クリエーターを応援します!DApps「TronChat(トロンチャット)」の特徴と使い方は?

YouTubeを始めとして、インターネット上にはコンテンツを発表する場所がたくさんありますが、クリエーターがその労力に見合った報酬を受け取るシステムはなかなか見当たりません。
写真と動画共有、メッセージ機能、そしてモバイルアプリの機能を備え、クリエーターに直接報酬を支払うシステムを備えたアプリ「TronChat(トロンチャット)」をご紹介します。

TronChat(トロンチャット)とは?

TronChat(トロンチャット)は、写真・動画共有アプリのInstagram、個人間決済を行なうモバイルアプリVenmo、さらに高い安全性を備えたメッセージアプリTelegramを兼ね備えたアプリケーションです。
写真や動画をメッセージ付きでやり取りできるだけでなく、プラットフォームを利用したあらゆる場面でTRX(トロン)を手に入れることが可能です。

TronChat(トロンチャット)の機能について

TronChat(トロンチャット)には次のような機能があります。

1 コンテンツの共有機能
写真や動画などのコンテンツを視聴者と共有することができます。
注目すべきは提供側がコンテンツの利用料金としてTRX(トロン)の価格を自由に設定できることで、オプションの『Premium content(プレミアムコンテンツ)』では、視聴者側からチップとして気軽にTRXを支払うことが可能です。

明確な報酬があることで、クリエーターはより質の高いコンテンツを作成することができ、それを利用したフォロワーが料金を支払うという好循環が生み出されることになります。

2 メッセージ機能
TronChat(トロンチャット)のメッセージ機能はスパムメールを排除したシステムになっています。
そしてこのメッセージにもTRXを紐づけることができ、メッセージを見てもらいやすくしたり、受信側の反応を自動的に記録したりすることができます。

3 チャットルーム機能
チャットルームではコンテンツの共有機能同様、そのクリエーターにTRXを送ることができます。
一部のチャットルームはプライベート用で有料となっており、貴重な情報がやり取りされるのかもしれません。

TRX(トロン)にふさわしいアプリ

TronChat(トロンチャット)は現在(※2018年10月)のところ開発段階ですが、アプリケーションの主要部分はすでに完成しているとのことです。
YouTubeでも高い人気を誇るユーチューバーには報酬が与えられていますが、仮想通貨という決済の簡単なシステムを利用することによって、中間の手数料を発生させることなくクリエーターが報酬を得られるのがよいところですね。
TRXはクリエーターのコンテンツ発表を後押しするというコンセプトで作成されているので、今回のアプリケーションはその目的に沿ったものとなっています。
メッセージにTRXを紐づけできるというシステムはどのように作用するかはわかりませんが、多くのアプリの利点を兼ね備えたTronChat(トロンチャット)に期待したいところです。

この記事に関連するタグ

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。