仮想通貨Particl(パーティクル/PART)の特徴、価格、取引所、将来性は?

「Particl(パーティクル)」はビットコインに「Confidential Transaction(機密トランザクション)」を構築した初の分散型プラットフォームです。

今回は、仮想通貨の取引で通常使用されるプライバシー保護をさらに強化したコンフィデンシャルトランザクションを構築するParticlについて解説します。

商取引や個人取引を独自のシステムで保護。Particlの特徴とは

Particlは第三者の介入を必要とすることなく、高い匿名性をもって商取引や個人取引さらにメッセージのやり取りを行うための仮想通貨です。

Particlに使用されている匿名性を高めるシステムは「Ring Signature(リングシグネチャー/リング署名)」と呼ばれる取引方式が使われています。リング署名とは、多くのパブリックキー(公開鍵)やプライバシーキー(秘密鍵)を束ねることで、実際に使用されたキーを特定できなくする匿名性を向上させる技術です。

Particlプロジェクトが発足するまでは、前身の「ShadowCash(シャドーキャッシュ)」と呼ばれる仮想通貨が存在していましたが、ShadowCashプロジェクトチームに新しいメンバーを加えParticlプロジェクトがスタートした経緯を持っています。ShadowCash同様に匿名性は変わることなく、基本的人権であるプライバシーを最大限に保護するというコンセプトのもと発行されたのがParticlです。

Particlが提供するサービスの中には「マーケットプレイス(個人・企業問わず自由に参加できる電子商取引)」や「チャットシステム」などがあり、これらのサービスは高い匿名性を備えた高セキュリティーなシステムで安心して利用できる事が最大の特徴だといえます。

さまざまな仮想通貨の中にはマーケットプレイスを提供する通貨も存在しますが、Particlにおいては匿名性の高さで一歩先を行く特徴を持った仮想通貨です。

取引所依存のシステムを変革するParticlの将来性の展望とは

Particlの最大の魅力は、仮想通貨やトークンを違った通貨に交換する場合及びプライベートな会話などの利用時、第三者の介入を必要としない事です。

通常の仮想通貨の場合、別の通貨に交換する時、一旦取引所に通貨を送る必要があります。当然リスクとして、カウンターパーティリスク(倒産リスク)や送信手数料の負担などが発生します。

Particlは、カウンターパーティリスクや手数料負担などを削減できる、分散型自動取引執行システムが利用できる魅力的な通貨です。

またコンフィデンシャル取引は、取引に参加した者及び指定された者のみに金額が表示され、転送された通貨以上を費やすことなく取引できる保証を行っている、取引の効率化と安全性に重きを置いた取引方法です。暗号化された通貨の匿名性はもちろん、直接メッセージを送信したりグループチャットを利用した内容は、プラットフォーム内のDSNに保管され解読することが困難になる事でプライベートが守られます。

さらにシステムにPoS「Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)通貨の保有量に対して新たに通貨を付与するシステム」を採用しており、初年度は5%の報酬を受け取る事ができます。2年度目からは1%ずつ減少し4年目の2パーセントに達するまで続きます。受け取れる報酬はParticlのPARTトークンでステーキングすることで受け取る権利を行使できます。

仮想通貨取引所に依存することなく高い匿名性で高プライバシー機能を提供するParticlは、将来性がある優れた仮想通貨といえるでしょう。

仮想通貨Particl(パーティクル/PART)の価格は?

Particlは2017年7月より取引されており、およそ7USDの高値でスタートしています。その後8USD前後の価格で推移しましたが同年12月に入ると徐々に上昇をはじめ18USD前後の高値を更新しています。

2018年1月に入ると、クロスブロックチェーン転送と取引プロトコルに焦点を当てた研究のためUC Berkeleyとパートナーシップを締結。この影響が通貨価格にも反映し、上昇を続けた通貨価格は32USD前後と一カ月で2倍の高値をつけ躍進しています。

この情報が発信された直後には取引開始以来の最高値である50USDほどの値をつけました。数日で上昇前の32USD前後に落ち着き、その状態を維持しています。

取引当初からの全体的なチャート推移は、落ち着いた上昇傾向であり市場の期待が大きいことを表わしていると言っていいでしょう。他の仮想通貨の影響を受け大きな下げ幅を見せることもありますが、全体的なイメージは極端なものではありません。通貨の価格が高いことが期待されている証拠ではないでしょうか。

Particlの時価総額は2018年2月21日時点で、約200億円であり、1PART=約2,200円前後で推移しています。

仮想通貨Particl(パーティクル/PART)を扱う取引所は?

2018年2月時点において、日本国内の取引所では購入できません。

そこで、日本に存在する取引所に登録してビットコインを購入する必要があります。その後、ビットコインを海外の取引所に送金してParticlを購入します。

Particlを扱う海外の取引所は以下の通りです。

Bittrex(ビットレックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。アルトコインは200種類以上。

HitBTC(ヒットビーティーシー)
イギリスの大手仮想通貨取引所。ICO直後の仮想通貨も取引できる。

Binance(バイナンス)
中国の大手仮想通貨取引所。日本語にも対応している。

 

しかし、基本的に海外の取引所を利用する時は大きなリスクが存在することを理解しておくことが大切です。自らできるリスク対策は最大限に行ってから取引してください。

海外の取引所への登録を完了するとParticlを購入でき、将来性豊かな仮想通貨の利便性を実感できるでしょう。

取引に強力な匿名性と効率化を提供するParticl

インターネットによる個人間や企業間の電子商取引は増加する一方、匿名性に重点を置けば効率が悪くなるといった改善が難しい問題は多々あります。そんな中どちらも兼ね備えた仮想通貨としてプロジェクトがはじまったParticlは、機密トランザクションを構築することで匿名性を確保しさらに分散型自動取引執行システムなどを利用することにより安全で効率的な取引を可能としています。

従来の取引所を介する通貨同士のやり取りを、変革することによってカウンターパーティリスクの削減や送信手数料の低コスト化を実現しています。あらゆる仮想通貨においても、安全性と匿名性を確保するべく日々研究開発がなされていますが、一歩先を行くParticlによるシステムを利用できることはユーザーにとって実に喜ばしいことです。

多様な仮想通貨が現れては消えてゆく中、利用するユーザーの立場に立った優れた通貨を見極めることは大切なことです。多くの市場参加者から期待される存在Particl、購入してみるのもいいかもしれません。

おすすめ記事

この記事に関連するタグ

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!