Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)のセキュリティ対策とは?ログインも取引も安心

仮想通貨取引所はいくつもありますが、その中でもCoincheck(コインチェック)はシステムの安全性やセキュリティ面などとにかく安全面を強化しているという特徴があります。
ハッキングやサーバー攻撃などが起こりうる仮想通貨取引なだけに安全面で安心できるというのは大きなメリットです。
今回は、そんなコインチェックのセキュリティ体制について紹介します。

Coincheck(コインチェック)について詳しくはこちら

Coincheck(コインチェック)とは?


仮想通貨取引所にはそれぞれに特徴があり、コインチェックは何といっても東証一部上場企業であるマネックスグループのグループ子会社であるという点です。
これは2018年4月に公表されたもので、ネット証券大手企業であるマネックスのグループ企業であることは財務上も安全面も大きく信頼度を上げました。

コインチェックでは財務情報を開示し、業務状況などを公開していくことで高い透明性を持って運営が行われています。
また、社内・社外を問わずコンプライアンス遵守が行われており、セキュリティ対策にも非常に力を入れているのです。
仮想通貨取引ではハッキングなどが懸念されるトラブルとなるのですが、コインチェックでは非常に高いセキュリティ体制とトラブルに対応できるだけの資本、資金調達力があります。
そのように安心して取引ができる仮想通貨取引所なのがコインチェックなのです。

仮想通貨取引所のセキュリティのリスクとは?


仮想通貨取引所にはコインチェックに限らずセキュリティにリスクがあるものとされています。
まずはどういったリスクがあるのかを知るということが重要です。

仮想通貨ネットワークリスク

まず仮想通貨というのは法定通貨ではなく、ネット上に存在する電子データです。
そのためどこかの国や地域に価値が保証されているというものではなく、その資産価値も変動していきます。
そんな仮想通貨取引では悪意を持ったものがブロックチェーンネットワークに侵入し、51%以上の採掘速度を有してしまうと「不正な取引の正当化」「正当な取引の拒否」などを行うことが可能となってしまう恐れがあるのです。
それを防ぐセキュリティが設置されているということが重要になると言えます。

電子取引が不正に行われる

仮想通貨取引は電子取引システムを利用して行われます。
当然ですが、仮想通貨の購入や売却の操作を間違うと自分の思うような取引が行われない場合があるのです。
また、取引途中にパソコンなどの通信システムの故障が起こったり、地震や落雷や火災といった天災によってシステムが利用できなくなることもあります。
第三者によるサイバー攻撃、ハッキングなどによって電子取引が不正に行われるというこ可能性もあり、こういったシステム上の管理体制も重要なものです。

Coincheck(コインチェック)のセキュリティ対策


コインチェックではネットワークリスク、システムリスクに対して非常に高レベルなセキュリティが設置されています。
ここではコインチェックのセキュリティ体制について紹介します。

二段階認証

一般的に取引画面にログインする際には最初に登録したメールアドレスやパスワードなどを入力してログインすることになります。
コインチェックではさらに登録しているスマホにログインの度に発行されるワンタイムパスワードが送付されます。
こうして二段階の認証をすることで正常にログインをすることができるのです。
このことでメールアドレスやパスワードが第三者に知られてしまっても不正にアカウントにログインされることを防ぐことができるようになっています。

コールドウォレット

常にネットにつながっている状態を「ホットウォレット」と呼び、仮想通貨の取引をリアルタイムで行いやすくなっています。
しかし、その反面常にネットにつながっているため、ハッキングなどをされる可能性は高くなってしまうのです。
逆にネットにつながっておらず隔離したものを「コールドウォレット」と呼び、オフラインにすることでハッキングされにくくする効果があります。

マルチシグ

「マルチ」とは「複数」を意味しており、「シグ」とは「署名」を意味しています。
一般的な個人の認証はIDやパスワードを入力して行われるのですが、キーが一つとなるためにハッキングされると簡単に不正アクセスされることがあります。
秘密のキーを複数用意しておいて別々の場所に保管することでハッキングされにくくする方法、それが「マルチシグ」なのです。

SSL

「SSL」とは「Secure Sockets Layer」のことで通信データを暗号化技術によって暗号化するためのプロトコルです。
この暗号化によって第三者に取引内容を覗かれたり、個人情報が盗まれるのを防いでくれます。

預り金の管理

仮想通貨取引所によってユーザーが預けている資金を会社の運用資金として使用している場合があります。
しかしコインチェックは大手企業マネックスグループの子会社ということもあり、運営資金は潤沢に用意されているのです。
そのためユーザーからの預かり金と運営資金は完全に分離して管理されています。
これもユーザーからすると安心できる点です。

本人確認

まず電話番号確認が行われます。
SMS認証を利用して利用者本人であることが確認されるのです。
コインチェックでは公的な本人確認書類とIDセルフィーによって厳密に本人確認が行われています。
本人確認書類は運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどが利用可能です。
IDセルフィーはオンライン上で本人確認をする方法で、本人確認資料の顔写真が表示されているものの横に自分の顔がくるようにして一緒に撮影します。
この方法によってより詳細に本人確認を行うことができるようになっているのです。
法人取引の場合は取引担当者の本人確認書類とIDセルフィーを行います。

Coincheck(コインチェック)にログインする際のセキュリティ対策


ここでは、コインチェックにログインする際のセキュリティ対策について紹介します。

アカウントロック

ログインをする際に一定回数以上入力するアカウント情報を間違えるとアカウントが一時的にロックされるようになっています。
一度ロックされると30分間は再ログインできないようになり、不正アクセスを防止することが可能です。
また、ログインしたまま一定時間何の操作もないと自動的にログアウトされるようにもなっています。

パスワードの強度

コインチェックでは第三者の不正アクセスを防ぐためにパスワードを強固なものにすることが推奨されています。
生年月日や名前、他のサイトで利用しているパスワードなどは避けるようにすることは基本です。
アルファベットの大文字と小文字、数字、記号などを混ぜてパスワードを作ることが推奨されています。
ユーザーが登録したパスワードはハッシュ化されて保存されるようになっています。
この際、「 bcrypt(Blowfish暗号)」というハッシュ関数が使用されています。

Coincheck(コインチェック)は安心のセキュリティ対策!


仮想通貨取引所はいくつもあり、それぞれに特徴があります。
その中でもコインチェックは大手企業マネックスグループの子会社ということもあり、「豊富な運営資金」と「強固なセキュリティ体制」が特徴です。
特にセキュリティ体制は業界でもトップクラスのレベルを誇っています。
仮想通貨取引では今までにも大きなトラブルや不正行為が問題になりました。
そのため、コインチェックのようなセキュリティ体制がしっかりとした仮想通貨取引所を利用することが安全に仮想通貨取引を行う上で重要なことだと言えるでしょう。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
お得なクーポンやキャンペーン情報から話題のキャッシュレス、スマホ決済、仮想通貨、信用スコアなど新時代の金融・投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信しています!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。