仮想通貨とのハイブリッド銀行を目指すICO「Forty Seven Bank」の特徴や将来性は?

仮想通貨の登場によって、既存の銀行の多くは岐路に立たされています。
そのままのシステムではこれからの企業や顧客を満足させることは難しくなるといわれているため、大きな改革が必要になってくるでしょう。
そんな銀行に新しい技術を提案するICOとして「Forty Seven Bank」はさまざまな業界から注目を集めています。
Forty Seven Bankは銀行とユーザーを、これまでとはまったく違ったスタイルでつなぐことを目指し、より快適でスムーズなフィンテックを構築するとのこと。
既存の通貨と仮想通貨をまとめあげる基盤として、Forty Seven BankのICOは世界に普及していくかもしれません。
今からICOの特徴や将来性をチェックして投資を行うことは、未来の銀行サービスを先取りすることになるでしょう。この記事でForty Seven Bankのさまざまなメリットを調べてみてはいかがでしょうか。

現代にマッチした銀行サービスの確立!Forty Seven Bankの概要とは

銀行の新機軸としての期待

Forty Seven Bankは、銀行サービスを未来の水準に引き上げることを目的としたICOです。
インターネットの普及とさまざまな技術革新は、銀行の機能をやや不便に感じさせることになりました。
これまでもあらゆる努力が銀行によっておこなわれてきましたが、さらに発展していく周囲の技術に追いつくのは至難になるでしょう。そこで仮想通貨ICO「Forty Seven Bank」が立ちあがったのです。
仮想通貨とブロックチェーンの技術を用いた独自プラットフォームは、銀行のサービスを向上させ、次世代の環境を作り上げます。Forty Seven Bankによって、銀行は新しい存在として世間に再確認されていくかもしれませんね。
未来の資産管理システムの確立にもなるので、将来的にはForty Seven Bankが世界の標準プラットフォームになる可能性もあるでしょう。

ハイブリットな銀行になる

Forty Seven Bankは、既存の通貨と仮想通貨の両方を取り扱うハイブリッド銀行を目指すとしています。現在は法定通貨と仮想通貨は相容れないもの、分けて考えるべきものとして捉えられることが多いでしょう。
しかしForty Seven Bankはその認識を改め、法定通貨と仮想通貨の懸け橋となるプロジェクトを進行させているのです。
ICOが認知されていけば、法定通貨と仮想通貨の溝はなくなり、両方のメリットを利用できる最先端の銀行ができ上がるかもしれません。
現金、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、仮想通貨を自由に組み合わせられるシステムが完成すれば、支払いや送金は快適なものになるでしょう。

信頼して投資をおこなえるICO

ICOに投資をおこなう際に、もっとも重要視すべき点は安全性です。
成功の可能性が高いのか、詐欺や法に抵触することはないのかを事前に調べることが、利益以上に大切なこととなるでしょう。ICOの安全性を計る基準はいくつかありますが、なかでも公式サイトの充実度はポイントです。
企画の詳細やロードマップ、開発チームの顔写真などがチェックできる公式サイトを持つForty Seven Bankは、信頼できる投資対象といえるかもしれません。
投資にはイーサリアムだけでなくビットコインを利用することもできるので、より多くのユーザーを引き入れやすいのも魅力。資金をスムーズに集めることができれば、Forty Seven Bankによる次世代の銀行システムの確立は現実に近づいていきますね。

すべてを1つのアカウントで管理する!Forty Seven Bankの特徴とは

1つのアカウントで資産を管理

Forty Seven Bankには、「マルチアセットアカウント」と呼ばれるシステムが搭載されています。1つのアカウントで銀行口座や仮想通貨のウォレットを管理できるサービスとなるため、自分の資産を簡単にまとめることができるでしょう。
現在はそれぞれの通貨が別々のシステムによって取り扱われるため、スムーズな利用が妨げられている状況。Forty Seven Bankのマルチセットアカウントは、そんな現状を変えるきっかけになると期待されているのです。
特に仮想通貨の普及に貢献すると考えられるので、Forty Seven Bankへの投資が仮想通貨全体の発展につながるかもしれません。
サービスの販売や購入、投資、取引、先物といった金融サービスを1つのプラットフォームで利用できるようになれば、理想的な資産運用が実現できます。
マルチセットアカウントによって、世界の銀行は新しい領域に踏み込む準備を完了させられることでしょう。

仮想通貨技術を使ったシステム

Forty Seven Bankは、仮想通貨とブロックチェーンの技術を最大限に利用したICOです。
スムーズで可視化されたオープンAPIや、スマートコントラクトによる簡単契約などといったシステムは、企業とユーザーにとって有益なものとなるでしょう。
また銀行のセキュリティや業務効率を高めるために、AIの機械学習やバイオメトリクスによる正確な認証機能を取り入れていく予定もあるとのこと。
最新技術によって強化されたForty Seven Bankのプラットフォームは、まったく新しい未来の銀行を作りだしてくれるかもしれませんね。
企業はこれらの技術に頼りながら、フィンテックアプリケーションを発信していくことができます。
デジタル化された効率的な業務内容は、さらなる利益を狙うことができます。
企業の参加が増えればFSBTトークンの価格は高騰するはずなので、投資の結果が良い方向に向かうことでしょう。

ICOとしての注目度が高い

Forty Seven Bankは既に、多くのメディアに取り上げられているICOとして知られています。仮想通貨のニュースサイトはもちろん、テレビでもインタビューされているようなので、その存在感は随一のものだといえるでしょう。
Forty Seven Bankの企画は一部の人間ではなく、全世界の人々に影響する規模となることが予想されるため、情報発信が重要なポイントになります。
現時点でこれだけの成果を出せているForty Seven Bankは、その将来にも期待できるかもしれませんね。

銀行を本当に便利な機関に変える!Forty Seven Bankの将来性をチェック

効率的な資産運用が実現

Forty Seven Bankが実装するプラットフォームでは、これまで以上に自由な資産運用が可能となります。
現金も仮想通貨も同列で扱えるという利便性は、日常に大きなメリットを提供してくれるでしょう。
今までは資産運用に興味を持てず、ただ銀行に預金し続けていた人も、Forty Seven Bankが普及すれば気が変わるかもしれませんよ。
銀行を本当に便利な機関とするForty Seven Bankヘの期待感は、今後も高まっていくことでしょう。

仮想通貨の価値を高める

Forty Seven Bankのプロジェクトが成功すれば、仮想通貨は既存の通貨と変わらない感覚で利用できるようになります。
それはこれまで仮想通貨に良いイメージを持っていなかった人々に対するアピールとなるため、多くのユーザーを獲得することにつながるでしょう。
仮想通貨全体の価値が高まることが考えられるので、FSBTトークンヘの投資が単純な利益以上の効果を生み出すかもしれません。
Forty Seven Bank以外のICOに参加している人は、Forty Seven Bankに投資して、仮想通貨業界そのものの盛り上がりに期待してみてはいかがですか。

Forty Seven Bankヘの投資で銀行を大きく変えていこう!

数あるICOのなかでも、Forty Seven Bankはかなりのポテンシャルを持ったプロジェクトだといえます。銀行と仮想通貨をつなげる計画が成功すれば、私たちの生活は1つ上のレベルに到達することができるでしょう。
Forty Seven Bankへの関心や投資は、未来の銀行の在り方を決めることになるかもしれません。
この機にぜひForty Seven Bankの魅力や将来性を熟知し、ICOの情報を追いかけてみてはいかがでしょうか。

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。