DeCurretがKDDI、コナミ、明治安田生命など12社から34億円資金調達

仮想通貨取引所DeCurret(ディーカレット)が12社より総額34億円の出資を受けることが発表されました。

【PR】PayPay、新規登録でもれなく500円相当のPayPay残高をプレゼント

IIJ、KDDIなど12社から資金調達

DeCurretは筆頭株主であるインターネットイニシアティブ、KDDI、コナミホールディングス、住友生命、大同生命、明治安田生命、中部電力、阪急阪神ホールディングス、松井証券、エネルギア・コミュニケーションズ、綜合警備保障(ALSOK)、凸版印刷の12社より34億円の資金調達を実施すると発表しました。
今回の資金調達により、開発体制の強化やデジタル通貨の新たな決済プラットフォーム開発を加速していくとのことです。

DeCurretでは、仮想通貨を利用した電子マネーへのチャージを展開していくと発表しています。また、「リアルとデジタルの橋渡し」を目指す決済サービスの開始が予定されています。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。