ブロックチェーンインフラを構築するICO「Tomocoin」の特徴や将来性は?

日に日に進歩を遂げて行くデジタルマーケティングの世界で、現在テクノロジーの中心にいるのがブロックチェーンテクノロジーです。
ビットコインをはじめとした仮想通貨の数々を生み、それを運用するにもブロックチェーンテクノロジーの応用と発展が必要不可欠です。

このTomocoinは、さまざまな仮想通貨ICOのプラットフォームとなっているイーサリアムの問題点を解決する可能性を秘めたICOです。
現在、問題となっているイーサリアムのトランザクションの詰まりを解消し、スムーズな取引を行うために誕生したTomocoinは、果たしてどのような能力を持っているのか?
ここでは、そんなTomocoinについて解説します。

Tomocoinの概要とは?

仮想通貨を使用した取引において頻繁に利用されるプラットフォームであるイーサリアム。
このイーサリアムは、高度なブロックチェーンテクノロジーをオープンソースで提供していることから、実にさまざまな人がデジタル商取引で利用している人気のプラットフォームです。
仮想通貨ICOでもほとんどがイーサリアムをプラットフォームとして利用していますが、汎用性が高く利用者が多いことでイーサリアムでのトランザクション数が増加し、ネットワーク全体につまりが生じる問題が発生しています。

それを解消するために開発されたのが、このTomocoin。ここでは、そのTomocoinの概要について解説します。

トランザクションがスムーズ

革新的なデジタルテクノロジーであり、安全性も高いことから、ブロックチェーンテクノロジーを利用したトランザクション(取引)は日に日に増加の一途を辿っています。

取引所を経由するか、ウォレットから直接送金するかで違いはありますが、ビットコインネットワークは1トランザクションごとに10分かかり、正常な時間で送金するためには約20~30ドルの費用がかります。
また汎用性が高く多くの仮想通貨ICOに人気のイーサリアムネットワークも1トランザクションに約4分かかり、およそ3ドルの費用がかかります。

つまり実際に上記の通貨を送金するとなれば、数時間〜数日かかってしまうという事になり、こういった遅延の問題を解決するために生み出されたのがTomocoinなのです。
Tomocoinは独自のブロックチェーンとイーサリアムのブロックチェーンを使い、トランザクションのスピード向上とデータのバックアップを実現する仮想通貨ICO。しかも、それをゼロコストで実現してくれるので、費用対効果も抜群なのです。

ソーシャルネットワークサービス

Tomocoinはブロックチェーンテクノロジーを高度に応用してインターネット上の商取引をスムーズに行うツールですが、それ以外にもさまざまなデジタルコンテンツの提供を計画しています。

その中の1つが、ソーシャルネットワークサービス(SNS)です。

Tomocoinはイーサリアムのトランザクションの解決以外にも、
「自動ボーナスシステム」
「情報セキュリティメッセージング」
「Tomocoinによる動画広告・有料チャンネル」
を実現するアプリケーションの開発も行っています。

これらのソーシャルネットワークサービスの数々は、ソーシャルネットワーク運営者がTomocoinと提携することで実現する計画で、現在すでに色々なソーシャルネットワーク運営者がTomocoinを採用しています。

Tomocoinの特徴

汎用性が高く人気のプラットフォームであるイーサリアムの問題点を解決するTomocoin。
このTomocoinはイーサリアムと同様にオープンソースであり、多くの人がトークンさえ手に入れれば誰もが簡単に利用することができるブロックチェーンインフラです。

Tomocoinは仮想通貨ICOの中でも知名度や期待値が高く、成功したICOとして知られています。

ゼロトランザクション

ブロックチェーンテクノロジーは安全性が高いことから、色々なインターネット取引で利用されています。
そのことからプラットフォーム上でのトランザクションが過剰に増加し過ぎており、スムーズにトランザクションが行われなくなっていることが問題となっています。

Tomocoinはダウンタイムを最大で2秒に抑えるため、ありとあらゆるインターネット上の商取引のトランザクションのコストをゼロにすることができます。

Tomocoinはプラットフォーム上で行われている小規模企業や大企業の分散型アプリケーションやトークン発行、またトークンの統合を行い、トランザクションの流れをスムーズにしてくれます。

Tomocoinはインフラストラクチャを管理し、規制するプロトコルトークンにもなるため、金融システムの新たなる代替的なシステムとなる可能性も秘めているのです。

透明性のある取引

仮想通貨が世の中で注目を浴びるようになってから心配されるようになったのが、仮想通貨を利用したマネーロンダリング等の金融犯罪です。

Tomocoinが運用され、コストゼロによるスムーズな取引が実現すると、Tomocoinが金融犯罪の温床になってしまう可能性を危惧する人もいるかもしれませんが、Tomocoinは独自のデジタルテクノロジーにより、高い透明性と検証可能な信頼性を手に入れています。

この“検証可能”という点が重要で、第三者の手で検証することができる点が、Tomocoinの透明性の高さを物語っているのです。
そのおかげで世界中のビジネスマンから、Tomocoinを使った取引は安全という評価を得ることができるのです。

TomoAppとは?

Tomocoinによるインフラが運用される時に初めて適用される製品がTomoAppです。
TomoAppは、暗号化を組み込んだ新しい分散型ソーシャルネットワークを構築することを目指して開発されました。

このTomoAppは認証によって構築され、ユーザ自身が管理するアプリケーションです。
TomoAppはゼロコストで構築され、Tomocoinのインフラ上で機能するソーシャルネットワークサービス用のモジュールとなります。
TomoAppはその製品の向上に合わせて機能が分離、または追加されて行く仕組みですので、Tomocoinのインフラの機能変化に合わせてTomoAppの機能も同様にバージョンアップして行くとのことです。
このTomoApp内の基軸通貨となるのがTomocoinです。

Tomocoinの目的

Tomocoinの目的は、現在のブロックチェーンインフラ上のトランザクションの詰まりを解消し、スムーズで透明性の高い新たなブロックチェーンインフラを構築することです。
Tomocoinの目的が実現すれば、世界中のインターネット取引はより安全に、よりシンプルになります。

実現化を期待して多くの出資者がTomocoinに出資していますので、かなり将来有望な仮想通貨ICOだと言えます。

また、ソーシャルネットワークサービスの分野でもTomocoinは多く採用されていますので、ソーシャルネットワークサービスでも改革を起こすことが期待されています。

Tomocoinの将来性

Tomocoinの将来性についてですが、世界のTomocoinが幅広い小から支持を集めている理由は、そのアイデアの革新性だけではなく、開発チームの公平性も重要な要素として含まれています。

ただやみくもに資金を集めているだけでなく、開発者達が信頼できる出資者からのみ資金提供を受けているという点も、クリーンなイメージを与えてくれます。
また、Tomocoinは最新の人工知能テクノロジーを認証システムやユーザーエクスペリエンスに適用しています。
ブロックチェーンだけでなく、人工知能テクノロジーの発展にも貢献しているのです。

これらの点から、Tomocoinは計画実現まで多くの人から強いサポートを得られ続けると予測することができます。

Tomocoinでブロックチェーンインフラのトランザクション問題が解決へ?/h2>

最先端テクノロジーを駆使してブロックチェーンインフラをよりよく再構築するTomocoinは、ブロックチェーンテクノロジーや人工知能といった最新デジタル技術に期待している人々によって強く支持されている仮想通貨ICOです。
出資者の数も多く、今後も増えて行くことが予想できることから、近い将来Tomocoinによってブロックチェーンインフラのトランザクション問題が解決される可能性が高いのかもしれません。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰