JR東日本スタートアップとサインポストが合弁会社「TOUCH TO GO」設立 無人AI決済の店舗実現へ

JR東日本スタートアップとサインポストが7月1日(月)、合弁会社「株式会社TOUCH TO GO」を設立することが発表されました。

【PR】PayPay、新規登録でもれなく500円相当のPayPay残高をプレゼント

AI活用のキャッシュレス無人店舗を実現へ

JR東日本スタートアップとサインポストは、これまでに大宮駅や赤羽駅で無人AI決済店舗の実証実験を実施してきました。
実証実験ではサインポスト開発の無人AI決済システム「スーパーワンダーレジ」を活用。AIがカメラを使って利用者が選んだ商品を把握し、自動的に購入金額の算出を行うようになっています。利用者はレジに並ぶ必要がなく、退店前にディスプレイで商品名と購入金額を確認し交通系電子マネーで決済を行うことで、買い物を済ませられます。

2社は2019年2月に合弁会社の設立を検討する基本合意書を締結しており、7月1日(月)に「株式会社TOUCH TO GO」を設立するとして合意に至りました。
合弁会社の設立により、無人AI決済店舗の開発を加速させていくとのことです。


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

この記事に関連するタグ

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。