キャッシュレス

経済産業省「キャッシュレス・消費者還元事業」、還元額が約780億円に

経済産業省が12月16日(月)、「キャッシュレス・消費者還元事業」の利用状況を発表しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

決済手段最多はクレジットカード

経済産業省の「キャッシュレス・消費者還元事業」は10月の消費増税時から2020年6月末まで、対象の加盟店でクレジットカードスマホ決済サービスなどのキャッシュレス決済を利用すると最大5%のポイント還元が受けられる施策となっています。

また本施策に参加する中小・小規模事業者は、キャッシュレス決済で発生する手数料の3分の1を国が補助するため、キャッシュレス決済を低コストで導入することが可能です。

経済産業省は12月16日(月)、10月1日(火)~11月25日(月)までの「キャッシュレス・消費者還元事業」利用状況を発表。期間中の対象決済額は約1.9兆円、還元額は約780億円であることがわかりました。

還元額の約80%は5%還元対象の中小・小規模事業者が占めており、金額は約650億円。さらに2%還元対象のフランチャイズチェーンは約5%で約30億円、コンビニは約15%で約100億円となりました。

対象決済で占めている決済手段はクレジットカードが最多であり、約60%といった結果になりました。また、QRコード決済は約10%、その他の電子マネーなどは約30%でした。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。