キャッシュレス関連株の銘柄一覧!本命をピックアップ

スマホのコード決済で20%還元キャンペーンが話題になるなど、キャッシュレスサービスに人気が出ています。

さらに、国の事業としてキャッシュレス決済のポイント還元施策が発表され、そのことでもキャッシュレスがより注目されているところです。
日本全体のキャッシュレス化を国が推進するということになりますので、大きな変化が起こるのは当然ですよね。

そこで気になるのが、キャッシュレス関係の企業の株の動向ではないでしょうか。
この記事では、経済産業省が進めるキャッシュレス施策の実態と、注目のキャッシュレス関連株について紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

話題のキャッシュレス決済!メリットやおすすめのサービス、種類、特徴、使えるお店は?

経済産業省が推進!キャッシュレス・ビジョン


キャッシュレス決済とは、現金を使わずに支払いをする決済方法のことです。
アメリカや中国、韓国などはキャッシュレス比率が超えていますが日本ではまだ20%程度と遅れており、経済産業省はキャッシュレス・ビジョンを策定して日本のキャッシュレス化を進めています。

キャッシュレス決済にはどんなものがある?メリットは?

キャッシュレス決済の種類としては、クレジットカードやデビットカード、電子マネーに加えて、最近はQRコード・スマホ決済も注目を集めるようになっています。

キャッシュレス決済の主なメリットは、スマホアプリで支払いをしたり、カード一枚で支払いができるため、現金を使う必要がなく決済フローが楽になるということです。

また、キャッシュレスサービスの会員ホームページやスマホアプリで利用履歴が残り、管理しやすいのもよいところです。

さらに、キャッシュ決済を利用することでポイントが貯まったり、キャンペーンクーポンを使うことでお得にお買い物ができるのもメリットです。

新しくできた決済サービスが、ユーザー獲得のために大きなキャンペーンを行い、それがSNSなどで話題になることで、既存のキャッシュレス決済も対抗してキャンペーンを実施するという流れができています。

ユーザーとしては、これまで使っていたサービスがよりお得に使えるようになったり、自分に合ったより還元率の高いサービスに乗り換えることで、これまでよりも便利でお得にお買い物ができるようになるでしょう。

キャッシュレスは、SNSなど口コミで大きな話題になっている注目度の高いジャンルです。

日本政府による「キャッシュレス・ビジョン」とは

キャッシュレス・ビジョンとは、日本のキャッシュレス比率を先進国の標準まで高めることを目指して経済産業省が策定したものです。

経済産業省は2025年までに日本のキャッシュレス比率を40%にすることを目標としており、それをどのように実現していくのか今後の方向性を示し、課題を提示しています。

また、キャッシュレス・ビジョンの提言を踏まえてキャッシュレス推進協議会という組織も立ち上げられているのです。

経産省によるキャッシュレス・消費者還元事業

消費税が増税される2019年10月1日から、翌年の6月30日までの期間で、キャッシュレス・消費者還元事業が予定されています。

これはキャッシュレス決済を利用した消費者には2%または5%のポイント還元を行うというものです。

ポイント還元により消費税増税後の家計の負担を軽減し、同時にキャッシュレス決済の利用率を高めたいという狙いがあります。

このように、2019年には経済産業省のキャッシュレス関連の大きな施策が準備されており、日本全国がキャッシュレスで盛り上がりつつあることから、2019年はキャッシュレス元年と言われています。

キャッシュレス関連銘柄とは


経済産業省がキャッシュレス・ビジョンをまとめたり、キャッシュレス推進協議会を作ることで、日本全国が一斉にキャッシュレス推進の方向に進んでいます。

もはやキャッシュレスは国が推進する国策となるため、日本の株式市場ではキャッシュレス関連の銘柄に大きな注目が集まる可能性があります。
そうすると、投資家の資金が入ることで短期間のうちに株価が大幅に上昇する可能性もあるのです。

キャッシュレス関連銘柄とは、クレジットカード会社やデビットカードを提供する銀行、スマホ・QRコード決済事業者など、キャッシュレス事業に関わる企業の株です。

これからしばらくの間、日本全国の多くの店舗がキャッシュレスを導入することで、キャッシュレス関連企業の業績は好調を維持することが予想されます。

キャッシュレス関連銘柄一覧


それでは、株のキャッシュレス関連銘柄を一覧で紹介します。
キャッシュレスにもいろいろな種類があり、QRコード関連から電子マネー関連、クレジットカード会社やデビットカード関連などがキャッシュレス関連銘柄になります。

特に注目なのは以下の3種類。

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • スマホ・QRコード決済

それぞれの銘柄を具体的に紹介します。

クレジットカード関連銘柄

クレジットカードはキャッシュレスの決済方法としては昔から普及していますので、有名企業の銘柄が多数あります。

証券コード 企業名
3750  セブンシーズHD
8316  三井住友フィナンシャルグループ
8508  Jトラスト
8252  丸井グループ
8253  クレディセゾン
8589  アプラスフィナンシャル
8570  イオンフィナンシャルサービス
8585  オリエントコーポレーション

電子マネー関連銘柄

電子マネー関連銘柄としては以下のようなものが挙げられます。

証券コード 企業名 決済サービス
3382  セブン&アイHD   流通系電子マネーnanaco
8028  ユニー・ファミマ  流通系電子マネーユニコ
8267  イオン       流通系電子マネーWAON
9020  東日本旅客鉄道   交通系電子マネーSuica
9021  西日本旅客鉄道   交通系電子マネーICOCA
9022  東海旅客鉄道    交通系電子マネーTOICA
9142  九州旅客鉄道    交通系電子マネーSUGOCA
9437   NTTドコモ    iD
4755  楽天        楽天Edy
6457  グローリー     電子マネー端末
3625  テックファーム   カジノ向け電子マネーシステム
6758  ソニー       FeliCa
7914  共同印刷      RFID
7912  大日本印刷     DNPマルチペイメントサービス
3769  GMOペイメント  PGマルチペイメントサービス
6424  高見沢サイバネ   電子マネー関連機器
3837  アドソル日進    キャッシュレス関連システム
9753   IXナレッジ     金融機関向けシステム
2307  クロスキャット   クレジットカード向けシステム
3784  ヴィンクス     無人レジ
3996  サインポスト    無人レジ

スマホ・QRコード決済関連銘柄

最近注目されているスマホ・QRコード決済関連銘柄としては以下のようなものがあります。

証券コード 企業名 決済サービス
4689 ヤフー       ヤフーマネー、PayPay
9434 ソフトバンク    PayPay
3938 LINE        LINE Pay
4385 メルカリ      メルペイ
9433 KDDI        au PAY
7182 ゆうちょ銀行    ゆうちょPay
6098 リクルートHD   Airペイ
6172 メタップス     pring
3995 SKIYAKI   スキヤキペイ
3623 ビリングシステム  PayB
3917 アイリッジ     MONEY EASY
8411 みずほFG      QRコード決済に参入予定
8306 三菱UFJ FG QRコード決済に参入予定
8316 三井住友FG     QRコード決済に参入予定
4824 メディアシーク   QRコード読み取りアプリ
6664 オプトエレクトロ  QRコードリーダー
6861 キーエンス     QRコードリーダー
3753 フライトHD    モバイル決済端末

キャッシュレス銘柄の本命は?


たくさんあるキャッシュレス銘柄から、本命として注目度の高いものをいくつかピックアップして紹介します。

銘柄の本命とは、株式市場で大きな注目が集まり、話題性がある株のことです。
話題性のあるテーマ株は相場の状況の影響をあまり受けず、どんな相場でも強いというのがテーマ株を本命として狙うメリットとなります。

もう一つ重要なポイントは現時点での時価総額です。
すでに多く買われている有名企業の銘柄よりも、現時点では時価総額が小さい銘柄の方が株価の伸びしろがあります
投資家が投機する対象となりやすいため、場合によっては株価が短期間で2倍以上になることもあるのです。

キャッシュレス関連の銘柄でおすすめなのは以下のようなものです。

証券コード 企業名
2428 ウェルネット
4824 メディアシーク

ウェルネットはコンビニ決済などを手がける決済代行業者です。
中国のアリペイと提携した新しい決済端末を開発していることから注目されています。

メディアシークはスマホ向けバーコードリーダーを開発する企業です。
スマホでQRコードを読み取るアプリも開発していることから、キャッシュレス関連で業績を伸ばしていくことが予想されます。

特にスマホ・QRコード決済関連銘柄がおすすめ

キャッシュ関連銘柄の中でも特におすすめなのがQRコード関連の銘柄です。
QRコード関連は消費者に大きなメリットがあり利用者が増えていますが、導入する店舗の側にもメリットがあるので、今後急激に増えていくと考えられます。

消費者としては現金を使わずに素早く支払いができ、クレジットカードやデビットカードよりも利便性が高いのがメリットです。

店舗側のメリットとしては導入コストが安いのがメリットです。
QRコードを表示するタブレット端末を導入するか、QRコードを印刷して店舗に掲示するだけで導入できるので、高価な機械を購入する必要がありません。

決済手数料が無料になることも多く、費用の負担を最小限に抑えて顧客の呼び込みができます。

QRコード決済はPayPayやLINE Payなどが大規模なポイント還元キャンペーンを実施したため、SNSで大きな話題となり注目を集めています。
キャッシュレス決済の中でも特に熱い分野のため注目の銘柄です。

QRコード関連で特に注目されるのは以下のような銘柄です。

 

証券コード 企業名
4385 メルカリ
3938 LINE
3623 ビリングシステム

メルカリはフリマアプリで人気があり、メルカリアプリ内でQRコード決済のメルペイを展開しています。
本業のフリマも好調で、QRコード決済も独自性があるため将来性があります。

LINEはメッセージアプリLINEの中の決済機能としてLINE Payをリリースし、大規模なキャンペーンを実施してユーザーを集めています。

ビリングシステムはQRコード決済システムのPayBを開発した会社です。
PayBでは大阪府で税金の支払いに対応したことから大きな注目を集めています。

以上、ご紹介した会社がキャッシュレス関連銘柄で注目される本命銘柄です。
ただし、投資はあくまで自己責任のため、参考としながら情報収集をしていくと良いでしょう。

株はキャッシュレス関連銘柄に注目!


キャッシュレスは単なる流行ではなく国の施策でもあり、全国の企業がキャッシュレス決済に向けて動いています。

株でもキャッシュレス関連銘柄に注目が集まりますが、中でも特におすすめなのはスマホ・QRコード決済関連です。
経産省のキャッシュレス事業はまだ準備段階ですが、消費税が増税される2019年10月に本格スタートします。

今のうちからキャッシュレス関連銘柄に注目して、情報収集しておくとよいでしょう。


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

この記事に関連するタグ

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信