ドイツ初の株式法人ICO「savedroid」の特徴や将来性は?

革新的なデジタルセキュリティーテクノロジーを使用して生み出されている数々の仮想通貨。
仮想通貨という知名度だけは一般にも知れ渡り、価格も高騰したり急落したりと、“通貨”としてはまだ不安定で、世間の印象も全面的にポジティブなものだとは言えないのが現状です。

そういった現状を打開するため、「みんなのための仮想通貨」というモットーを掲げて生み出されたのが、このsavedroidです。
Savedroidは世界最先端の人工知能テクノロジーを活用した、ドイツが誇る画期的な仮想通貨運用システムで、このsavedroidのICOが発表されると同時にすぐさま高い注目を集めました。ここでは、ドイツのsavedroidについて解説します。

savedroidの概要

デジタルテクノロジーやインターネットに対して専門的な知識が無い人でも、誰もが簡単に仮想通貨を運用出来るようにするために開発されたsavedroidは、ドイツの法律と規制を尊守しているドイツ初の株式法人ICOです。

ICOの参加者には最高レベルのセキュリティが提供されることを謳い文句に掲げています。
Savedroidは、そのモットーである「みんなのための仮想通貨」を実現するために、一体どのようなことを行っているのでしょうか?

ここでは、savedroidを構築している概要について、いくつか紹介したいと思います。

人工知能によるエコシステム

Savedroidを語る時に避けては通れないのが、人工知能(AI)を利用した仮想通貨システムであるという点です。

Savedroidに活用されている人工知能は、最先端技術に贈られる賞の受賞歴もある人工知能テクノロジーの専門企業Fin Techの技術に由来しています。

Savedroidに活用されているAIセービングエコシステムは最先端の人工知能テクノロジーで、ドイツのAndroidとiOSで無料で配布されています。
これは配布と同時にダウンロードが殺到し、すでに半分以上が購入されているものです。

このAIセービングエコシステムを応用したsavedroidは、仮想通貨の貯蓄と投資を暗号化させるエコシステムを実装しています。

使用可能な仮想通貨銘柄

「みんなのための仮想通貨」を掲げている以上、銘柄にかかわらず数々の仮想通貨を使用出来なくては意味が無いです。

Savedroidのシステム上で使用することが出来る仮想通貨の銘柄は何なのでしょうか?

Savedroidのシステムを使って取引することが出来る仮想通貨は、
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
アイオタ(IOTA)
ダッシュコイン(Dash)
の6種となっています。

これら仮想通貨以外にもユーロやドルといった法定通貨も使用することが出来ます。

Savedroidはこれらの通貨の保存・投資・貯蓄などを、専門的なデジタル技術無しで簡単に効率よく運用出来るようにするシステムです。

savedroidの特徴

Savedroidの特徴は、何と言っても最先端の人工知能テクノロジーにあります。
人工知能テクノロジー分野での専門企業が資金を募って開始したICOが、このSavedroidなのです。

ドイツにおいて、各分野の名だたるエキスパートが協力し合って独自性を発揮しているSavedroid。その特徴は数多くありますが、ここでは代表的な事柄をかいつまんで紹介したいと思います。

自己学習型AIを搭載

前述したとおり、Savedroidは、受賞歴のある人工知能テクノロジーの専門企業が開発したエコシステム内蔵の仮想通貨管理システムです。

この人工知能は自己学習型AIですので、ユーザーの利用法に応じて最適な処理方法を選択して管理・運用されて行きます。

Savedroidの人工知能は、仮想通貨保存プランとポートフィリオやデリバティブといった仮想通貨投資機会を、技術的な障壁無しに簡単にアクセスすることが出来るように構築されています。

ですので、ドルやユーロを保存・貯蓄するのと同じ感覚で、誰もが仮想通貨の運用を行う事が出来るようになるのです。

複雑なプロセスを排除

現在、仮想通貨の保存や貯蓄、換金をする際に必要となるさまざまなプロセスがあります。
それらさまざまなプロセスを省略し、もっと簡単にシームレスかつスムーズに仮想通貨の管理・運用を可能にするシステムが、このSavedroidです。

Savedroidはそのプログラムの中枢となっている人工知能の能力により、仮想通貨を自動変換し、安全に保存し、交換も簡単です。

複雑で面倒なプロセスを全て排除し、いつでも簡単に短時間で取引を行うことが出来るエコシステムのSavedroidは、高度な暗号化を行いながら仮想通貨を管理・運用しますので、セキュリティー面でも最高品質のシステムと言えるのです。

パートナー企業の信頼性

ドイツ初の株式法人ICOであるSavedroidが高い信頼を得ている理由は、何もそのシステムの素晴らしさだけではないです。

Savedroidの考えに賛同し、ICOに資金提供を行っている出資者達のほとんどが、ドイツのフランクフルト市場で株式を上場している企業や法律事務所であるという事も挙げられます。

Savedroidとパートナー関係にある企業のほとんどがそういった信頼と実績のある企業ばかりですので、Savedroidも同様の評価を得ているというわけなのです。

また、パートナーとなっている法律事務所も、世界中に拠点を置いている国際的な法律事務所ですので、金融犯罪の温床となり得ない点も信頼されている理由となっています。

savedroidの目的

Savedroidの目的は、仮想通貨を一部の金融関係者のものとするのではなく、広く多くの人々が気軽に使える、文字通りの“通貨”として使えるようなグローバルなエコシステムを構築することです。

この目的は人工知能の最先端テクノロジーを応用することで現実のものとすることができます。

こういった試みを反映するかのように、Savedroidで貯蓄・保存・換金・投資機会などに使用することが出来る仮想通貨の銘柄数も多く、その他の仮想通貨ICOが提唱するデジタルマーケットシステムを上回っている印象を受けます。

Savedroidは、仮想通貨をきちんと使える通貨とするべくシステム開発を行っていますので、掲げている「みんなのための仮想通貨」という目的も達成するのは時間の問題のような気もします。

savedroidの将来性

ドイツ初の株式法人ICOとして、ヨーロッパ全土から注目を集めるSavedroidの将来性は、かなり有望だと言えると思います。

Savedroidに出資を行っているパートナー企業は従業員5000人を数えるドイツのテレコミュニケーション企業や、インターネット・テレビ・エネルギーなど幅広い分野で事業を手掛ける企業です
また、日本が江戸時代だった頃から続いているドイツの国際法律事務所もSavedroidのパートナーとなっています。

これら頼もしいパートナーのサポートと共に、世界最先端の人工知能テクノロジーで構築された仮想通貨管理システムを売りに出そうと言うのですから、失敗する理由を考える方が難しいと言えます。

インターネット上にある仮想通貨ICOの評価サイトでも、Savedroidは5つ星中4つ星以上を平均で取っているので、成功の可能性が非常に高い仮想通貨ICOだと思います。

最先端かつ最高峰のテクノロジー。savedroidの動向に注目

最先端のAIセービング・エコシステムを応用したSavedroidの仮想通貨管理システムは、その他の人工知能を用いた仮想通貨ICOと違い、全てが最先端かつ最高峰のテクノロジーで構築された管理システムです。

自己学習型の人工知能の能力により、ユーザーはストレス無く、煩雑で面倒なプロセスを省略して仮想通貨を管理・運用することが出来るようになります。

Savedroidはドイツの法律と規制に則って運用されるシステムですので、セキュリティも最高レベルのものとなっている点も見逃せないです。

なお、Savedroidのトークンは、プレセールス時に用意されていた5億トークンが7時間で完売しています。
このことからも、期待と注目度の高さが分かります。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰