キャッシュレス

店舗向けマルチ決済サービスのTakeMe Pay、アジア6カ国79種の決済サービスを追加

店舗向けマルチ決済サービス「TakeMe Pay」が、3月2日(月)より新たにアジア6カ国79種の決済サービスを導入しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

東京五輪までに世界100カ国900以上の決済サービスを導入予定

TakeMe Payでは、店舗用QRコードを顧客自身の携帯で読み込むだけで自国で利用している決済サービスで同じように簡単に支払いが可能です。

これにより、日本での換金の心配や日本円を残して帰国するなどの煩わしさを軽減することが可能です。

アジア6カ国はインドネシア、フィリピン、タイ、マレーシア、ベトナム、シンガポールで利用されている銀行系決済と各国の主要モバイル決済ブランドが追加されます。

70の銀行決済は日本初の取り扱いになります。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
お得なクーポンやキャンペーン情報から話題のキャッシュレス、スマホ決済、仮想通貨、信用スコアなど新時代の金融・投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信しています!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。