ローソン、セルフレジ運用実験を徳島県で開始

株式会社ローソンは、7月2日(火)より、セルフレジの運用実験を徳島県内のローソン店舗(一部店舗を除く)で開始します。

【PR】PayPay、新規登録でもれなく500円相当のPayPay残高をプレゼント

セルフレジ導入で人手不足対応とキャッシュレス化推進

以下、プレスリリースより引用。

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、7月2日(火)より、セルフレジの運用実験を徳島県内のローソン店舗(138店:2019年5月末時点、(※)一部店舗を除く)で開始します。

2019年2月末までに全店導入を完了した新型POSレジは、自動釣銭機や多言語(日本語含む4か国語)でのナビゲーション機能を搭載し、レジ業務負荷の軽減に繋がっています。この新型POSレジは、店側の簡単な操作により、これまで通り店員がレジ操作を行うモードの他に、お客様がレジ操作を行う「セルフモード」に切り替えて使用する事ができます。「セルフモード」はキャッシュレスによる決済のみで、現在約50店舗のローソンで運用実験を行っています。エリアを限定した複数店舗での実験は今回が初となります。

(※)防犯カメラの増設等が必要となった店舗が数ヶ所あり、実験開始店舗は県内全店ではありません。

今回、全国での運用に先駆けて、徳島県内のローソン店舗において、セルフモード運用の実験を開始します。実験結果をもとに運用方法や運用時間等を検証し、2019年9月末までに全店舗での運用開始を目指してまいります。

実験概要

期間

7月2日(火)~7月29日(月)の4週間(予定)

対象店舗

徳島県内のローソン店舗(※)一部店舗を除く

利用特典

実験運用期間中は通常ポイントに加え、100円につき2ポイントを付与(Ponta会員、dポイント会員対象)

運用時間

店舗により異なる

決済方法

キャッシュレス決済のみ(クレジットカード、交通系電子マネー、iD、楽天Edy、QUICPay、WAON、Apple pay、ポイント利用(全額利用)、国際ブランドプリペイドカード、バーコード決済)
※現金、クーポン・金券・ギフト券、QUOカード、デビットカード、ポイント利用(一部利用)、ギフトカード決済は使用不可

購入(決済)いただけない商品

医薬品、ゆうパック・レターパック・切手・はがき、テレホンカード・QUOカード・ギフトカード、予約商品、一部値引き商品 など

ご利用いただけないサービス

収納代行、領収証発行、返品・返金、電子マネーチャージ、コンビニ受け取り、Loppi残高照会(QUOカード・Edy・WAON・プリペイドカード) など


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信