その他(仮想通貨)

初心者必見!仮想通貨のチャートを見よう。オススメのチャート3選

絶え間なく金額が変動し続けるビットコイン。特にここ数日では上昇と下落を繰り返し、この先の動向から目が離せません。
いつ、なにが起こるかわからないのが仮想通貨。その動向を把握しておくためにも、いつでもどこでも気軽にチャートをチェックをしたいところです。
そのために、リアルタイムのチャートを簡単に確認できるおすすめのサイトをまとめました。

今の動向は!?リアルタイムでチャートを確認しよう!

リアルタイムの価格をチェックするなら、少しの時間でもロスはしたくないですよね。主な仮想通貨取引所のなかから、チャートの見やすさや操作性が良いものをピックアップしました。

bitFlyer(ビットフライヤー)

日本最大級の取引量を誇るビットフライヤーでは、目的に合わせてチャートを使い分けることができます。通常の「チャート」は通貨を買う場合に適しています。高機能チャートの「bitflyer lightning」はインジケーターを表示させるたり細かくデータを見ることができるため、トレード向き。チャートを大画面表示させることができ、見やすさも魅力です。
アプリでも通常のチャートとlightningの両方を見ることができます。

Coincheck(コインチェック)

「日本で一番簡単にビットコインを買える取引所」と、謳っているコインチェック。初心者でも簡単に安心して取引ができると注目されています。その理由の一つにも挙げられるのが、チャートの見やすさ。上記のリンクから見られるのはビットコインとイーサリアムの簡易的なチャートが閲覧でき、「トレードビュー」機能ではコインチェックが取り扱う通貨全12種類のチャートが閲覧できます。しかしチャート上から取引できるのは現在はビットコインのみとなっています。
スマホアプリではログインをしなくてもチャートの価格が確認できたり、ローソク足が見ることができたりするだけでなく、ウィジェットに設定すれば価格の変動率も確認できる優れもの。取引画面が見やすく、操作性◎なのも特徴です。

Zaif(ザイフ)

コインの積み立てができること、ハードウェアウォレットを取り扱っていることが特徴のZaif。ウェブ上で見られるチャートは、さまざまなインディケーターをチャート上に表示し、さらにラインを引くなどの描写をすることも可。描写をおこなったチャートデータは、名前をつけて保存することもできます。取り扱い仮想通貨はビットコイン、ネム、モナコイン、ビットコインキャッシュ。そのほか8種類の独自通貨(トークン)のチャートも閲覧可能です。

使い勝手はさまざま!ピッタリなものを探そう

仮想通貨取引のベースとなるリアルタイムチャート。いかに使いやすく、見やすいかで選ぶことが大切です。取引所やウォレットを複数活用することでリスクの分散をするなど、戦略をもって取引をおこないましょう。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿