Ripple(リップル)

リップル(XRP)のレンディング(貸仮想通貨)ができる国内取引所

FX取引と聞くと価格変動の激しさからなかなか利益を上げるのは難しいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
確かにFXそのものは必要な知識も多く、リスクもある投資方法です。通貨もどれを選ぶか悩むでしょうし、現在は仮想通貨もその選択肢に入ってきます。

しかし、もし今後に期待できる仮想通貨があればどうでしょうか。またそれを保有しつつ利益を上げる方法があるとすれば、仮想通貨を手に入れるというのも悪くないかもしれません。

そんな今注目の仮想通貨がリップルであり、保有しながら利益を上げられる方法にレンディングというものがあるのです。
こちらではリップルとレンディング、そしてそれができる国内取引所についてご紹介します。

リップル(Ripple/XRP)について詳しくはこちら

仮想通貨レンディングとは?


仮想通貨のレンディングとは何か、そこからご説明していきます。
レンディングとは貸仮想通貨のことであり、自分が保有している仮想通貨を貸し出すことにより、金利を受け取るシステムのことを言います。
銀行にお金を預け、金利を受け取るのと同じだとイメージするとよいでしょう。

仮想通貨の場合は銀行ではなくFX取引所にレンディングすることになり、一定期間預けることでその期間に応じた金利を受け取ることができます。
なぜこれで金利がもらえるか、それは「借りたい人」がいるためです。FX取引所がそうなのではなく、他に借りたい人が存在します。FX取引所は所謂仲介役なのです。

レンディングをする人は言わば「貸したい人」なのであり、双方がいるからこそ、仮想通貨をFX取引所に資産として預け、借りたい人に貸すのです。
この借りたい人がレバレッジ取引をしたい人であり、元手の資金の何倍かの仮想通貨が必要となるため、レンディングされたものからFX取引所が仲介して貸しています。

なぜリップル(XRP)がおすすめ?

レンディングにリップル(XRP)がおすすめのはなぜか。それは将来性の高さにあります。

リップルは仮想通貨では珍しくブロックチェーンを利用していません。
送金台帳である「XRP Ledger」により送金データを中央集権的に管理しているのですが、これにより他の仮想通貨と比較しても抜きに出て速い送金速度を実現しています。

また国際送金にかかる手数料はわずかとなり、時間も数秒で行えると期待されていることから、ブリッジ通貨としての役割も担っており、世界の多くの銀行が注目あるいは採用しています。

さらにIT企業の最大手であるGoogleが出資しており、将来的にGoogleが提供する決済サービス「Google Pay」でもリップルが使えるのではないかと予想や仮想通貨番付にて単独でトップとなっている点など、世界的にもその将来性に期待が集まって価格を上げている仮想通貨なのです。

リップル(XRP)のレンディングができる国内仮想通貨取引所


それではリップルのレンディングができる国内仮想通貨取引所はどこがあるのでしょうか。
またどのような特徴や魅力があるのか、そのあたりを続けてご紹介します。
まずレンディングができる国内取引所は以下の通りです。

  • GMOコイン
  • Coincheck(コインチェック)

国内でもレンディングのサービスを行っているFX取引所はまだまだ少ないです。
そのため紹介できるのはこの2つの取引所となります。

GMOコイン

GMOコインでのレンディングサービスでは複数の仮想通貨に対応していることが特徴として挙がります。ビットコインやリップルをはじめとするアルトコインも含まれており、レンディングを考える場合は、まずGMOコインでの募集を探してみることをおすすめします。

またこのGMOコインでは年率5%の金利が得られるのもメリットです。
他にレンディングできる取引所がほとんどないため比較しにくいですが、例えば銀行預金の場合、金利が年率0.01%であることから、GMOコインが高い金利をかけていることが判ってもらえるのではないでしょうか。

レンディングの最低数量が全体的に高めではありますが、高い年率と取扱い通貨の多さが魅力の取引所となっています。

年率5%

対応仮想通貨ビットコイン(BTC)
リップル(XRP)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
レンディング期間BTC:90日間
アルトコイン:150日間
レンディング可能数量10BTC~100BTC
100,000XRP~1,000,000XRP
100ETH~1,000ETH
50BTC~500BTC
300LTC~3,000LTC
途中解約料(レンディング数量×レンディング期間×利率)/365
返還までの日数決済日当日

Coincheck(コインチェック)

Coincheckでもレンディングが可能です。対応仮想通貨はビットコインやリップルを含め、現在は13種類に登りますが、今後さらにその通貨の種類を増やし、いずれは全ての仮想通貨に対応すると公式で発表されています。

Coincheckの口座さえ持っていればすぐに始めることができ、自分で詳細を決めることができるのが特徴的であり、期間も4種類から選ぶことができます。

最低期間は14日であり、この場合年率1%で計算されますが、365日レンディングすれば最大5%の年率で計算されます。

Aまた最低数量についても10万円分から設定できるので、他のレンディングできる取引所と比べても低めに設定されているのも魅力です。
これによって初心者でも比較的手を出しやすい取引所になっています。

年率最大5%
対応仮想通貨ビットコイン(BTC)
リップル(XRP)
含む13種類
レンディング期間14日、30日、90日、365日から選択
レンディング可能数量10万円相当の仮想通貨~上限なし
途中解約料途中解約できない
返還までの日数6営業日以内(満期日の翌日から起算)

仮想通貨レンディングの注意点


このレンディングは、保有する仮想通貨を売るつもりがない方やずっと保有しておきたい方、安全に仮想通貨を増やしたい方におすすめであり、取引をせず保有しているだけで利益を上げるには良いサービスになります。

ただしこのようなサービスには思わぬ落とし穴となる注意点もあることは先に理解しておかなければなりません。
リスクにもなり得るこのデメリットを3つご紹介します。

途中で解約できない

レンディングの注意点としては、まず基本的に途中解約ができません。一度レンディングに契約してしまうと途中での解約ができず、期間を満了するまで手元に仮想通貨は戻ってこないのです。

GMOコインでは途中解約はできるものの途中解約料が発生し、損失を出してしまうため基本的にはおすすめしません。また即日返還されるわけではなく、解約受付から5営業日以内という制約もつきます。

Coincheckでは完全に途中解約できないので、契約するときにはその旨をしっかりと確認して行う必要があります。

売買できない

レンディング中は金利によって利益を得ています。貸し出しているわけですから、その仮想通貨は手元にはありません。つまりこれは売買できない状態にもなっています。

その仮想通貨の価格が上昇、あるいは均衡状態なのであればリスクにはなりえませんが、これが下落傾向にあるとリスクになります。
下落となると市場の状態が良くないため、通常であれば保有している仮想通貨を損切りすることでリスク回避を行います。

しかしレンディング中は手元にその仮想通貨がない状態なので売買できず、損切りもできないのです。
そのため暴落が起こった場合、損失を出してしまうかもしれないリスクを抱えるため、レンディングには見極めも必要となってきます。

元本割れリスクがある

レンディングにはもう1つ「元本割れリスク」を抱えていることも頭に入れておかなければいけません。

仮想通貨は価格変動が著しいことでも知られています。レンディング中は期間内に途中解約できず、また売買もできないことから、この期間中に大きく価格変動が起こった場合、金利による利益以上に損失を出すリスクがあるのです。

これによって元本割れを起こしてしまうリスクがあるため、そちらも踏まえた上でレンディングするかどうかを考えなくてはいけません。

メリット・デメリットを理解した上でリップル(XRP)のレンディングをしよう


レンディングは確かにメリットがあるサービスです。銀行で日本円を預けて得られる金利を考えれば、仮想通貨をレンディングして得られる金利の方がはるかに高いです。

しかし先述したようにメリットもあればデメリットもあり、それ相応のリスクは負う覚悟が必要になります。
初心者でも手は出せますが、市場の価格変動の予想など気をつけなければいけないことはあります。それらを理解した上でリップルのレンディングをするよう心がける必要があります。

そう考えるとリスクは怖いかもしれませんが、デメリットにさえ注意すれば仮想通貨を保有したまま安定して利益を得ることも可能なので、しっかりと考えた上でレンディングをしてみましょう。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿