Web取引の制限を取り除くICO「Creditcoin」の特徴や将来性は?

インターネットが発達し、誰もがパソコン1台で大規模な商取引をおこなうことができる現代。
そのインターネットを介した商取引、または物の交換において発生するさまざまな制限や摩擦を無くし、スムーズなインターネット上の取引を可能とすることを目的とした仮想通貨ICOが、このCreditcoinです。

Creditcoinは、仮想通貨の根幹となっている革新的技術であるブロックチェーン技術を利用したシステム系のICOで、類似のICOも多いことから知名度はそれほどでもないのですが、発行されているトークンの数が少ないことから今後の値上がりを期待できるICOとなっています。
ここでは、そんな知る人ぞ知るICOであるCreditcoinについて簡単に紹介します。

Creditcoinの概要

Creditcoinはインターネット上でおこなわれるさまざまな取引をスムーズにするために必要となる仮想通貨トークンです。
一口にインターネット取引とっても、現在は多くのマーケットがインターネット上に開設され、展開されています。
Creditcoinがその機能を発揮する場所は、Flatlay Marketplaceです。このFlatlay MarketplaceにCreditcoinが実装される事で、数々の商取引だけではなく、物の交換、宣伝などがスムーズにおこなわれるようになり、なお且つ、その製作者達に多大な利益をもたらす事となるのです。

では、Creditcoinに関わる諸々の関連ある事柄をいくつか抜粋し解説します。

Flatlay Marketplaceとは?

Creditcoinを語る上で絶対に欠かすことができないものがFlatlay Marketplaceです。

2015年に誕生したFlatlay Marketplaceは、現在では1万人を超える登録者数を誇り、現在までに数多くの取引がすでに為されています。
また、Flatlay Marketplaceに登録しているブランドは3000を超え、商取引をおこなっている小売業者の数100社を超えています。

インターネット上ですでに膨大な取引をおこない、高い実績を持っているFlatlay Marketplace。そして、そのFlatlay Marketplaceに実装することで更なる商取引のスムーズな拡大ができるようになるのが、Creditcoinトークンの持つ力なのです。

プラットフォームは?

Creditcoinが展開されるプラットフォームはイーサリアムです。ブロックチェーン技術をさらに向上させ、色々なことに対応できるように汎用性を高めたオープンソースのプラットフォームであるイーサリアムは、Creditcoin以外にも多くの仮想通貨ICOのプラットフォームとして活用されています。
イーサリアムはオープンソースであることから更なる機能の向上が予測されていますので、今後のイーサリアムのレベルアップにより、Creditcoinの機能も併せて向上するかもしれません。

また、イーサリアムには独自技術である「スマートコントラクト技術」が組み込まれています。
この技術は取引プロセスを自動化させ、決済時間を短縮する機能がありますので、インターネット商取引のスムーズ化を目的として開発されたCreditcoinの能力を最大限に引き出してくれます。

使える通貨は?

Creditcoinに参加できる仮想通貨は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の2種類のみ。これら以外の仮想通貨がCreditcoinに参加できるようになるのかどうかは、開発者達からなにも発表されていないため、今のところ分かりません。

Creditcoinの特徴

海外では豊富に存在している仮想通貨ICOは、その豊富さゆえに似たり寄ったりのアイデアの物が多く出回っています。
ICOとして価値を見出してもらい、多くの人からの資金提供を受けるには、そのICOに独自の特徴を持たせることが必要不可欠なのです。

インターネット上の商取引を今まで以上にスムーズ且つ、効率的におこなうことを目的としているCreditcoinは、開発者達の言葉によれば『消費者行動に驚異的な変革を起こすソリューション』であり『次世代型のプラットフォーム』だと言うことです。
Creditcoinの機能の何を持ってこれらの言葉で表しているかを探るため、ここではCreditcoinの特徴をいくつかかいつまんで紹介します。

ワークフロー管理システム

仮想通貨を使用したインターネット上の商取引をスムーズにおこなうには、決済の方法が非常に重要になってきます。

仮想通貨が商取引において、未だ運用されづらいのは、その価格の変動の度合いが大きいことが挙げられます。
また、それぞれの仮想通貨の銘柄ごとに価格が異なってしまう点もウィークポイントとなってしまっています。
こういった数々の問題点を克服してくれるのが、Creditcoinが持つワークフロー管理システムです。

ワークフロー管理システムはワークフローと決済が融合したシステムで、この機能によりクロスボーダー決済やマルチチャンネルコンテンツトラッキングに関わる多くの問題を解消することができます。

パブリッシングプラットフォーム

商品を幅広い層に確実に売るために必要なことが宣伝(パブリシティ)です。
これはインターネット上でおこなわれる商取引と言えども、全く例外ではありません。
質の高い商品を作ることは当然のこととして、それを売り捌くには宣伝が重要なのです。

インターネット上での効率的で最も広範囲に宣伝できる方法と言えば、SNSを活用した宣伝方法。広く人々に影響を与える力を持つインフルエンサーがSNS上で商品の宣伝をすれば、その販売力は跳ねあがります。

Creditcoinに備わっているパブリッシングプラットフォーム機能は、そのインフルエンサーがSNSを介してアフィリエイトプログラムに参加するための分散化された方法を提供するシステムです。
このパブリッシングプラットフォームの機能を使えば、多くのブランドや小売業者が、インフルエンサーを雇って効率の良い自社製品の宣伝をおこなうことができるようになります。

Flatlay Marketplaceの使用

多くの人の生活に密接に結びついているSNSは、Flatlay Marketplaceで紹介されているコンテンツの販売に非常に重要な役割を持っています。

現在の世界中の人々は、テレビや雑誌などによる紹介よりも、SNS上で展開されている商品紹介に強い関心と信頼を寄せています。

Flatlay Marketplace はSNSを戦略的に取り入れており、登録している1万を超えるコンテンツ制作者は、Flatlay Marketplaceを通して自分が開発したコンテンツを宣伝・販売しています。
Creditcoinは、このFlatlay Marketplaceを使用する者に効率的に利益をもたらす仮想通貨トークンです。
Creditcoin を実装したFlatlay Marketplaceは、決済の短縮化やグローバルネットワークのシームレス化がおこなわれるため、仮想通貨を利用したことによるわずらわしさから解放されるというメリットを得られるのです。

Creditcoinの目的

Creditcoinは統一された報酬ベースのトークンとして、インターネット上での仮想通貨による商取引をスムーズにおこなえるようにし、オンラインでもオフラインでもありとあらゆる場所で買い物ができるようにすることを目的とした仮想通貨ICOです。

今までよりもさらに発展したネットワークパフォーマンスを提供し、インターネットのマーケティング能力を高めることがCreditcoinのコンセプトで、それは1万人を超えるコンテンツ登録者を抱えるFlatlay Marketplaceに実装されることで実現します。

Creditcoinの将来性

現在、世界中ですでに主流となっているインターネット上での商取引を、さらに効率化・スムーズ化を目的として開発されたCreditcoinの将来性はどうなのでしょうか?

Creditcoinのような仮想通貨による決済の統一化を掲げるICOは非常に多く存在しているため、その点だけをみればCreditcoinもその他大勢レベルのICOの1つとみなされてしまう危険性があります。
しかし、CreditcoinにはFlatlay Marketplaceとの連動という特徴があるので、Flatlay Marketplaceを介した商取引においては他のICOよりも強く、その点がCreditcoinを他のICOと差別化させている要因となっています。

そのように、CreditcoinはFlatlay Marketplaceでの取引に特化したICOなので、その利用者からの需要は高くなると予測されます。

限定的なマーケットで強みを発揮するCreditcoin

Creditcoinは全てのインターネット上のマーケットに対応するのではなく、Flatlay Marketplaceという限定的なマーケットで強みを発揮する仮想通貨ICOです。

そのためトークンの発行数も少なくコミュニティも小さいですが、範囲が狭い分、Flatlay Marketplaceの利用者達の間で徐々に価値を高めていく可能性を秘めています。

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。