと、土日祝祭日は取引できないというデメリットがありますが、ビットコインFXなら24時間365日取引が可能です。システムメンテナンスを除けば、いつでも好きなタイミングで取引ができるのです。

また、ビットコインは価格変動が非常に大きいことで有名です。昨日あんなに低いと思っていたら、今日はこんなに上がっているなんてことも。1日の価格変動率はドル/円に比べて約10倍もあり、ハイリスク・ハイリターンのトレードを好む投資家に好かれているようです。

 

ビットコインFXのリスクは?

ビットコインFXは魅力的な部分が多いのですが、もちろんリスクもあります。

◆リスク1:流動性が低い
トレード待ちが起こることがあるビットコインの流動性は、あまり高いとは言えません。国内のFX取引量が月間で約500兆円あるのに対し、ビットコインは世界全体で見ても月間15兆円程度。つまり、ビットコインをトレードしようとしても売り買いがスムーズにおこなえない、ということが起こります。トレードできない間に急な価格変動があると、損失が大きくなる可能性も。しかし流動性の問題は、参入者が少ない今だけの問題とも言えます。今後さらに多くの人が参入して市場が大きくなれば、取引が活発になる可能性もありますね。

◆リスク2:規制が確立していない
ビットコインはまだまだ歴史が浅く、規制なども確立しきっていません。歴史ある金融証券会社やFX会社なら、もし破綻したとしても顧客の資産はすべて返還できるように規制されています(金融商品取引法)。
しかしビットコインに規制はまだなく、ハッキングなどで資産がなくなったとしても返還される保証はありません。また、過去には取引所の管理者がビットコインを持ち逃げするというケースもありました。信頼できる取引所か?セキュリティや健全さはどうなのか?しっかりと吟味する必要があります。

 

厳選!ビットコインFXができる取引所を紹介

ビットコインFXを利用できる取引所はいくつもありますが、今回はおすすめを4つに絞りました。

DMM Bitcoinの「レバレッジ取引」
◆リップル(XRP)やネム(XEM)など人気のアルトコインでレバレッジ取引可能!
◆取引手数料0円
◆レバレッジ最大5倍

bitFlyer(ビットフライヤー)の「Lightning FX」
◆国内最大手!流動性が高く、取引が高速!
◆取引手数料0円
◆レバレッジ最大15倍

Coincheck(コインチェック)の「レバレッジ取引」
◆ビットコインに限らず、対応する仮想通貨の種類が豊富!
◆取引手数料0円
◆レバレッジ最大5倍

BITPoint(ビットポイント)の「ビットポイントFX」
◆「MT4」という便利なツールが使える!
◆取引手数料0円
◆レバレッジ最大25倍

 

ビットコインFXは初心者でもできる!

ビットコインFXの特徴は何なのか、どういう仕組みになっているのかを理解していれば、ビットコインは怖いものではありません。
「MT4」などの便利ツールもあって、初心者のハードルは低くなっています。
「信用できる取引所を利用する」、「安いときに買って高いときに売る」などの基本をおさえ、リスクも踏まえた上でビットコインFXを楽しみましょう!

 

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿