仮想通貨とは?チャート、種類、仕組み、マイニング、税金について徹底解説【最新版】

今までの常識を覆す通貨とも言える仮想通貨。その仮想通貨は世界中で注目を集めており、さまざまな人が仮想通貨に投資されています。日本でも世界と同じように注目されており、政府も金銭的価値がある通貨として認識しています。

今回はこの仮想通貨について、いったいどのような仕組みで動いていて、利用するメリットはあるのかどうか、仮想通貨で利益を得た場合の税金はどうなるのか、といったことについて詳しく紹介していきます。

目次

仮想通貨チャート・最新価格・相場

仮想通貨の気になる最新価格を紹介します。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)チャート・最新価格・相場

 

イーサリアム(Ethereum/ETH)チャート・最新価格・相場

 

ライトコイン(Litecoin/LTC)チャート・最新価格・相場

 

※表示は円建て(LTC/JPY)ではなく、ドル建て(LTC/USD)となっております。ご注意ください。

リップル(Ripple/XRP)チャート・最新価格・相場

 

 

ネム(NEM/XEM)チャート・最新価格・相場

 

※表示は円建て(XEM/JPY)ではなく、ビットコイン建て(XEM/BTC)となっております。ご注意ください。

モナコイン(Monacoin/MONA)チャート・最新価格・相場

※表示は円建て(MONA/JPY)ではなく、ビットコイン建て(MONA/BTC)となっております。ご注意ください。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)チャート・最新価格・相場

 

※表示は円建て(BCH/JPY)ではなく、ドル建て(BCH/USD)となっております。ご注意ください。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)チャート・最新価格・相場

 

※表示は円建て(ETC/JPY)ではなく、ビットコイン建て(ETC/BTC)となっております。ご注意ください。

リスク(Lisk/LSK)チャート・最新価格・相場

 

ファクトム(Factom/FCT)チャート・最新価格・相場

仮想通貨とは

私たちが日常的に使っている日本円は実体が物理的に存在する法定通貨です。それに対して、仮想通貨は物理的な実体が存在しない通貨のこであり、暗号通貨とも呼ばれています。

実体が存在しないものと言うと電子マネーも含まれますが、仮想通貨と電子マネーは全く異なります。電子マネー「Suica」だと東日本旅客鉄道が発行しているなど、発行母体や管理者が必ず存在しますが、仮想通貨は中央管理者を持ちません。

また、法定通貨は国内や世界の経済に合わせて発行枚数を増やすことがありますが、仮想通貨は発行枚数があらかじめ定義されており、定義された発行枚数以上を追加で発行することはできなくなっています。

日本における仮想通貨の定義

仮想通貨が有名になる前までは、通貨の一つとして定義されていませんでした。

しかし、仮想通貨への注目が集まり始めた2017年に新たに「改正資金決済法」という法律が施行され、その中に仮想通貨に関する法律も制定されました。

仮想通貨とは、⑴物品購入・サービス提供を受ける場合に、代価の弁済のために不特定の者に対して使用できるもの、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却ができる財産的価値で電子情報処理組織を用いて移転できるもの。⑵不特定の者を相手方として⑴と相互に交換を行うことができる財産的価値で、電子情報処理組織を用いて移転できるもののいずれかをいうとされています(法2条5項)。預金や債券などの通貨建資産は、上記の定義から除かれます(法2条6項)。また、前払式支払手段やポイントといった特定の加盟店などで使用できるものも上記の定義から除かれます。

改正資金決済法施行 -仮想通貨の法的規制-

仮想通貨の仕組み

仮想通貨は、仮想通貨を実現するために誕生したブロックチェーン技術が使われています。

また、それにともない別にマイニングハードフォークなど別の仕組みも提供されているのでそれぞれ解説していきます。

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは簡単にいうと仮想通貨の取引を監視する台帳システムのことを言います。

この台帳はインターネットに繋がっていれば誰でもこの台帳を使うことができ、世界中どこからでも仮想通貨の取引を見て監視することができます。

しかし、法定通貨の場合、仮想通貨で言う台帳は銀行などの一部の組織しか監視することができません。

このブロックチェーン技術こそが価値のある仮想通貨を実現している基盤技術であり、あらゆる取引を不特定多数の誰かにランダムに監視させることで不正な取引をキャンセルさせられるほか、正常な取引のみを承認することもできます。

マイニング

先程のブロックチェーンで解説した、「取引を監視する」ということですが、この取引を監視して承認を行なうことを仮想通貨ではマイニングと言います。ブロックチェーンの台帳を監視するのは目視で行うのではなく、専用のソフトウェアを使って行います。

その専用のソフトウェアを用いて複雑な計算をすることで、取引が正常なものかどうか判別し、計算結果が間違っていた場合は不正な取引として非承認になります。

このマイニングは非常に負荷が高く大量の電力を消費しますが、そのかわりに取引の承認作業を行った方に、報酬として設定された仮想通貨が支払われる仕組みになっています。

BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア
BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア
BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア
BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

ハードフォーク

ハードフォークとは、簡単に説明すると大幅な仮想通貨の仕様変更のことを言います。

ハードフォーク前の仮想通貨とハードフォーク後の仮想通貨では互換性がなく、何も処置が行われないと、ハードフォーク前の仮想通貨を持っていた方に不利益が被ってしまうため、必ず新しい仮想通貨が発行され、予め定められたレートで分配されることが一般的です。

BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

仮想通貨の仕組み、ブロックチェーンやマイニングについて分かりやすく解説します。…

あわせて読むとオススメ

国内の仮想通貨取引所おすすめランキング決定版

仮想通貨のメリット

仮想通貨には日本円などの法定通貨にはないメリットを数多く兼ね備えています

そこで、仮想通貨とはどれくらい優れたものなのかを知ってもらうために、仮想通貨ならではのメリットを紹介していきます。

送金が早い

一番のメリットは送金が早いということです。一般的に銀行やATMから送金する際、同一銀行間で日中であれば即日送金されるケースも多いですが、営業時間外の送金となると翌営業日にならないと着金しないということが一般的です。

しかし、仮想通貨であれば最短で数秒、ビットコインのような世界中で数多くの送金が行われている仮想通貨でも30分~1時間あれば24時間いつでも着金します。

また、海外への送金でもこの送金速度を出すことができるため、本来なら着金まで数日かかる海外送金も仮想通貨であればわずか数十分で着金させることが可能です。

手数料が安い

二つ目のメリットは送金などの取引などにかかる手数料が非常に安いということでしょう。例えばATMからの送金だと、最低でも100円(+税)が手数料として徴収されることが普通ですが、仮想通貨であればわずか数円~数十円しか送金手数料がかかりません。

もちろんこちらも海外に送金する場合だけ手数料が跳ね上がるということもなく、海外の仮想通貨口座に送金しても手数料は非常に安いままになります。

極論を言ってしまうと、仮想通貨の口座は国内海外の概念が存在しないため、インターネット環境さえあればどこからでも同じように扱うことができます。

少額から投資できる

株取引に参加する場合は、100株単位で取引することが一般的であるため、現物取引を行う場合は最低でも数万円は必要になります。一株数万円するような銘柄だと最低でも数百万円必要ということになります。

しかし、仮想通貨であればそのような決まりは全く存在しません。仮想通貨そのものが実体のないデジタルデータであることを利用して、細かく少数単位の枚数で投資することができます。

そのため仮想通貨の場合は最低取引枚数が1枚や100枚ではなく、0.001枚のようにかなり細かく刻まれているため、原資が数百円しかなかった場合でも仮想通貨に投資することができます。

24時間365日、取引できる

こちらも株や為替にはない仮想通貨ならではの大きなメリットです。

株や為替の取引時間は必ず決まっており、その時間内しか活発に取引することができません。一応、株の場合はリスクは高いものの取引時間外でも取引できる夜間取引(PTS取引)が用意されていますが、仮想通貨の場合はいつ取引しても基本的なリスクが変わらない投資対象となっています。

そのため、日中は仕事が忙しいから遅い時間しか取り引きすることができないという場合でも問題ありませんし、朝早く起きたから少しだけ取引を行うということも可能です。

あわせて読むとオススメ

国内の仮想通貨取引所おすすめランキング決定版

仮想通貨のデメリット

仮想通貨に限らず、メリットがあるということは必ず何かしらのデメリットが存在するということです。もしこれから仮想通貨に投資しようと思っている場合、これから解説するデメリットを押さえておくことでより上手に取引できる可能性が高まるため覚えておくと良いでしょう。

価格変動が激しい

株であれば、ストップ高ストップ安のように1日あたりの変動幅が制限されています。1日で大幅な変動が起きて想定以上の損失を被らないように定められているストッパーですが、仮想通貨にはこのストップ高やストップ安といったストッパーが存在しません

そのため、1日で前日比300%の高騰が起きることも絶対にないとは言い切れず、逆に前日比95%の下落が起きることがないという保証もありません。

これらはかなり極端な例ではありますが、1日で20%以上も上下することは珍しくなく、ほとんどの取引所はこのような価格変動に備えることができる「逆指値」という取引手法がほとんどの取引所では用意されています。

損失を抑えるために必ず覚えておきたい取引手法ですので、用語だけでも必ず覚えておきましょう。

BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

ハッキングの可能性がある

仮想通貨は銀行を通さずに取引することができるため、良くも悪くも足がつきにくい通貨です。

そのためその仕組みを悪用して仮想通貨取引所をハッキングしようとするハッカーが多く、セキュリティ対策ができていないマイナーな取引所が被害に遭ったことがあります。

取引所がハッキングにあっても、取引所側が被害を負担してくれることがありますが、盗まれた仮想通貨の合計金額があまりにも多かった場合は補填が効かずに損失を被ってしまう可能性があります。

このようなハッキングリスクは、取引所に仮想通貨を預けるのではなく各自でウォレットを用意して保管しておくことで避けることができるトラブルですので、取引所を過信しすぎずにいつ何が起きてもいいように備えることを覚えておきましょう。

法律による規制

仮想通貨に関する法律がしっかり定められている国は現状あまりありません。

日本も例外ではなく、現在進行形で仮想通貨に関する法律の制定が進められています。

また、国によって仮想通貨をどのように扱うかはさまざまであり、仮想通貨そのものを禁止する国や、日本のように一部の仮想通貨のみを承認する国があります。

その法律で特定の仮想通貨のみが規制された場合、その仮想通貨を投資家が投げ売って一時的に暴落してしまう可能性があるため、急な暴落で焦らないように覚えておくと良いでしょう。

仮想通貨の種類

仮想通貨といえばビットコインが有名ですが、イーサリアムやリップルなど、実に2,000種類以上も存在し、現在も新しい仮想通貨が作られています。

これらビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」といいます。アルトコインという言葉を見かけた場合は「ビットコイン以外の仮想通貨」という認識で覚えておくと良いでしょう。

以下で主な仮想通貨を紹介します。

これ以外にも数多くの仮想通貨が取引されています。
国内の取引所に上場している仮想通貨は金融庁の承認を受けたもののみとなっていますが、海外の取引所では約100種類もの仮想通貨を取り扱っていることがあります。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは

ビットコインは、言わずと知れた仮想通貨の元祖です。2008年に「サトシ ナカモト」と名乗る人物が考案しました。
仮想通貨元年とも言える2017年に大ブレイクを果たし、一時は1 btc=200万円台にまで上昇したこともあります。
現在も時価総額ランキングでは不動の1位です。

BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

仮想通貨の中で最も有名なビットコインの基本情報について徹底解説します。…

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)とは

ビットコインキャッシュは、発行の上限枚数や名前などが似ていたりしますが、ビットコインとは全くの別物です。ビットコインが「ハードフォーク」という分裂によって誕生しました。
ビットコインの問題点を改善するために作られたことから、より将来性が期待されています。

BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

ビットコインのハードフォークにより誕生したビットコインキャッシュは、取り扱う取引所が多く人気が高い通貨です。ビットコイン…

イーサリアム(Ethereum/ETH)とは

ビットコインに次いで有名な仮想通貨がイーサリアムです。厳密にはイーサリアムとはプラットフォームの名前で、通貨の正式名称は「Ether(イーサー)」です。
イーサリアムはビットコインとは違って、決済手段として使うことを目的としていません。アプリケーション作成のためのプラットフォームを目指しています。

イーサリアム最大の特徴が「スマートコントラクト」。お金のやり取りをおこなう上で発生する契約内容もすべてブロックチェーン上に書き込んでおくことで、契約書の改ざんを不可能にするといったものです。第三者を必要とせずに、安心して契約を結べるようになるメリットは大きいですよね。

BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

時価総額ランキング上位の仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)の特徴や将来性、価格、取り扱い取引所について紹介…

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)とは

イーサリアムクラシックは、ビットコインキャッシュがビットコインから派生したように、イーサリアムのハードフォークによって生まれた仮想通貨です。

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)とは

リップルは2012年に公開されました。一般的に「リップル」や「リップルコイン」と呼ばれていますが、これはアメリカの Ripple Labs Inc(リップル・ラボ社)が開発した通貨であることを指しています。そのため、仮想通貨としての正式名称や単位には「XRP(エックスアールピー)」を使います。
リップルは銀行間での送金を行うために開発された通貨であるため、最大のメリットはその送金スピード。送金にかかる時間はわずか4秒程度と言われています。

Googleが出資を行ったことでも有名で、多くの企業や大手金融機関がすでに連携を図っているため、かなり将来性が期待されている仮想通貨です。

BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

注目の仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の特徴や将来性、価格、取り扱い取引所について紹介しています。…

BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア
BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

リップル(XRP)のチャートや情報をチェックできる便利・おすすめアプリを紹介します。…

BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

リップル(XRP)でFXするならどこがおすすめか、レバレッジや手数料を比較、紹介します。…

BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

リップル(XRP)のレンディング(貸仮想通貨)ができる国内取引所を紹介します。…

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは

ライトコインは、かつてGoogleエンジニアだったチャーリー・リー(Charlie Lee)氏が2011年に開発した仮想通貨です。
ビットコインの性質を引き継ぎつつ、その欠点を補い改良する形で誕生したため、「ビットコインが金だとすれば、ライトコインは銀」と定義されています。
時価総額ランキングでは常に上位にあり、流動性のある主要な仮想通貨通貨の一つです。

ネム(NEM/XEM)とは

ネムは、「国や政府といった既存の経済の枠組みに縛られない、新しい経済の仕組みを目指そう」というプロジェクトの中で誕生した仮想通貨です。その名前は「New Economy Movement」の頭文字からつけられました。

仮想通貨では、取引の処理にブロックいう台帳を使っており、このブロックの生成が早ければ早いほど取引の処理も早く行われることになります。ネムには取引の処理が早いという特徴があり、ブロック生成にかかる時間はわずか1分です。ビットコインのブロック生成が10分ごとに行われることを考えると、いかにネムのブロック生成が早いかが分かります。

仮想通貨を発行することを「マイニング」といいますが、ネムの場合は「ハーベスト」です。資金力を持つマイナーに報酬が集中しないよう、ネムの保有量と保有期間に合わせて報酬額を決める仕組みになっています。

モナコイン(Monacoin/MONA)とは

2,000種類以上あると言われる仮想通貨の中には、日本で生まれた国産の仮想通貨もあります。
その代表的なものが匿名掲示板「2ちゃんねる」から誕生したモナコインです。2014年1月に流通がスタートしたモナコインは、2ちゃんねる内で広まったAA(アスキーアート)のキャラクター「モナー」をモチーフにしています。
モナコインは非常に人気の高い仮想通貨で、決済として利用できるだけでなく、イラスト・動画・ブログなどのクリエイターを応援したいという気持ちで「投げ銭」に使われているのが特徴です。

あわせて読むとオススメ

国内の仮想通貨取引所おすすめランキング決定版

リスク(Lisk/LSK)とは

リスクは、イーサリアムと同じように分散型アプリケーション(DApps)のプラットフォームで使用する仮想通貨として開発されました。
リスクにはWebで最も使われているプログラミング言語「Javascript」が使われているため、イーサリアムなどの他のDAppsよりも開発敷居が低く、参入しやすいという特徴があります。

ファクトム(Factom/FCT)とは

イーサリアム同様、「ファクトム」とは厳密にはプラットフォーム名であり、通貨の正式名称は「Factoid」といいます。ブロックチェーンを用いて重要な書類データを安全に管理するために開発されたプラットフォームにおいて利用される仮想通貨です。
非常に強固なセキュリティを誇るブロックチェーンを利用することで、機密情報の流出を防ぐよう開発が進められています。

仮想通貨の買い方・投資の始め方

仮想通貨に興味はあるけど何から始めればいいのか分からないという初心者の方向けに仮想通貨の買い方について手順をまとめました。

仮想通貨取引所で口座開設

まずは、仮想通貨を取引するために口座を開設する必要があります。
どの仮想通貨取引所も口座開設の手続きはネット上で無料で行えるうえ、24時間365日受け付けているので時間や曜日を気にせずいつでも始めることができます。

日本円を入金

次に、仮想通貨を購入するための日本円を入金します。
入金方法には「銀行振込」、「コンビニ入金」、「クイック入金(即時入金)」の3通りあります。
クイック入金とは、振り込み手続きが済むと即時口座へ入金が反映される方法のこと。自宅にいながら入金でき、わずか2~3分程度で反映されるので便利です。

仮想通貨を買う

入金が済んだら、いよいよ仮想通貨の購入が可能になります。
各取引所のサイト内にある購入画面で購入数量を入力し、支払い金額を確認したら「購入する」をクリックするだけ。
意外と簡単ですよね。ビットコイン以外の仮想通貨であっても同じ手順で購入することができます。

仮想通貨を売る

仮想通貨取引で利益を出すには、「安く買って、高く売る」のが基本です。安く購入した仮想通貨の価格が高騰した場合、その差額が利益となります。
そして、手数料や仮想通貨の価格は取引所ごとに差があるため、複数の取引所に口座を開設しておくという手もあります。
それぞれの特徴を把握して上手く使い分けましょう。
売却の手順も変わりなく、「コインを売る」を選択し、売りたいコインを選択します。あとは売却数量を入力して、「売却する」をクリックすれば手続き完了です。

仮想通貨取引を始めるために知っておくべき用語まとめ

チャート

FXや株などの取引において、「チャート」とは相場の動向をグラフに表したものを指します。つまり、価格が上がっているのか下がっているのか、日々の値動きを視覚的に確認して解析・予想することができます。
一般的に使われるチャートの種類として、「バーチャート」「ラインチャート」「ローソク足チャート」「平均足チャート」などがあります。

スプレッド

FXには「買値(ASK)」と「売値(BID)」の2つの値段があります。
スプレッドとは、仮想通貨を売買する際の買値と売値の差のことです。
ユーザー同士で価格を決める「取引所」とは違い、買値と売値が指定されている「販売所」を利用すると強制的に支払うことになります。スプレッドは「手数料」だと理解しておくといいでしょう。
スプレッドが狭ければ狭いほど利益を出しやすくなので、取引所を選ぶポイントにしてみてください。

Maker(メイカー)とTaker(テイカー)

仮想通貨の注文は「取引板」に並びます

「Maker(メイカー)」とは板にない価格を新たに作ることをいい、数量と金額を決めて注文を出す人を指します。一方で「Taker (テイカー)」とは、すでに板にある価格で注文する人を指します。

メイカー手数料は板に自分の注文を載せて取引した際に発生する手数料、テイカー手数料は板にある注文で取引をした際に発生する手数料となります。

ロングとショート

取引が約定して、外貨を買っている状態・または売っている状態を「ポジションを持っている」といいます。
FXでは、買い注文は「ロング」、売り注文は「ショート」といいます。「買い」から入った場合は「ロング・ポジション」、「売り」から入った場合は「ショート・ポジション」となります。ロングポジションでは安いときに買って高く売ることで利益を出し、ショートポジションでは高いときに売って安く買い戻すことで利益を出します。

レバレッジ

レバレッジとは「てこの原理」です。
FXでは、実際に保有している資金よりも大きな金額の取引ができることを指します。
小さい力で大きな力を生み出す「てこ」のように、レバレッジを設定するだけで保有する資金の何倍もの金額の取引を行うことができるのです。つまり、資金が10万円だったとしても、10倍のレバレッジをかけて100万円の取引ができるようになります。小さな資金で大きな利益を得られる可能性がありますが、その反面、失敗すれば多額の損失を出すことになるのでレバレッジ倍率の設定は慎重に行いましょう。

仮想通貨取引所おすすめ一覧

ここからは、仮想通貨を始めるにあたっておすすめの取引所を紹介します。


Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴

アルトコインの取り扱い種類が豊富な仮想通貨取引所
・最大5倍のレバレッジ取引が可能(現在停止中)
見やすいチャートや高い操作性のアプリが人気

運営会社コインチェック株式会社
取引手数料無料
取扱通貨10種類
最小取引量0.001 BTC
レバレッジ最大5倍(現在停止中)
セキュリティ

・コールドストレージによるオフライン保管
・二段階認証
・お客様資産の分別管理
・SSL暗号化通信

コインチェックについて詳しい記事はこちら


DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴

・FXや証券などに精通しているDMMグループが手がける仮想通貨取引所
アルトコインのレバレッジ取引が可能
・レイアウトを自分好みにカスタマイズできる取引ツールも魅力

DMM Bitcoinの評価

運営会社株式会社 DMM Bitcoin
取引手数料無料
取扱通貨7種類
最小取引量0.001 BTC
レバレッジ4倍で固定
セキュリティ・コールドストレージによるオフライン保管
・二段階認証
・お客様資産の分別管理
・SSL暗号化通信

キャンペーン情報

新規口座開設で1,000円プレゼント!

DMM Bitcoinについて詳しい記事はこちら


GMOコイン

GMOコインの特徴

・金融取引のノウハウがある「GMOグループ」の仮想通貨販売所
・0.001BTCの小額資金から投資が可能
・日本円の入金・出金手数料のほか、ビットコインの引き出し手数料が無料

GMOコインの評価

運営会社GMOコイン株式会社
取引手数料無料
取扱通貨5種類
最小取引量0.0001 BTC
レバレッジビットコインは10倍、アルトコインは5倍
セキュリティ・二段階認証
・ログイン通知
・24時間監視
・定期的な脆弱性診断
・脆弱性情報収集
・金銭・仮想通貨の分別管理
・ハッキング対策のほか、内部不正対策も整備

キャンペーン情報

口座開設が完了したら、もれなく20,000 satoshi(=0.0002 BTC)がもらえるキャンペーンを開催!

GMOコインについて詳しい記事はこちら


bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)の特徴

・取引所形式でアルトコインがお得に買える仮想通貨取引所
・ユーザーに嬉しいキャンペーンを随時実施!
・機能が充実したチャートツールで本格取引も可能

bitbank(ビットバンク)の評価

運営会社ビットバンク株式会社
取引手数料無料
取扱通貨6種類
最小取引量0.0001 BTC
レバレッジ最大20倍
セキュリティ・コールドウォレット
・ホットウォレット
・セキュリティーホールの報告

キャンペーン情報

全取引のTaker手数料の合計金額の20%キャッシュバック!(大量取引ペア全体で、日本円換算で合計1億円以上の売買を行った方)

bitbankについて詳しい記事はこちら

仮想通貨の税金

仮想通貨で得た利益は非課税ではなく、れっきとした課税対象となるため、利益に応じて税金を納める必要があります。

株や為替であれば申告分離課税というように課税項目が決められていますが、仮想通貨は特に決められていないため雑所得という区分になります。

雑所得では累進課税という手法が取られており、雑所得金額に応じて5%~45%が税金として課税されます。

ただし、累進課税をうまく理解していない人は計算を間違えやすいため注意が必要です。

仮想通貨にかかる税金の計算方法

雑所得の計算はかなり複雑ですが、簡単に計算するだけであれば「雑所得額 × 税率 × 控除額」で雑所得による税金を算出することができます。

まずは、雑所得の税率と控除額一覧を見ていきましょう。

金額税率
~195万円5%(控除額:0円)
195万円~330万円10%(控除額:9万7500円)
330万円~695万円20%(控除額:42万7500円)
695万円~900万円23%(控除額:63万6000円)
900万円~1,800万円33%(控除額:153万6000円)
1,800万円~4,000万円40%(控除額:279万6000円)
4,000万円~45%(控除額:479万6000円)

例えば仮想通貨の利益が200万円あった場合の計算は以下のようになります。

200万円 × 10% ― 9万7,500円 = 10万2,500円

仮想通貨の確定申告

仮想通貨による利益で税金が発生することは確定申告が必要になります。これは給与所得をもらっており、会社に勤めていて源泉徴収票をもらっている人も対象です。

確定申告は基本的に、翌年1~3月に税務署に必要書類を持参して受け取ってもらうだけですが、今まで確定申告をしたことがない人にとっては少々ハードルが高いです。

しかし、最近ではそのような方でも簡単に確定申告ができるFreeeなどのクラウドサービスがリリースされているため、そういったサービスを利用すればわざわざ税理士を雇わずともかんたんに確定申告に必要な書類を用意することができます。

確定申告に必要な書類

確定申告には以下の書類が必要となります。

・本人確認書類
・給与所得を得ている方は源泉徴収票
・必要に応じて医療費控除などの控除額を証明できる書類
・確定申告書A
・確定申告書B
・青色申告の方は青色申告決算書

確定申告ソフト

Freeeなどのクラウドサービスを利用する場合、まずは仮想通貨による利益を登録します。次に、「給与所得はありますか?」などの確定申告の書類作成に伴う質問に答えていくだけで、自動的に確定申告書類が作成され、あとは作成された書類をコピーして税務署に持参するだけで確定申告が完了します。

BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

仮想通貨の税金はいくらからなのでしょうか。税金の計算方法と対策を解説します。…

BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

仮想通貨の確定申告、必要書類・やり方について説明します。…

仮想通貨はウォレットで保管!おすすめアプリは?

仮想通貨を取引所に置いたままにしておくことはおすすめできません。ハッキングに遭った場合に盗まれてしまうリスクがあるので、各自ウォレットに保管しておくようにしましょう。

仮想通貨ウォレットは、ウェブ上で管理する「ホットウォレット」と、オフライン端末で管理する「コールドウォレット」の2種類に分けられます。
さらに細かく分けると以下のようになります。

・ウェブウォレット
・デスクトップウォレット
・モバイルウォレット
・ソフトウェアウォレット
・ペーパーウォレット
・ハードウェアウォレット
BITDAYS-フィンテック、移動テック、不動産テックの最新情報を発信するクロステックメディア

Ginco(ギンコ)

Gincoは日本の会社が運営しているのでウォレットアプリ自体も日本語に対応しており、初心者に優しい仮想通貨ウォレットです。
非常に多くの種類の仮想通貨に対応しています。特にイーサリアム系のERC20トークンの仮想通貨に多く対応しており、数千種類ものERC20トークンを保管することが可能です。

Yenom(エノム)

Yenomはビットコインキャッシュに特化したウォレットアプリです。
英語と日本語に対応しているので、日本人でも安心して利用でき、インターフェイスがシンプルなのが特徴です。さまざまなウォレットアプリの中でも特に操作しやすいと言えるでしょう。
利用できるまでの面倒な登録は一切不要なので、仮想通貨を簡単に管理したい方向けのウォレットアプリです。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

Ledger Nano S(レジャーナノエス)は、普及率の高いハードウェアウォレットで、フランスのLedger社が製造しています。
対応する仮想通貨は、1,000種類以上。パソコンのUSB端子に接続して通貨を送金します。

TREZOR(トレザー)

TREZOR(トレザー)も人気のハードウェアウォレットです。
対応通貨が多く、Ledger Nano S(レジャーナノエス)が対応していないネム(XEM)やモナコイン(MONA)にも対応しています。
10桁の暗証番号で安全に管理することができ、他のウォレットとも連携できるので便利です。

仮想通貨は今後が期待される新たな通貨

仮想通貨はバブルが弾けて大暴落した過去がありますが、バブルが弾けたあとも仮想通貨に注目する方は増えてきており、今も頻繁に取引されています。

さらにを進めているため今後の動向に注目です。

また、仮想通貨決済対応したサービスや店舗も少しずつ増え始めているため、仮想通貨の今後が気になる方はさらに情報を集めてみるとよいでしょう。

あわせて読むとオススメ

国内の仮想通貨取引所おすすめランキング決定版

CATEGORY

仮想通貨