イーサリアムで天使を育成!DApps「Angel Battles(エンジェルバトルズ)」の特徴と遊び方は?

ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨の基幹技術であるブロックチェーン。単なる通貨の決済手段として捉えられがちですが、現在世界中のエンジニアたちが、その技術で新しいプロダクトを創造しようと分散型アプリケーション「DApps」の開発を進めています。
今回はそんな「DApps」の中の1つ、「Angel Battles(エンジェルバトルズ)」についての特徴や、遊び方を説明します。

Angel Battles(エンジェルバトルズ)とは?

ブロックチェーン技術を用いて開発された「Angel Battles」は、イーサリアムで購入した天使を育成し、対戦させるゲームです。
将来的に24種類リリースされる予定の天使は、それぞれ聖書に登場する天使をモチーフとしており、異なるレア度やBattle power(強さ)が設定されています。

プレイヤーは、まず天使を購入し、トレーニングやバトルを重ねることで天使を育成します。また、天使を強化してくれるペットや、獲得する経験値を増加させるアクセサリーといった補助アイテムもイーサリアムで購入できます。
さらに、将来的にはプレイヤー間で天使を売買する機能が実装される予定なので、多くのイーサリアムをつぎ込んで強化した天使を、より高値で売却することも可能になるようです。

Angel Battles(エンジェルバトルズ)の遊び方

Angel Battlesをプレイするには、天使を購入するためのイーサリアムと、イーサリアムのウォレットである「MetaMask」が必要になります。
トップページにアクセスすると、購入可能な天使やペット、アクセサリー類が並んでいます。
このゲームの特徴は、天使の総数に限りがあることです。トップページから購入できる天使たちにはそれぞれ絶対数が設定されており、 すでに一部の天使たちは「SOLD OUT」と表示され、購入することができなくなっているようです。

SOLD OUT(売り切れ)となった天使は、他のプレイヤーから購入する以外に入手する手段がないため、人気の出そうな天使を買い、他のプレイヤーに売却するという投機的な遊び方もできそうです。

購入した天使は、ペットとアクセサリーを組み合わせることにより強化し、コンピューターが操作するモンスターと対峙するArena Battleで育てたり、世界中のプレイヤーと対戦することのできるLeaderboard Battle(Mt. Zion)で世界ランキングのトップを目指すことも可能です。

ゲームの目的

このゲームには、主に2つの目的があります。
1つは天使を育てて、世界中のプレイヤーと対戦できるLeaderboard Battleを勝ち抜き、Mt. Zion(プレイヤーランキング)の頂上を目指すこと。
2つ目は、人気の出そうな天使を購入し、天使たちの売り買いが可能なマーケットプレイスで他のプレイヤーに高値で販売するという投機的な遊び方です。
いずれの遊び方も、天使をコツコツと育てていく必要がありますので、RPGが好きな方にオススメのゲームです。

イーサリアムを使って世界一の天使を育てよう!

2018年に入り、さらなる盛り上がりを見せているDApps。
単なるコレクション・交換を行うだけのゲームから進化し、育成や対戦などの要素を取り入れたゲームが増えるなか、Angel Battlesは収集・育成・交換・対戦といったさまざまな要素を取り入れた最新のDAppsと言えます。
自分だけの天使を育て、Mt. Zionの頂上を目指してはいかがでしょうか。

関連記事

DApps(分散型アプリケーション)とは?読み方や概要、おすすめのゲームを紹介。仮想通貨やイーサリアムの将来を担う!?

おすすめ記事

この記事に関連するタグ

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!