仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?初心者におすすめの取引所、やり方、始め方、メリットを解説

仮想通貨FXとは、今話題の仮想通貨を用いた証拠金取引のことです。本格的な仮想通貨取引を行いたい人にはメリットも多いので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

しかし予備知識なしでは、上手なトレードが難しくなるでしょう。こちらではそんな仮想通貨FXについて、さまざまな情報を確認・比較してまいります。

取引所ごとの特徴や魅力をご紹介しますので、これから仮想通貨FXをはじめる人はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめランキング【最新比較】

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?現物取引と何が違うの?

仮想通貨FXとは

仮想通貨FXとは、証拠金を預けてその数倍から数十倍のお金を動かせる「レバレッジ取引」を行える取引方法です。現物の日本円だけを使ってトレードを行う本来の取引とは違い、仮想通貨FXなら高額での売買ができます。

「ビットコインやアルトコインヘの投資を考えているけど、どうせなら大きな利益を狙いたい」仮想通貨FXは、そういった人たちに人気の取引方法となっています。

現物取引との違いは?

仮想通貨の現物取引は、その時々の相場の現在価格で仮想通貨を売買する取引方法です。 例えば、1BTC=1万円の時にビットコインを1BTC購入したのち、1BTC=2万円に価格が上がれば1万円の儲け、反対に1BTC=5,000円に下がれば5,000円の損という取引方法です。 一方、仮想通貨FXではビットコインの現物がなくとも、売買したと仮定したときの差額が利益となります。「差金取引」とも呼ばれ、「売り注文」から始められるのが特徴です。相場が下落している局面でもショートポジション(空売り)などの方法で利益を出すことができます。 また、「レバレッジ」を使えば預けた証拠金の数倍から数十倍の金額を使った信用取引ができ、より大きな利益をあげることができます。

初心者でも仮想通貨FX(ビットコインFX)を始められる。オススメの取引所

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴

FXや証券などに精通しているDMMグループが手がける仮想通貨取引所
アルトコインのレバレッジ取引が可能
レイアウトを自分好みにカスタマイズできる取引ツールも魅力

キャンペーン情報

5月の4大キャンペーン実施中!新規口座開設完了で1000円、純入庫回数に応じて最大1000円、現物・レバレッジの取引高に応じて抽選で100名に1万円のプレゼント!そして現物・レバレッジの取引高に応じて最大4000円のキャッシュバックとビッグなキャンペーンです。
▼詳しくは公式サイトをご確認ください

DMM Bitcoinについて詳しくはこちら

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の特徴

アルトコインの取り扱い種類が豊富な仮想通貨取引所
最大5倍のレバレッジ取引が可能
見やすいチャートや高い操作性のアプリが人気

キャンペーン情報

キャンペーン期間中に新規登録から取引まで完了した方を対象に2,000円のキャッシュバック!
▼詳しくは公式サイトをご確認ください

Coincheckについて詳しくはこちら

GMOコイン

GMOコインの特徴

金融取引のノウハウがある「GMOグループ」の仮想通貨販売所
0.001BTCの小額資金から投資が可能
日本円の入金・出金手数料のほか、ビットコインの引き出し手数料が無料

キャンペーン情報

口座開設が完了したら、もれなく20,000satoshi(=0.0002BTC)がもらえる
そのほか、仮想通貨FX BTCスプレッド大幅縮小チャレンジ」では、毎週1回仮想通貨FXにてBTCのスプレッドが100円台まで縮小されるキャンペーンも実施中です。 ▼詳しくは公式サイトをご確認ください。

GMOコインについて詳しくはこちら

bitbank(ビットバンク)

bitbankの特徴

取引所形式でアルトコインがお得に買える仮想通貨取引所
ユーザーに嬉しいキャンペーンを随時実施!
機能が充実したチャートツールで本格取引も可能

キャンペーン情報

全取引のTaker手数料の合計金額の20%キャッシュバック!(大量取引ペア全体で、日本円換算で合計1億円以上の売買を行った方)

bitbankについて詳しくはこちら

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)の特徴

東証マザーズ上場の企業が運営する仮想通貨取引所
24時間365日の監視態勢でセキュリティ対策は万全!
ビットコイン(BTC)の送金手数料無料が嬉しいポイント

BITPointについて詳しくはこちら

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の特徴

国内有数のスプレッドの狭さで取引できる
通貨ペアは国内業界最多、52種類
・国内唯一QASHトークンが購入可能

Liquid by Quoineについて詳しくはこちら

編集部がおすすめする海外(世界)の仮想通貨取引所

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)の特徴

中国の大手仮想通貨取引所
取引手数料の安さが最大の魅力
取り扱い仮想通貨は100種類以上

Binance(バイナンス)の評価

運営会社 BINANCE
取引手数料 一律0.1%
取扱通貨 150種類以上
最小取引量 0.001 BTC
レバレッジ なし
セキュリティ

・二段階認証
・資産のハードウォレット管理
・出金額制限
・ログイン失敗でアカウントロック

Binanceについて詳しい記事はこちら


仮想通貨FX(ビットコインFX)が人気の理由は?そのメリットとは

「レバレッジ」で持っている額より大きな取引ができる!

仮想通貨FXの最大のメリットは、レバレッジ設定を行うことで、保有している資金よりも大きな金額で取引ができることです。 例えば、レバレッジ倍率が10倍という設定の場合、実際に保有する資金の10倍の金額で取引を行うことができるということです。取引所に預けた資金が10万円だとしても、100万円の取引ができるようになります。 小さな資金で大きな利益を得られる可能性がありますが、その反面、取引に失敗すれば多額の損失を出してしまいますので、レバレッジの倍率設定は慎重に行うようにしましょう。

相場が下がっているときでも利益が出る

「安く買って高く売る」というのが現物取引ですが、仮想通貨FXでは「高く売って安く買う」ということができます。 では、どうやって「高く売って安く買う」のかと言うと、ショートポジション(空売り)を活用して行います。レバレッジで増やした資金を使ってショートポジション(空売り)を取っておき、相場の価値が下がった時に買うと差額分を利益にすることができます。 例えば、1BTC=10万円の時にショートポジション(空売り)し、1BTC=5万円に下がった時に買えば5万円分が利益となるというわけです。 このように、あらかじめリスクヘッジとしてショートポジション(空売り)を取っておけば、価値が下がっても利益を得られるのが仮想通貨FXなのです。

24時間365日のトレードが可能

通常のFX(外国為替証拠金取引)は、土日のトレードが行えません。一方、仮想通貨FXは基本的に24時間365日の取引が可能なので、誰でも好きな時間帯にやりとりが行えます。 仕事や学業があっても取引しやすいため、さまざまなライフスタイルで楽しむことができるでしょう。夜中だけ朝だけといった取引も可能なので、自分のタイミングで仮想通貨を売買することが可能です。

誰でも本格的な取引を始められる

仮想通貨でまとまった利益を得ようと思うのなら、やはりそれなりの元手は必要となるでしょう。

仮想通貨FXなら、レバレッジ取引によって少額の投資からでも大きな額をトレードすることができます。誰でも本格的な仮想通貨売買を始めることができるのです。

数千円からでも、数万円~数十万円分の本格的な仮想通貨取引ができるので、仮想通貨ならではのボラティリティ(価格の変動率)を活かすことができます。「上手な取引が行えれば、一気に利益を獲得できる」それこそが仮想通貨FXの1番の魅力だといえるでしょう。

仮想通貨FX(ビットコインFX)の注意点は?

レバレッジの分だけマイナスもある

仮想通貨FXでレバレッジをかけることは、大きな利益につながります。しかし、それは同時に、同じくらい大きな損失につながる可能性も秘めていることになります。 例えば、10万円の資金にレバレッジを10倍かけ、100万円分のBTCを買ったとします。ここでBTCが80万円に下がった場合、10万円の資金に対して20万円の損失を生んでしまうことになるのです。 レバレッジのメリットを裏返したマイナスがあることを覚えておいてください。

強制終了で損益確定!?「追証」と「ロスカット」

仮想通貨FXには「追証(おいしょう)」というシステムがあります。「追証」とは「追加保証金」の略です。レバレッジ取引のような信用取引には、その信用を得るだけの証拠金が必要になります。取引で失敗を重ねて含み損を多く発生させると、追加の証拠金を取引所から請求されます。この追加の証拠金を「追証」といい、一種の警告として捉えられています。 また、「ロストカット」というシステムも導入されています。ロストカットは含み損が一定の割合まで増えた時に取引を強制終了させるシステムで、元々の資金以上の損益をトレーダーが負ってしまわないようにするための防御システムとして機能しています。 先述した追証を払えず含み損が増え続けた場合、ロスカットへと移行し、取引が強制終了されてしまうのです。本来は損益からトレーダーを守るためのロストカットなのですが、予期せぬタイミングで損益が確定してしまうこともあるため、トレーダーにとっては厄介なシステムかもしれません。

なお、「追証」と「ロスカット」のルールは各取引所によって異なります。 例えば、bitFlyer(ビットフライヤー)の場合、証拠金維持率が 80% を下回った際に「追証ルール」が適用され、さらに50% を下回ると「ロスカットルール」が適用されます。

余剰資金で行うこと

仮想通貨の値動きは、まだまだ未知数な部分が多くあります。そのため生活に支障が出るほどのお金を投資するのは、リスクが大きくなってしまうでしょう。

あくまで余剰資金を証拠金として預けることを心がけて、日々の生活に狂いが出ないようにしてください。特に仮想通貨FX初心者は、勘や運頼りの取引になりがちです。少しずつトレードに慣れていくためにも、まずは少額の投資からはじめてみましょう。

今がチャンス!自分に合った取引所で仮想通貨FXを始めよう

仮想通貨FXの魅力は自己資金よりも大きな金額で取引ができることです。仮想通貨で大きな利益を得たいのであれば、ぜひ仮想通貨FXに挑戦してみることをおすすめします。しかし、仮想通貨取引は自己責任です。無理のない範囲で行うことを念頭においてください。 また、レバレッジの倍率やロストカットの基準は取引所ごとに違いますので、実際に取引を行う前にはそれぞれの取引所について入念に調べておくようにしましょう。それぞれの取引所にある特徴や魅力を把握できれば、日々の取引をより楽しめるようになります。それは仮想通貨FXでの利益を近づけることになるかもしれませんよ。

この記事に関連するタグ

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。