韓国版イーサリアムともいわれる仮想通貨ICON(アイコン/ICX)の特徴、価格、将来性、取引所は?

仮想通貨はビットコイン(BTC)だけでなく、将来有望なアルトコインたちによってその存在が支えられています。

ICON(ICX)もまた、その将来に期待されているトレンド通貨の1つです。ほかの通貨にはない魅力的なシステムと特徴が認知されれば、ICONは今後価格を高騰させていくかもしれません。

これを機にICONの将来性をチェックして、その価格の推移に注目してみてはいかがでしょうか。これまでのチャートや売買できる取引所などの情報を紹介します。

ICON(アイコン/ICX)の特徴とは?

韓国のイーサリアムと呼ばれる通貨

ICONは2017年に韓国発のICOとして注目され、プレセールでは完売を記録した人気通貨です。同年9月に公開された際には大きな話題となり、近年では「韓国版イーサリアム」と呼ばれるほどの知名度を誇っています。

単位は「ICX」で表され、最大発行枚数は400,230,000ICXと非常に豊富。多くのブロックチェーンやコミュニティをつなぐ存在として、今後世界的に普及していく可能性があるといえるでしょう。

マイニングではなく一部のユーザーが発行を決めるシステム

ビットコインなどとは異なり、ICONは新規通貨のマイニングを行うことができません。その代わりC-repと呼ばれる代表者たちによって協議が行われ、毎年発行枚数が決定されるシステムを取っています。

高級なマシーンを使わなければまともにマイニングができず、某大な電気量も問題となっている昨今では、ICONのスタイルを好むユーザーは多くなるでしょう。

仮想通貨のマイニングを億劫に感じている人は、ICONの方が新規通貨を獲得しやすくなるかもしれませんね。

独自のブロックチェーンICON Nexusが魅力

ICONは、独自の魅力を持つブロックチェーン「ICON Nexus」を世界に公表していることでも有名です。
ループチェーンを基にしたICON Nexusは、さまざまなコミュニティやブロックチェーンをつなぐハブのような役割を担います。

個別のブロックチェーンに留まらないグローバルな展開を促すので、ICONによって世界中の仮想通貨プラットフォームが連携しやすくなるかもしれません。

スマートコントラクト技術SCOREに注目

ICONが韓国版イーサリアムと呼ばれる理由の1つに、独自のスマートコントラクト「SCORE」の存在があります。スムーズな契約と信頼できるユーザー同士による取引が可能となるので、さまざまな企画がICONで実行されるようになるでしょう。

SCOREはイーサリアムのように、新規のアプリケーションを開発するステージとしても利用ができます。ICOを展開するプラットフォームとして使えるため、今後はICONによって独創的な仮想通貨が世の中に発表されていくこともあるでしょう。

ICON(アイコン/ICX)の将来性は?

あらゆる現場とつながっていく

ICONは2018年現在、あらゆる事業との間に独自のコミュニティを形成していると発表しています。

銀行、証券、病院、大学といった機関とブロックチェーンによってつながっていければ、それぞれの場でICONによるスムーズな支払いが実現するでしょう。ブロックチェーンによる決済は安全性も高いため、現実における大きな契約にも安心して利用できます。

またコミュニティ内の情報は自由にやりとりできるので、それぞれの場所で個別に登録や管理を行う必要もなくなるとのこと。ICONは日々利用している機関を1つにまとめあげる、優秀なプラットフォームとして機能していくかもしれませんね。

ICOへの投資通貨として

ICONには、仮想通貨のICOを行える基盤が作られています。新しい事業やサービスのICOをスタートさせたいと考えているユーザーにとっては、選択肢の1つとして数えられることでしょう。

ICONで発表されたICOには、当然ICXによる投資が可能となります。人気のICOが増えていけば、自然とICXの価格は高騰していくことが予想できるでしょう。

将来的にはイーサリアムのライバルとして、ICONが世間に認知されることがあるかもしれませんよ。

ICON(アイコン/ICX)の取引価格は?

2018年は波乱の年になる?

ICONは2017年の9月に一般公開されてから、少しずつその有用性をアピールしてきました。その結果2018年1月には1ICX=40円程度だった価格が、いっきに1400円以上にまで跳ね上がります。

およそ30倍もの価格高騰は、多くの投資家に期待を持たせることになったでしょう。時価総額も15位前後を記録し、ICONのポテンシャルを世界中に披露することができました。

しかしそのまま順風満帆に進むかと思いきや、その後は徐々に価格が落ち込み、4月現在は1ICX=200円前後に落ち着いてしまっています。それでも時価総額は4月の段階で37位と高めで、まだまだ独自の存在感を持ち続けているといえるでしょう。

ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨の変動に伴った値動きが見られるため、ICONへの投資を考えている方は仮想通貨のトレンドとともにチェックしておくと良いでしょう。

NEOの価格を見ればICONにも期待できる

中国版イーサリアムとも呼ばれている仮想通貨「NEO」の存在も、ICONの将来性に期待させる1つの要因となっています。ICONと同じようにスマートコントラクトとICOのプラットフォームとして利用されているNEOは、2018年4月の段階で時価総額9位を記録している人気通貨です。

現在複数のICOがNEOによって公開されていく予定があるので、価格や時価総額はさらに高まると予想できるでしょう。NEOの評判を見ると、似た性質を持つICONもまた同じようにその価値を高めていくと考えることができます。

2018年以降のICONは、取引価格をこれまでにない単位まで押し上げるかもしれません。

ICON(アイコン/ICX)を扱う取引所は?

中国や韓国の取引所で売買可能

ICONは韓国発のアルトコインであるため、韓国国内と中国の取引所で主に売買が行われています。2018年4月現在日本では売買ができないので、興味のある人は以下の取引所から探してみるといいでしょう。

Binance(バイナンス)
いわずと知れた世界規模を誇る中国の仮想通貨取引所。
2018年4月現在6割近い取引高を記録しているので、ICONを売買するのならBinanceは要チェックです。

Bithumb(ビッサム)
韓国では最大の市場規模を持つ取引所として知られ、仮想通貨全体の取引量も世界でトップクラスを記録しています。
当然国内のアルトコインであるICONもしっかり売買可能です。

Upbit(アップビット)
豊富な通貨数とペア数が魅力である韓国の取引所。
アメリカの大手取引所Bittrexと提携していることから、ICON以外の目的で利用されることも多いようです。

Huobi(フオビ)
香港に拠点を持つ仮想通貨取引所。
ICONを含む80種類以上の通貨数によって、充実した取引を楽しめるでしょう。

OKEx(オーケーイーエックス)
こちらも香港を拠点とした取引所で、アルトコインの多さは他の取引所に引けを取らない規模を誇ります。中国ユーザーとUSDを利用するユーザーを分けて取引を行っているため、スームズな売買が行えると評判です。

HitBTC(ヒットビーティーシー)
草コインに強い取引所として知られ、ICOを成功させたばかりの通貨も積極的に取り扱う傾向にあります。
ICONはもちろん、これからのICOに興味がある人はチェックしておきましょう。

Gate.io
新参の通貨に敏感な取引所であるGate.ioでは、ICONだけでなく将来性の高い通貨の上場に常に気を配っています。他の取引所に上場する前にあらかじめGate.ioで投資しておけば、大きな利益になるかもしれませんよ。

まだまだ取引所への上場はありえる

ICONは上記以外にも、いくつかの取引所で売買が行われています。しかしアメリカや中国以外のアジアにはまだ浸透していないので、これからの発展に期待したいですね。

新しく有名取引所に上場するようなことがあれば、ICONの価格は再度伸びていくことでしょう。

ICON(アイコン/ICX)はイーサリアムに対抗する通貨になるかも!?

アルトコインICONは、まだ売買が始まって間もない通貨です。しかしそのポテンシャルは十分であり、これから多くの投資家たちによって取り扱われていくことでしょう。

今のうちに投資をしておけば、いずれ高い利益を与えてくれるかもしれませんよ。イーサリアムに対抗できるほどに成長する可能性を秘めたICONの今後には、ぜひ注目しておきましょう。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰