イーサリアムで思い出を永遠に!DApps「LoveChain」の特徴と使い方は?

大切なメールや写真をずっと残しておきたいと思ったことはありませんか?
ブロックチェーンを活用してデータの消失や改ざんの心配もなく、メールや写真を永遠に保管できるSNS型DApps「LoveChain(ラブチェーン)」をご紹介します。

LoveChain(ラブチェーン)とは?

LoveChain(ラブチェーン)は写真やメッセージなどの二人の思い出を、ブロックチェーン上に永遠に残すことができるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)型のDAppsです。ブロックチェーン上に記録するので、データが書き換えられたり、消えてしまったりすることがないのが特徴です。

LoveChain(ラブチェーン)の使い方

LoveChain(ラブチェーン)を使用する前に、まずイーサリアム(Ethereum/ETH)ウォレットのMetaMask(メタマスク)をダウンロードしてください。

登録方法は以下の手順で行ないます。
1 アイコンを登録します。
2 半角英数字(小文字)でIDを登録します。
3 ユーザ名を入力します。
4 利用規約を読み、二つのチェックボックスにチェックを入れます。
5 「登録する」をクリックしてください。

登録後はマイページで、アイコンやユーザ名を変更することができます。
また、パートナーや友人のIDを検索したり、マイページに表示されている自分のIDをツイッターやLINEでシェアすることもできます。

ID検索でパートナーが表示された場合は、「LOVE」ボタンをクリックして「LOVE」を送りましょう。
パートナーからも「LOVE」を送ってもらえればカップル成立となり、二人の写真や手紙をブロックチェーン上に記録するだけでなく、記念写真などを友人に見てもらうこともできます。カップルが「お別れボタン」を押すとページの消去もできます。

ブロックチェーンを身近なものに

本作はまだ仮想通貨を購入したことがない人に、ブロックチェーンの利点を身近に感じてもらいたいというコンセプトで作られており、LINEやiCloudなどの特徴を備えたDAppsとなっています。

「LoveChain」というタイトルや「LOVE」を送るといった操作から、マッチングアプリのようなものを想像されるかもしれませんが、あらかじめ相手のIDを知らなければパートナーを検索できないので、そうしたアプリとは別物と考えたほうがよいでしょう。

公式発表では「既存の結婚という制度にとらわれず、自分たち独自の結婚という契約を交わしたいカップルに」という使い方も勧めていたので、現実のパートナーに叱られない範囲で試してみるのも面白いかもしれませんね。

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

この記事に関連するタグ

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信