その他(仮想通貨)

仮想通貨ループリング(Loopring/LRC)の特徴、将来性、価格、購入方法は?

ビットコイン高騰に端を発した仮想通貨トレンドは、日々その種類を増やすことで市場規模を拡大してきました。種類の増加と共に、仮想通貨にはそれまで持たなかった機能を持つものが求められるようになりました。

Loopring(ループリング)はそのような声に応えるように誕生した分散型自動取引システムです。イーサリアムをベースにした独自のトークンも発行しており、通貨記号はLRCです。以下ではLoopringの特徴や将来性、価格、購入方法を紹介します。

分散型自動取引システム。仮想通貨ループリング(Loopring/LRC)の特徴とは?

Loopringとは

Loopringとは分散型自動取引システムであるとともに、このシステムを持つように設計されたトークンのことです。イーサリアムをベースにして設計されており、ブロックチェーンに依存することなく取引検証の正当性を確保することができるようになっています。

Loopringはカウンターパーティリスクに強く、仮想通貨取引のコストが低いという特徴があります。

カウンターパーティリスクの軽減

カウンターパーティリスクとは、契約満期前に取引相手の契約履行が不能に陥ることで、契約によって見込まれていた利益が得られなくなるリスクのことです。

仮想通貨取引は2014年に起きた、マウントゴックス社のビットコイン消失事件を皮切りに、様々な形で仮想通貨が失われることがありました。このような事件で取引相手が支払い不能に陥るごとに、仮想通貨のユーザーはその損失を自身で担わなければなりませんでした。このような取引リスクを軽減させた金融システムを構築するためLoopringは誕生しました。

「分散型取引所(DEX)」取引所対応

仮想通貨取引所には「中央集権型取引所」と「分散型取引所(DEX)」があります。「中央集権型取引所」とは中央管理者が仮想通貨を一手に担って取引を行うタイプの取引所です。

これに対して「分散型取引所」は中央管理者を必要としない取引所です。仮想通貨が持つ「ブロックチェーン」のネットワークを利用して、ユーザー自身が仮想通貨を保有したまま取引を行います。

そのため「分散型取引所(DEX)」では「中央集権型取引所」にあった、ハッキングによる仮想通貨の流出や倒産などによる支払い不能のリスクを軽減することができます。Loopringではこのようなカウンターパーティリスクを軽減させるため、「分散型取引所(DEX)」に対応しています。

仮想通貨市場の取引コスト

「分散型取引所(DEX))の利用を可能にしたことで、Loopringは取引コストの低減に成功しています。仮想通貨はその流通の情報を「ブロックチェーン」に記載します。

そして、取引を行う際にはこの情報を解析して検証を行います。この「マイニング」と呼ばれる作業は多くのマシンパワーや電力が必要なのですが、特に仮想通貨の流通量が増大した2017年以降は「マイニング」にかかるコストは大きな問題となりました。

Loopringは「ブロックチェーン」に依存するシステムを採用しないことで「マイニング」にかかるコストを軽減させました。loopringでは流通ネットワーク上に「RingMiner」を置くことで、集中的にネットワークの検証を行います。

このネットワークはLoopring独自のメカニズムによって、仮想通貨の注文同士を繋ぎあわせて最適化されたものです。最適化されたネットワークは「Order Ring(オーダーリング)」と呼ばれ、輪を描くように取引を繋いでいきます。

安全な決済方法

Loopringは上記のようにして検証を済ませた後に、ウォレットからの支払いを行うことができます。注文者はオーダーを送信し、適合した取引の表示がされてからトークンを支払う事ができるので、倒産などのリスクや取引サービスを機能停止に追い込む「DDOS」などの攻撃に強いシステムです。

さらに、Loopringではゲーム理論を採用することによって取引の結果を最適化するように働くため、取引開始直後などの価格の急騰や下落にも対処ができるようになっています。また、Loopringは独自で発行しているトークンのネットワークだけでなく、ブロックチェーンが自動取引をサポートしているならば実装することができます。

また、自動取引をサポートしたブロックチェーンを持っている通貨であるならば、Loopringが直接交換することのできない通貨であっても、ERC20トークンを介することで交換が可能です。

仮想通貨ループリング(Loopring/LRC)にはどのような将来性があるか

Loopringは取引開始直後にその機能の全てを発揮するシステムではありません。そのため、流通量が大きくなり、安定的な取引が仮想通貨により求められるようになると共に人気が高まることが考えられます。

公開直後の2017年08月から12月の間では大きな価格の変化はありませんでした。これから先、機能性トークンや取引の安全性などで、他仮想通貨との差別化が進み、流通量が大きくなることが期待できます。

また、仮想通貨取引市場が成長すると、セキュリティやネットワークの透明性がさらに求められるようになることが予想されます。Loopringが可能にした分散型の取引は「中央集権型取引所」が持つリスクを避けることができるため、今後大きな注目を集める将来性があります。

仮想通貨ループリング(Loopring/LRC)の価格はどのくらい?

2018年02月15日の段階で、時価総額は389,237,438ドル、発行上限枚数は14億枚です。1LRCあたりの価格は0.6921ドルで、24時間あたりの取引高は1,862,743ドルです。

2016年にLoopringのコンセプトが誕生し、2017年08月に市場にトークンが販売されるようになりました。取引は同月1LRCあたり0.1650ドルの価格からスタートします。

取引開始後、すぐに少し値下がりしました。同年09月に大手仮想通貨取引所である「hitBTC」に掲載され本格的に市場で流通しはじめます。その後11月には1LRCあたり2ドル台にのりました。2017年のLoopringの取引は、価格が大きく上下することはないものの安定的に成長し続けました。

仮想通貨ループリング(Loopring/LRC)の購入方法は?


Loopringの取扱店舗は国内にはありません。購入する場合には海外の取引所を利用することになります。海外の取引所では円建てではなくビットコイン建てなどで購入することになるため、あらかじめビットコインを手に入れ、取り扱いのある海外取引所に送金しましょう。

取り扱いのある海外有名取引所は以下の通りです。

BINANCE(バイナンス)
中国の仮想通貨取引所。日本語にも対応しているため、日本人でも使いやすいのが魅力。

HitBTC(ヒットビーティーシー)
イギリスの仮想通貨取引所。ICO仮想通貨に強い。

YoBit(ヨービット)
2014年に設立された取引所。草コインと呼ばれるマイナーアルトコインを多数取り扱っている。

分散型取引所の発達で仮想通貨ループリング(Loopring/LRC)は成長が期待できる

2017年頃は取引所の多くが「中央集権型取引所」として仮想通貨取引をおこなっていました。

その中でLoopringはイーサリアムをベースにしたトークンとして2017年に市場に登場したデジタル・トークンであり分散型自動取引システムです。これはカウンターパーティリスクやマイニング費用の高騰など、仮想通貨市場が拡大とともに抱える問題を解決し、流通性の高い新たな金融システムを生み出すことが目的でした。

このような仮想通貨市場の求めに応じて生まれたLoopringは「中央集権型取引所」の取引で生じるリスクに対応ができる機能を持っています。その点から「分散型取引所(DEX)」の成長と共に取引量が増えてくる事が考えられる銘柄です。

特に仮想通貨に求められる安全性と取引情報の透明性についてLoopringは高い信頼性を示すことができる機能を持っています。これからLoopringが持つ分散型取引所プロトコルが様々な通貨で使われるようになるとともに、市場での価値が高まるかもしれません。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!