仮想通貨ZenCash(ゼンキャッシュ/ZEN)の特徴、価格、取引所、将来性は?

さまざまなものが登場している仮想通貨は、その特徴や内容の違いが分からない人も多いかもしれません。

そこで、ここでは「ZenCash(ゼンキャッシュ/ZEN)」について解説します。仮想通貨に興味を持っている人は情報の一つとして役立ててみてはいかがでしょうか。

仮想通貨ZenCash(ゼンキャッシュ/ZEN)の特徴とは

ZenCashは、2017年3月9日に公開された仮想通貨で、通貨単位は「ZEN」です。ZenCashは日本語では「ゼンキャッシュ」と読みます。

ZenCash Treasuryファンドの資金は非営利団体である「Zen Blockchain Foundation」によって管理され、システム開発や維持に利用されています。

ZenCashは、ブロックチェーンによってメタデータを漏洩の危険から守りながらプライベートな通信を可能にすることが特徴のひとつです。分散ノードとセキュアノードによって追跡不可能な方法で通信を中継し、それによって匿名での通信を世界中で可能にします。

また、ZenCashは、ブロックチェーン上で1対多数でのプライベートな通信も可能です。この機能によって、プライバシーを保護しながら個人の価値を世界中に広めることができるという特徴も備えています。

仮想通貨ZenCash(ゼンキャッシュ/ZEN)の将来性について

ZenCashは主に3つのことにポイントを置いて運営されています。
資金と多言語での国際的な文書、そしてグローバル・ガバナンスです。

信頼できる資金提供が望めるため、継続的なシステムの改善やその維持が期待できます。多言語を用いての文書にグローバルなガバナンスで、世界中を視野に入れることが可能です。

また、ZenCashは「IPFS」との統合で従来より柔軟性のあるネットワークの構築も可能にします。「IPFS」とは、Juan Benetが構築したシステムでInterPlanetary File Systemを略したものです。直訳すると「惑星間ファイルシステム」と呼ばれるIPFSは、HTTPの欠点を取り除いた新しいネットワークシステムといわれています。

これによって、従来よりオープンでありながら高いセキュリティでの通信が期待できるでしょう。

将来性が分かっても、仮想通貨はなかなか現実的な利用が考えられないという印象を持っている人も多いかもしれません。しかし、この疑問は「UQUIDカード」によって解決が可能です。

「UQUIDカード」はVISAブランドを持つデビットカードで、VISAの加盟店または対応しているサービスであれば支払いができます。デビットカードは通常、銀行口座と直結しているものと個別にチャージするものなどがありますが、「UQUIDカード」は仮想通貨でのチャージを可能にしています。

2017年の時点ではZenCashの利用はまだ確認できていませんが、日々対応可能な仮想通貨が増えていることを考えれば、ZenCashがリアルな生活で利用できるのもそう遠くはないかもしれません。

仮想通貨ZenCash(ゼンキャッシュ/ZEN)の価格は?

 

ZenCashの時価総額は2018年7月時点で140億円ほど、1ZEN=約3,300円です。
2017年の12月には一気に5,000円を突破しましたが、2018年に入ると下降してしまいました。

これはビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨市場全体の低迷に連動した推移となっているようです。

仮想通貨ZenCash(ゼンキャッシュ/ZEN)を扱う取引所は?

2018年2月現在、日本国内の取引所にはZenCashの取り扱いがありません。
ZenCashを購入できるのは海外の取引所のみとなります。

ZenCashの取り扱いがある主な海外の取引所は以下の通りです。

Binance(バイナンス)
世界最大とも言われる中華系の仮想通貨取引所。独自トークンであるバイナンスコインでも有名。

OKEx(オーケーイーエックス)
中国発の大手取引所。300種類以上の取り扱い通貨を誇る。

Bittrex(ビットレックス)
アメリカの大手仮想通貨取引所。アルトコインは200種類以上。

Cryptopia(クリプトピア)
ニュージーランドの大手仮想通貨取引所。取引手数料が安い。

Zen Cashは新しいネットワークが期待できる仮想通貨

仮想通貨は、それぞれに特徴があります。

生活に密接なサービスを行っているものもあれば、流通や商品開発であったりと一部の業界に特化したものなども見られます。どのような仮想通貨に投資し、または購入するかは、その仮想通貨の特徴や特性、さらにはその開発や運営のもととなる資金の運営法に将来性など、多岐にわたって情報を得ることが重要と言えるでしょう。

ネットワークに特化した開発やサービスを行っている仮想通貨は多く、ZenCashもその一つです。特にHTTPではなくIPFSという新しいネットワークの構築をベースとしているZenCashは、今後の発展が期待できると言えそうです。

関連記事

大手仮想通貨取引所バイナンスにZenCash(ゼンキャッシュ/ZEN)が上場!

大手アダルトサイト「Pornhub」にてトロン(TRX)とゼンキャッシュ(ZEN)対応開始!

仮想通貨ZenCash、初のミートアップが東京で開催

この記事に関連するタグ

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。