キャッシュレス

ローソン、セルフレジ運用実験を徳島県で開始

株式会社ローソンは、7月2日(火)より、セルフレジの運用実験を徳島県内のローソン店舗(一部店舗を除く)で開始します。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

セルフレジ導入で人手不足対応とキャッシュレス化推進

以下、プレスリリースより引用。

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、7月2日(火)より、セルフレジの運用実験を徳島県内のローソン店舗(138店:2019年5月末時点、(※)一部店舗を除く)で開始します。

2019年2月末までに全店導入を完了した新型POSレジは、自動釣銭機や多言語(日本語含む4か国語)でのナビゲーション機能を搭載し、レジ業務負荷の軽減に繋がっています。この新型POSレジは、店側の簡単な操作により、これまで通り店員がレジ操作を行うモードの他に、お客様がレジ操作を行う「セルフモード」に切り替えて使用する事ができます。「セルフモード」はキャッシュレスによる決済のみで、現在約50店舗のローソンで運用実験を行っています。エリアを限定した複数店舗での実験は今回が初となります。

(※)防犯カメラの増設等が必要となった店舗が数ヶ所あり、実験開始店舗は県内全店ではありません。

今回、全国での運用に先駆けて、徳島県内のローソン店舗において、セルフモード運用の実験を開始します。実験結果をもとに運用方法や運用時間等を検証し、2019年9月末までに全店舗での運用開始を目指してまいります。

実験概要

期間

7月2日(火)~7月29日(月)の4週間(予定)

対象店舗

徳島県内のローソン店舗(※)一部店舗を除く

利用特典

実験運用期間中は通常ポイントに加え、100円につき2ポイントを付与(Ponta会員、dポイント会員対象)

運用時間

店舗により異なる

決済方法

キャッシュレス決済のみ(クレジットカード、交通系電子マネー、iD、楽天Edy、QUICPay、WAON、Apple pay、ポイント利用(全額利用)、国際ブランドプリペイドカード、バーコード決済)
※現金、クーポン・金券・ギフト券、QUOカード、デビットカード、ポイント利用(一部利用)、ギフトカード決済は使用不可

購入(決済)いただけない商品

医薬品、ゆうパック・レターパック・切手・はがき、テレホンカード・QUOカード・ギフトカード、予約商品、一部値引き商品 など

ご利用いただけないサービス

収納代行、領収証発行、返品・返金、電子マネーチャージ、コンビニ受け取り、Loppi残高照会(QUOカード・Edy・WAON・プリペイドカード) など

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。