話題のキャッシュレス決済!メリットやおすすめのサービス、種類、特徴、使えるお店は?

クレジットカードや交通系IC、スマホ決済など、最近では支払い方法が多様化しています。
面倒な手続きがなくスムーズな決済ができることに加えポイント還元などの嬉しいメリットもあり、日本でも広がりを見せるキャッシュレス化。2020年の東京オリンピックまでにますます普及すると言われています。

キャッシュレスとはそもそも何なのか?どんなメリットやデメリットがあるのか?
キャッシュレスについて詳しく解説します。

キャッシュレス決済おすすめアプリ

PayPay(ペイペイ)

「100億円あげちゃうキャンペーン」で一躍話題になったPayPay。このキャンペーンでスマホ決済デビューした人も多いようです。
Yahoo!とソフトバンクが提携しているサービスで、今後も新しいキャンペーンを行うことも示唆しています。

運営会社 PayPay株式会社
決済方法 ・PayPay残高(銀行口座からチャージが可能)
・Yahoo!マネー
・クレジットカード
使える代表的なお店(実店舗) 飲食店:魚民、白木屋、笑笑、月の宴、山内農場、和民など
家電量販:エディオン、ジョーシン、ビックカメラグループ、ヤマダ電機など
コンビニ:ファミリーマート、ミニストップ、ポプラ
その他;アインズ&トルペ、GENKY、HISなど
使える代表的なお店(オンライン) 今後、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、LOHACOに対応予定。

PayPay(ペイペイ)について詳しくはこちら

PayPayとあわせてオススメ
 

PayPay残高に唯一チャージできるYahoo!カード
今なら10,000円相当のTポイントがもらえる!

楽天ペイ

ショッピングサイトや格安スマホ、銀行などさまざまなサービスを展開している楽天グループが運用する決済アプリです。
楽天ポイントカード対応のお店でなくても、楽天ペイに対応していればポイントを貯めることが可能。対応店舗の多さも魅力の一つです。

運営会社 楽天株式会社(Rakuten,Inc.)
決済方法 クレジットカードによる後払い
使える代表的なお店(実店舗) コンビニ:ローソン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ
飲食店:白木屋、魚民、笑笑、山内農場、千年の宴、和民、PIZZA-LAなど
アパレル:AOKI、Right-on、Stepなど
使える代表的なお店(オンライン) 無印良品、TOHOシネマズ、109シネマズ、BUYMA、DMM、mobageなど
ポイント還元率 2018年12月18日現在、200円利用で1ポイントの還元(1ポイント=1円として利用可能)
登録クレジットカードが楽天カードの場合は、100円で1ポイントの還元

楽天ペイについて詳しくはこちら

楽天ペイとあわせてオススメ
 

楽天ペイと合わせてお得な楽天カード
今なら5,000円相当のポイントがもらえる!

メルペイ

大人気フリマアプリ「メルカリ」と連携する決済アプリです。
メルカリの売上金がそのまま実店舗での買い物にも使えると評判。売上金がないという方も銀行口座から手数料なしで簡単にチャージできるようになっています。
「コード払い」と「iD」に対応しているため、使えるお店は全国135万ヶ所もあるというのが魅力です。

運営会社 株式会社メルペイ
決済方法 ・バーコード
・QRコード
・iD
使える代表的なお店(実店舗) コンビニ:ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン、ミニストップ
飲食店:ガスト、かっぱ寿司、すき家、上島珈琲店、牛角など
家電量販店:ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、グッデイ、DCMグループなど

メルペイについて詳しくはこちら

お得な情報
 

日本のどこかで毎月お得になる!
PayPayのダウンロードはこちら

キャッシュレスとは?

現金を使わずにモノやサービスの対価を支払ったり受け取ったりすることを総じてキャッシュレスと呼びます。
キャッシュレスの範囲は広く、クレジットカードや電子マネー、口座振替など様々な方法があり、そのなかでも手数料がかかるものや無料で利用できるものなどサービス会社によって異なります。
日本ではまだまだ現金で支払うのが主流のようですが、近年、さまざまなタイプのキャッシュレス決済に対応している店舗が増えています。
キャッシュレス決済は「早い」「お得」「簡単」と多くのメリットがあるため、今から始めてみてはいかがでしょうか?

キャシュレスのメリットは?

現金を使わずに決済をすることのメリットを以下に挙げました。

決済がスムーズ

カードやQRコード、通信を介して決済を行うため、あっという間に決済が完了するのがキャッシュレスの魅力。
財布をカバンから取り出す、必要な現金を渡す、お釣りを受け取るという流れを全て省くことができます。
時間の短縮、手間の省略になるため、朝の忙しい時間やレジが込んでいる時に嬉しいメリットです。
ネットショッピングの場合も、代引き手数料が掛かったり配達時間に合わせて家にいなければいけなかったりしなければいけない現金に比べ、情報を入力するだけで決済が完了でき便利です。

ポイント還元がお得

カード会社やサービスによっては決済に利用した金額に応じてポイントが還元されます。ポイントは別の支払い時に利用することができるため、現金よりキャッシュレスの方がお得になることも。
また、キャッシュバックやポイント還元などのキャンペーンを実施していることもあるため、特典をきっかけにキャッシュレスを始める人も多いようです。

お金の管理がしやすい

キャッシュレスはコンピュータを介して決済が行われるため利用履歴が残り、後からすぐに確認できるのも大きなメリット。日々の支出を管理している人にはピッタリでしょう。
そのほか、現金を持ち歩かなくても良いためお金をを引き出すためにATMの行列に並ぶ必要もなくなります。

キャッシュレスで注意したい点

キャッシュレスはメリットが多い反面、注意が必要なこともあります。
現金とは違いキャッシュレスはお金を使っている感覚が薄れるため、つい使いすぎてしまうこともあるので注意しましょう。履歴を確認するなどして、何にいくら使っているのかこまめに把握するのがおすすめです。
また、利用しているサービスによっては決済できる店舗が限られている場合もあります。決済に関して不安がある場合は、店舗の人に事前に確認しておくと良いでしょう。

キャッシュレスはどういう種類がある?

キャッシュレス決済に利用できるサービスはここ数年で急増しており、その方法もさまざま。
特に多いのがクレジットカードやデビットカード、最近急速に普及しているのが電子マネーやスマホ決済、オンライン決済です。
また、仮想通貨を決済に利用できるお店も増えています。
そのほか銀行口座振替、収納代行、小切手などもキャッシュレスの一つとして挙げられます。

クレジットカード

クレジットカードは決済に利用した金額が翌月銀行口座から引き落とされる後払い方式。分割やボーナス、リボ払いなど自分の都合に合わせて支払い方法を選べるのが特徴です。
利用金額に応じてポイントが還元されたり、カード会員ならではの特典があったりとメリットも多数あります。

「ビュー・スイカ」カード

JR東日本グループの株式会社ビューカードが発行するクレジットカードです。
自動改札を通る際に残高不足だった場合のオートチャージ設定が可能。Suicaチャージ・定期券の購入の度に通常の3倍のポイントが貯まるので、電車を頻繁に利用する人には非常にお得なカードです。
もちろん電車の乗車だけでなく日常の買い物でもポイントを貯めることができ、JRE POINT加盟店でクレジットカード決済をすると、ポイント還元率は2倍になります。
貯まったポイントは、Suicaにチャージ、JRE POINT加盟店での利用、商品券やクーポンに交換などに活用することができます。
さらに、海外旅行の際に必要な海外旅行傷害保険や、きっぷや旅行商品をビューカードで購入すると、改札を入ってから出るまでをワイドに補償してくれる国内傷害保険など付帯サービスも充実しています。

国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率 通常の買い物・公共料金の支払い:0.5%
JR東日本での定期券購入・Suicaオートチャージ・切符購入:1.5%
ポイントの種類 JRE PONT
年会費 本人会員:477円(税抜)
家族会員:477円(税抜)
審査基準 日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。(未成年の方は親権者の同意が必要です。)ただし、高校生の方はお申込みいただけません。
発行スピード 最短1週間

オリコカード・ザ・ポイント

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は、年会費永年無料でポイント高還元率が魅力です。多くのカードが還元率0.5%なのに対し、オリコカード・ザ・ポイントは常に1%、最初の6ヶ月間はポイント還元率2%にまでアップするので大変お得。
「価格.comクレジットカード人気ランキング2018下半期」では一般カード部門で第1位を獲得している、おすすめのクレジットカードです。

国際ブランド JCB、Mastercard
ポイント還元率 100円ごとに1ポイント(1.0%)
入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%
ポイントの種類 オリコポイント
年会費 永年無料
電子マネー 「iD」と「QUIC Pay」をダブル搭載
審査基準(申し込み資格) 原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)

JALカード

JALカードの特徴は、通常のフライトマイルに加え、JALカード会員限定のビッグなボーナスマイルをもらえることです。

また、ショッピングでも利用額0.5%のマイルが貯まり、特約店の場合は2倍の1.0%にもなります。オプションの「ショッピングマイル・プレミアム」(有料)をつければ最大2.0%の還元が得られ、ショッピングでカード決済を活用される方には特にお得になっています。

JALカードには充実した旅行保険も付帯しており、旅好きにおすすめのクレジットカードです。

国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス
ポイント還元率 0.50%~1.00%
ポイントの種類 JALマイル
年会費 2,160円(初年度無料)
審査基準 18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で日本国内でのお支払いが可能な方
発行スピード 最短2~3週間

デビットカード

銀行口座に直接紐づいているデビットカード。カードの利用と同時に口座から決済金額が引き落とされるため、使いすぎる心配がなくお金の管理も簡単。
ATMで並ぶ必要がなく、ネットショッピングでも広く利用できます。

電子マネー

企業やサービス、地域ごとに数え切れないほどの種類が出ている電子マネーは、カードや端末にお金をチャージして利用するプリペイド式が主流。
チャージした金額以上は利用できないため、うっかり使いすぎる心配はありません。
有名な電子マネーとしては「nanaco」や「WAON」、「Suica」などの交通系IC、「QUIC Pay」などが挙げられます。

楽天Edy

楽天Edyはその名の通り、楽天ブランドの電子マネーです。
対応している店舗数は電子マネーの中でもトップクラスであり、キャッシュレス決済に対応している店舗であれば、必ずと言っていいほど楽天Edyで決済できます。

楽天edyはこちら

楽天Edyとあわせてオススメ
 

楽天Edyと合わせてお得な楽天カード
今なら5,000円相当のポイントがもらえる!

nanaco(ナナコ)

nanacoはコンビニのセブンイレブンなどを全国展開する株式会社セブン&アイ・ホールディングスが運営する電子マネーです。
「nanacoモバイル」というアプリを登録することで、スマホで電子マネーnanacoを使用することもできます。
セブンカード・プラスというクレジットカードとの併用でお得にポイントが貯まる仕組みになっています。

nanacoはこちら

nanacoとあわせてオススメ
 

nanaco一体型のクレジットカード
セブンカード・プラス

WAON(ワオン)

WAONはイオンリテール株式会社が運営する電子マネーです。
イオングループをはじめ、多くのお店や施設、自動販売機で利用できます。
200円の支払いで1ポイント貯まるという0.5%の還元率が基本ですが、イオンカードセレクトやイオンカードといったクレジットカードと組み合わせて使うことでよりポイントが貯まりやすくなっています。

WAONはこちら

WAONとあわせてオススメ
 

WAON一体型カードはイオンクレジットカードがおすすめ!

スマホ決済

スマホさえあれば決済ができる手軽さが魅力のスマホ決済。端末をかざすだけ、QRコードを読み取る(読み取ってもらう)だけなど操作も簡単。おサイフケータイに対応していなくてもアプリをダウンロードすればキャッシュレスが可能となるサービスも続々と開発されているため、今後ますます普及していくことが予想されます。
スマホの紛失や盗難、個人情報の漏えいなどへのセキュリティ対策は厳重にしておく必要があります。

オンライン決済

クレジットカードやデビットカードによる決済システムを導入していない店舗でもオンライン決済を利用することでキャッシュレスの支払いが可能になるサービスです。代表的なサービスとして「Paypal(ペイパル)」や「SPIKE(スパイク)」「Yahoo!ウォレット」などが挙げられます。

仮想通貨

実体はないものの、価値があることから通貨として流通している仮想通貨。通貨の種類も数え切れないほどありますが、ビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)で支払いが可能な店舗も増えています。技術の高さが世界的に評価されていることもあり、世界中のファンが今後の展開に期待してます。
仮想通貨は仮想通貨取引所で購入し、購入後はセキュリティのために自分のウォレットに移すことも忘れずに行いましょう。

DMM Bitcoin

FXや証券などに精通しているDMMグループが手がける仮想通貨取引所
アルトコインのレバレッジ取引が可能
レイアウトを自分好みにカスタマイズできる取引ツールも魅力

DMM Bitcoinの評価

運営会社 株式会社 DMM Bitcoin
取引手数料 無料
取扱通貨 7種類
最小取引量 0.001 BTC
レバレッジ 4倍で固定
セキュリティ ・コールドストレージによるオフライン保管
・二段階認証
・お客様資産の分別管理
・SSL暗号化通信

DMM Bitcoinについて詳しい記事はこちら

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

アルトコインの取り扱い種類が豊富な仮想通貨取引所
最大5倍のレバレッジ取引が可能
見やすいチャートや高い操作性のアプリが人気

運営会社 コインチェック株式会社
取引手数料 無料
取扱通貨 9種類
最小取引量 0.001 BTC
レバレッジ 最大5倍
セキュリティ ・コールドストレージによるオフライン保管
・二段階認証
・お客様資産の分別管理
・SSL暗号化通信

コインチェックについて詳しい記事はこちら

GMOコイン

金融取引のノウハウがある「GMOグループ」の仮想通貨販売所
0.001BTCの小額資金から投資が可能
日本円の入金・出金手数料のほか、ビットコインの引き出し手数料が無料

GMOコインの評価

運営会社 GMOコイン株式会社
取引手数料 無料
取扱通貨 5種類
最小取引量 0.0001 BTC
レバレッジ ビットコインは10倍、アルトコインは5倍
セキュリティ ・二段階認証
・ログイン通知
・24時間監視
・定期的な脆弱性診断
・脆弱性情報収集
・金銭・仮想通貨の分別管理
・ハッキング対策のほか、内部不正対策も整備

GMOコインについて詳しい記事はこちら

キャッシュレスが使えるお店は?

クレジットカードや電子マネー、スマホ決済などが使えるお店は全国的に拡大しています。コンビニや家電量販店は特に対応している決済方法が多く、最近では居酒屋やドラッグストア、個人商店でもキャッシュレスに対応しています。
クレジットカードや電子マネーは専用の機器が必要ですが、スマホ決済の場合は低コストで導入できるのが店舗側にとっても魅力となっているようです。
今後はキャッシュレス化が進むとともに対応店舗数も増えるため、決済方法を心配する必要がなくなるかもしれません。

簡単、手早く決済できるキャッシュレスを始めよう!

キャッシュレスと一言でいっても多くのタイプがあり、それぞれに様々な種類があります。どのタイプも異なる特徴とメリットがありますが、決済が簡単、便利になる特徴は同じです。
自分の都合やライフスタイルに合わせて選ぶのも良し、特典で選ぶのも良し、今後ますます普及するキャッシュレスを始めてみてはいかがでしょうか?

キャッシュレスの特徴に関する記事一覧

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10