クレジットカード

電子マネー一体型のおすすめクレジットカード3選!ポイントを貯めてお得に活用しよう

クレジットカードの中には、電子マネーの機能が同時に付帯しているものもあります。カード1枚でクレジットカードと電子マネーの2つの機能を使うことができるので非常に便利です。この記事では、電子マネー一体型のクレジットカードの中でもおすすめの3枚をご紹介していきます。

クレジットカードに電子マネーがついていると便利!

電子マネー一体型のクレジットカードは以下の2点の理由でおすすめです。

  • 電子マネーのチャージ・支払いにクレジットカードを設定できる
  • サイフの中がすっきりする

まずクレジットカード付帯の電子マネーの場合、チャージや支払いにクレジットカードを使うことができます。その際にクレジットカードのポイントも貯まるので、電子マネーの支払いポイントと合わせて2重取りすることができます。

また電子マネー一体型のクレジットカードなら、1枚で2枚分の機能を備えているので、サイフの中がすっきりします。サイフに余計なカードが入っていると使いにくいですし、金運も下がってしまいます。電子マネー一体型のクレジットカードなら、こうした問題を解決できます。

電子マネーが一緒になった一体型クレジットカードおすすめ3選!

電子マネー一体型のクレジットカードの中でも、こちらの3枚のカードがおすすめです。

  • 楽天カード
  • イオンカード
  • 三井住友VISAカード

3枚ともお得にポイントを貯めることができ、比較的審査にも通りやすいといわれるクレジットカードです。

楽天カードのメリット

楽天カードは、付帯の楽天ポイントカード、楽天Edyを使うことでポイントの3重取りができることです。楽天Edyのチャージ方法に楽天カードを設定することができるので、楽天Edyで支払いをすることでポイントの2重取りが可能です。さらに楽天スーパーポイント加盟店での支払いであれば、ポイントカード提示と楽天Edyで支払いをすれば、3重取りができます。

楽天Edyでのポイント2重取りができることで、楽天カードが使えない場所でも楽天スーパーポイントを貯めることができます。例えば、電子マネー対応の自販機では、クレジットカードが使えなくても、楽天Edyが使えます。楽天Edyを上手に活用することで、ポイントを貯める機会を増やすことができます。

楽天カード

楽天カードの特徴

楽天カードマンのCMでお馴染み、楽天が発行しているクレジットカードです。年会費は永年無料。楽天カード最大の魅力は、普段の買い物でもポイントが貯まるということ。楽天市場とは関係ないスーパーやコンビニでも、国際ブランド(JCB、VISA、MasterCard、American Express)のクレジットカードが使えるお店であれば、100円につき1ポイント貯まります。もちろん楽天市場の利用時には+2倍のポイントがつくので大変お得です。

楽天カードのスペック

国際ブランドJCB、VISA、mastercard、アメリカンエキスプレス
ポイント還元率100円につき1ポイント(1%)
年会費永年無料
審査基準満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く
発行期間約1週間
キャンペーン新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント

「楽天カード」について詳しくはこちら

イオンカードのメリット

イオンカードは、電子マネーのWAON付帯型のクレジットカードを選ぶことができることです。WAON付帯型のイオンカードを選ぶと、1枚でクレジットカードとWAONの機能を使うことができるだけでなく、WAONのオートチャージ機能を使うこともできます。
イオンカードなら、WAONにクレジットカードチャージをすることができますが、その際にチャージ分の支払いにもポイントが付与されます。WAONは200円につき1ポイント、クレジットカードチャージも200円につき1ポイントの付与があるので、実質100円で1ポイント貯まることになります。
さらにイオンカードならWAONのオートチャージ機能を使うことができます。オートチャージとは、WAON残高が事前に設定した金額を下回ると、イオンカードが勝手にチャージをしてくれるという機能です。ポイントが貯まるだけでなく、チャージの手間も省けるので非常におすすめです。

イオンクレジットカード

イオンクレジットカードの特徴

イオングループでお得に使えるクレジットカードです。毎月20日と30日は買い物代金が5%オフ、電子マネーはWAONに対応しています。イオングループでの買い物がポイント2倍になる他、映画鑑賞割引などの優待があります。年会費も無料なので、生活圏にイオンモールがあるなどイオン系列を使用している方におすすめです。

イオンクレジットカードのスペック

国際ブランドJCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率0.5%
ポイントの種類ときめきポイント
年会費無料
申し込み資格18歳以上で電話連絡可能な方(未成年の場合は保護者の同意書が必要)※高校生不可

三井住友VISAカードのメリット

三井住友VISAカードは、電子マネーのID、Apple Payに対応していることです。AndroidならIDでおサイフケータイが、iOSならApple Payを使うことができます。この仕組みは簡単で、IDやApple Payの支払い方法として三井住友VISAカードが登録されていることになります。つまり実質三井住友VISAカードで支払いをしているということです。

電子マネーに対応しているメリットとしては、ちょっとした決済がよりスピーディになることです。例えば、電子マネー対応の自販機やコンビニでの支払いでは、IDを使うと支払いがスムーズです。その他にも家電量販店やAppleストアではApple Payを使うこともできます。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードの特徴

ICチップや顔写真付きのカードなど、安心できるセキュリティを備えている「三井住友VISAカード」も、おすすめできるクレジットカードです。クラシック、アミティエ、プライムゴールド、ゴールドなどの種類があります。楽天ポイントとヨドバシカメラのゴールドポイントに変換できるポイントサービスもあるので、買い物をしたくなるような環境が整うでしょう。

三井住友VISAカードのスペック

国際ブランドVISA
ポイント還元率1,000円につき1ポイント(0.1%)
年会費初年度:無料
翌年度以降:1,350円(マイ・ペイすリボの登録&利用で無料が継続)
審査基準満18歳以上の方(高校生は除く)
発行スピード最短翌営業日

三井住友VISAカードについて詳しくはこちら

電子マネー一体型のクレジットカードでお得に支払いをしよう

電子マネー一体型のクレジットカードなら、通常のクレジットカード機能以上にお得な支払いをすることができます。特にポイントの2重取り、3重取りができることに注目です。さらに電子マネーにしか対応していない自販機などでもポイントを貯めることができるので、通常のクレジットカードよりもポイントを貯めることができる機会が増加します。電子マネー一体型のクレジットカードを上手に活用して、お得に支払いましょう。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿